2010/7/27 火曜日

東芝から最大容量640GBの7200rpm 2.5HDD登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:24:57

東芝、9.5mm厚で7,200rpm/640GBの2.5インチ HDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100727_383572.html

東芝から回転数7,200rpmの2.5インチHDDの新製品が発表されました。

新たに発表された『MK6461GSY』は一般的な9.5mm厚で容量640GB。面記録密度は784.8Mbit/mm2(506.3Gb/in2)となっており、同社の従来7,200rpmと比較して内部転送レートが1,255Mbpsから1,412Mbpsへ約12.5%向上。

接続インターフェースはSATA 3Gbpsでキャッシュ容量は16MBとなっている。

セクタサイズについてはまだ詳細な仕様表が掲載されていないため不明ですが、東芝製HDDでは今のところ750GB以上でラージセクタ(4KiBセクタ)を採用しているようですので、今回の640GBでは512byteのままでしょうかね?

型番一覧

通常モデル
MK6461GSY : 640GBモデル
MK5061GSY : 500GBモデル
MK3261GSY : 320GBモデル
MK2561GSY : 250GBモデル
MK1661GSY : 160GBモデル

連続稼動モデル
MK5061GSYB : 500GBモデル
MK2561GSYB : 250GBモデル
MK1661GSYB : 160GBモデル
MK8061GSYB : 80GBモデル

追記:2010/09/19 01:52

遅くなりましたが、仕様書で確認したところ、MK●●61GSYシリーズは4KiBセクタを採用していないようです。

2010/5/5 水曜日

X-bitの500GB HDD比較ベンチマーク

500 GB Hard Disk Drives Roundup – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/500gb-hdd-roundup.html

X-bit labsに恒例?のHDD比較ベンチマークが掲載されていました。(←もはや定型文)今回の対象は500GB 3.5インチHDD。

HGST

Deskstar 7K1000.C: HDS721050CLA362 (500GB/platter)

Samsung

EcoGreen F2: HD502HI (500GB/platter)
SpinPoint F3 : HD502HJ (500GB/platter)

Seagate

Barracuda LP: ST3500412AS (500GB/platter)
Barracuda 7200.11 : ST3500320AS (250GB/platter)
Barracuda 7200.12 : ST3500418AS (500GB/platter)

Western Digital

Caviar Black : WD5001AALS-00L3B2 (334GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00A7B2 (334GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00M9A0 (500GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00V1A0 (500GB/platter)
Caviar Green : WD5000AACS-00ZUB0 (250GB/platter)
Caviar Green : WD5000AADS-00S9B0 (500GB/platter)

今更500GB?と最初は思いましたが、異なる世代・回転数・プラッタでの比較には最適な容量ですね。

それにしても、SpinPoint F3はやはり速いですねぇ… 消費電力は… あれっ?意外にも回転数が高いBarracuda LPが低い?!

2009/12/14 月曜日

Seagate 『Momentus Thin』の仕様が公開されました

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 17:52:22

Seagate’s 7mm Momentus Thin Hard Drive To Ship In 160GB And 250GB Sizes – HOT HARDWARE
http://hothardware.com/News/Seagates-7mm-Momentus-Thin-Hard-Drive-To-Ship-In-160GB-And-250GB-Sizes/

先週、Seagateが薄型の2.5インチHDD『Momentus Thin』シリーズを『2010 International CES』で発表するという情報がありましたが、一足先に詳細な仕様が公開されたようです。

Momentus Thinシリーズは容量250GBと160GBの2モデルで登場。共にキャッシュ容量8MB、回転数5400rpmでインターフェースはSATA 3Gbpsとなる。厚さに関しては以前の情報と同じく7mm厚と通常の9.4mm厚の2.5インチHDDより25%薄くなる。来年の1月には出荷開始とのこと。

320GBプラッタで来るかと思ってましたが、まずは250GBから始まるようですね。

2009/11/28 土曜日

SATA 6Gbps比較ベンチの悪い例

GA-P55A-UD6 – Club GIGABYTE
http://club.gigabyte.co.jp/test/P55A-UD6/P55A-UD6.html

GigabyteのGA-P55AシリーズはSATA 6Gbpsに対応していますが、日本ギガバイトの製品紹介ページにSATA 6Gbpsの凄さが紹介されていました。

gigabyte_bench

まさに、比較ベンチマークの悪い例ですね…

まるでSATA 3GbpsよりもSATA 6Gbpsのほうが桁違いに速いように紹介されていますが、これは完全にHDD側の性能さですね…

SATA 3Gbpsでは2世代ほど前のBarracuda 7200.11 1TBモデル『ST31000340AS』(250GBプラッタ)を用いてSATA 6Gbpsでは最新のBarracuda XT『ST32000641AS』(500GBプラッタ)を使用…

差が出て当然だし…

そもそも、データサイズ100MBってBarracuda XTではキャッシュの影響でてくるからねぇ。公式ページなのに素人ベンチすぎる…

2009/9/20 日曜日

東芝 7,200rpmの500GB 2.5HDDが発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 14:48:22

回転数7,200rpmの2.5型として業界最大クラスの記憶容量500GBを実現したHDDの商品化について – 東芝
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2009_09/pr_j1701.htm

見逃してましたが、東芝から新しい7,200rpmの2.5インチHDDが発表されていました。10月から量産が開始されるとのこと。

容量は500GB/320GB/250GB/160GBの4モデルがあり、500GB/320GBモデルは2プラッタ、250GB/160GBモデルは1プラッタとなっている。いずれも一般的な9.5mm厚となっている。キャッシュ容量は16MB。

型番

500GBモデル 『MK5056GSY』
320GBモデル 『MK3256GSY』
250GBモデル 『MK2556GSY』
160GBモデル 『MK1656GSY』

ちなみに、160GBモデルは1プラッタですが、ヘッド数が250GBモデルと同様に2個になっているのえ、片面を使っているわけではなく、両面の一部を潰しているようですね。

2009/9/2 水曜日

HGST Travelstar 7k500シリーズ発表

Hitachi Launches 500GB, 7200 RPM Travelstar 7k500 2.5″ HDD – Maximum PC
http://www.maximumpc.com/article/news/hitachi_launches_500gb_7200_rpm_travelstar_7k500_25_hdd

HGSTから7200rpmの2.5インチHDD 『Travelstar 7k500』シリーズが発表されました。前シリーズ『Travelstar 7k320』では最大容量は320GBでしたが、新シリーズでは250GBプラッタを採用し、最大容量500GBとなっている。7200rpmの2.5インチHDDとしてはSeagate Momentus 7200.4と並んで最大容量となる。

インターフェースはSATA 3Gbpsでキャッシュ容量は16MBとなり、前『Travelstar 7k320』シリーズと同様に連続稼働モデルとデータ暗号化モデルが準備されている。

型番は以下の通り

500GB 通常モデル 『HTS725050A9A364』
320GB 通常モデル 『HTS725032A9A364』
250GB 通常モデル 『HTS725025A9A364』
160GB 通常モデル 『HTS725016A9A364』
120GB 通常モデル 『HTS725012A9A364』

500GB データ暗号化モデル 『HTS725050A9A361』
320GB データ暗号化モデル 『HTS725032A9A361』
250GB データ暗号化モデル 『HTS725025A9A361』
160GB データ暗号化モデル 『HTS725016A9A361』
120GB データ暗号化モデル 『HTS725012A9A361』

500GB 連続稼働モデル 『HTE725050A9A364』
320GB 連続稼働モデル 『HTE725032A9A364』
250GB 連続稼働モデル 『HTE725025A9A364』
160GB 連続稼働モデル 『HTE725016A9A364』

書いて気付きましたが、連続稼働モデルは120GBがないんですねぇ。

ちなみに、すでに発売済みの500GB 2.5インチHDDについては、↓こちらからどうぞ。

はいじん☆ちゃんねる >> 2.5インチHDD 500GBモデル比較ベンチマーク
http://haizin.serveblog.net/?p=4375

2009/8/4 火曜日

2.5インチHDD 500GBモデル比較ベンチマーク

Half a Terabyte on 2.5 Inches: Nine Hard Disk Drives Roundup – X-bit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/25inch-500gb-hdd-roundup.html

X-bit labsの定番(?)『全部比較してしまえ!』って感じのベンチマークがまた行われてました。今回は2.5インチHDDの500GBモデル比較。今回登場するのは…

  • Fujitsu MJA2 BH: MJA2500BH
  • Hitachi Travelstar 5K500.B: HTS545050B9A300
  • Samsung SpinPoint M7: HM500JI
  • Seagate Momentus 5400.6: ST9500325AS
  • Seagate Momentus 7200.4: ST9500420ASG
  • Toshiba MKxx55GSX: MK5055GSX

さすがに回転数が高いMomentus 7200.4の性能は高いですね。その分アイドル時の消費電力も高めのようですけどね。大容量2.5インチHDDの購入を検討中なら参考にしてみてはいかがでしょうか?

2009/6/27 土曜日

【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS【CrystalDiskMark編】

無事フォーマットが完了したので、CrystalDiskMark 2.2にてベンチマークを行ってみました。500GBプラッタになりどの程度高速化されたかに注目ですね。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[HDD]Seagate ST3320613AS
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]WindowsVista SP1 64bit

今回もOSをクリーンインストールし、必要なドライバ類のみインストールした状態でベンチマークを行いました。ICH10RにAHCIモードで接続しました。

ささっとCrystalDiskMark 2.2

まずは、CrystalDiskMark 2.2の標準データサイズ[1000MB][500MB][100MB][50MB]で検証してみました。その結果以下のようになりました。

CrystalDiskMark2.2 ST3500418AS

さすが、500GBプラッタ!シーケンシャルで130MB/sを超えました。

プラッタ容量による高速化は?

各データサイズにおける詳細はまた後半で行うとして、他のHDDと比較も載せてみます。比較に用いるのは…

Barracuda 7200.11 1.5TB ST31500341AS (375GBプラッタ)

Barracuda 7200.11 320GB ST3320613AS (320GBプラッタ)

Barracuda 7200.10 250GB ST3250410AS (250GBプラッタ)

Barracuda ES 250GB ST3250410NS (166GBプラッタ)

以前のデータを流用しているため、用いてCPU、メモリ容量が一致していません。用いてるマザーボードは変化しておらず、おなじICH10Rに接続しているため、それほど違いはないと思いますが、参考程度にしておいてください。むしろ、CrystalDiskMarkのバージョンが一致していないことが問題だと考えられます。

それでも、プラッタ世代の異なるHDDの差は大きいと思います。細かいことは置いておいて、結果を見てみましょう。

CrystalDiskMark 記録密度による変化

シーケンシャルでは見事にプラッタ容量を反映した結果となりました。高密度ほど速い!

500GBプラッタのST3500418ASはシーケンシャルでは断トツ。ところ、ランダム書き込みではいま一つ振るわない結果になってます。

ST3500418ASのランダム性能が振るわないのは[フォーマット編]でお見せしたHD Tuneでの結果から考察することができます。HD Tuneでのアクセスタイムが14.5msとなってましたが、これはST31500341ASの13.7msより若干遅め。この影響が出たのではないでしょうか?

気になるのがST3320613ASとST3250410ASのランダム書き込み性能。実は、ST3320613AS、ST3250410AS、ST3250820NSの3台はCrystalDiskMark 2.2ではなく、CrystalDiskMark 2.1を用いてました。

CrystalDiskMark 1.0/2.0 のバグについて(まとめ) – Crystal Dew R&D Labs
http://crystaldew.info/2008/02/04/crystaldiskmark1020bug/

CrystalDiskMarkを開発している「ひよひよ」さんがブログにてCrystalDiskMark 2.1以前のバージョンではランダム書き込みが正確に測定できないと公開しています。

このことから、ランダム性能の値はあてにならないと思います。

CrystalDiskMark 2.2 詳細結果

さて、ここで最初のCrystalDiskMark 2.2の結果に戻ります。

前回のST31500341ASに引き続き今回も詳細なデータを取ってみました。CrystalDiskMarkは実は[50MB][100MB][500MB][1000MB]以外にも任意の値で設定可能となっており、今回はそれを利用しデータ点数を増やしてプロットしてみました。

まずは、「読み込み」性能から。

CrystalDiskMark2.2 ST3500418AS Read

読み込みでは詳細なデータを取ることでキャッシュの効果を調べることが可能となる。実際、今回の結果ではランダム512Kの値より16MBのキャッシュが効いているのがわかる。

前回のST31500341ASの結果ではキャッシュ容量に収まる範囲での転送レートは170MB/s程度となっていた。ところが、今回のST3500418ASでは最大217MB/s!

st3500418ascrystaldiskmark2mb

おそらくは内部転送性能が向上したのでしょうね。

書き込みはというと…

CrystalDiskMark2.2 ST3500418AS Write

うぅ~ん、とくに面白いことが思いつかないなぁ(^^;)

キャッシュ容量の範囲内では安定してませんねぇ。まぁ、もともとCrystalDiskMarkの想定外の使用方法ですからねぇ。

おまけ

これまた想定外でしょうけど、おまけです。

st3500418ascrystaldiskmark

データサイズ8000MBまでやってみました(笑)

ぶっちゃけ、計測時間かかりすぎて実用性皆無でした(^^;)

最後に一応「代替セクタ」検査

まぁ、ベンチマークが終わってから一応チェックしときましょう。

st3500418ascdiafbench

問題なし!使用時間でわかりますが、ベンチマークに7時間かかりました(^^;)

さすがにデータ点数が多かったからなぁ。

st3500418ashdtuneafbench

HD Tuneも問題なし!

というか、これで問題があったらリコールだよΣ(゜д゜lll)ガーン

(続きを読むなの…)

2009/6/22 月曜日

320GBプラッタの2.5インチHDD登場のフラグか?!

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:38:04

Seagate Debuts World’s First 640GB Portable Hard Drive – Expreview
http://en.expreview.com/2009/06/22/seagate-debuts-worlds-first-640gb-portable-hard-drive.html

SeagateからポータブルHDDとしては世界最大容量となる640GBの「FreeAgent Go」が登場しました。接続はUSB 2.0となっており、筐体の薄さも特徴となっている。

どうもプレスリリースがババン!と出されたわけではなく、公式Webサイトの製品情報が更新されて判明したようです。22日21時 現在も他の容量のものと異なり、購入はできなくなってます。

ここで、気になるが、この製品に使用されているHDD。

FreeAgent Goの厚さが12.5mmであることから内臓されているのは9.5mm厚の2.5インチHDDであると考えられる。現在、9.5mm厚の2.5インチHDDは250GBプラッタを2枚搭載した500GBが最大容量となっている。Seagateの製品で言うと、Momentus 5400.6シリーズまたはMomentus 7200.4シリーズとなる。

ところが、今回登場したものは640GB!

外付けHDD用に専用HDDを開発するとは思いにくいから、これは320GBプラッタを採用したMomentusシリーズ登場フラグなのではないか?!

追記 : 2009/06/24 22:34

フラグ検証のため、情報収集中なわけですが、噂すらない(^^;) というわけで、出所不明情報まで手を出してみました。

2.5″ HDD Platter Capacity Model List – Yersys Technology Blog
http://yertech.blogspot.com/2009/04/hdd-platter-capacity-model-list.html

こちらには320GBプラッタとしてMomentus 5400.7の名前が6月22日に登録されていますね。まぁ、情報源不明ですので予想かもしれませんね。

Seagate Surpasses 500 GB In 2.5 Inches – Stephen Foskett, Pack Rat
http://blog.fosketts.net/2009/06/23/seagate-surpasses-500-gb-25-inches/

こちらはFreeAgent Goに採用されているHDDについて書かれていました。640GBモデル以外にはMomentus 5400.6が採用されているようですね。あくまでも予想ですが、640GBモデルにはMomentus 5400.7が採用されているのでは?と書かれています。型番も予想しており、640GBモデルがST9640326ASで320GBモデルがST9320316ASになるのではないかとのこと。

ちなみに、今年の頭に3.5インチHDD用500GBプラッタが登場した際の昭和電工のニュースリリースでは2.5インチHDD用320GBプラッタは垂直磁気記録方式第5世代HDDとなっており、3.5インチHDDでは750GBプラッタに相当する。

はいじん☆ちゃんねる >> HGSTが年内に750GBプラッタHDDを出す?
http://haizin.serveblog.net/?p=3289

先日HGSTが年内に750GBプラッタHDDを出すとの情報がありましたが、2.5インチ320GBプラッタHDDが登場すれば少し信憑性が高くなりますね。

2008/12/20 土曜日

500GBプラッタについて考察してみた

最近500GBプラッタHDDの情報が出回ってますね。3.5インチHDDでは最大5枚プラッタを搭載できるので、Max 2.5TBのHDDが作れられる可能性も…

ところ、最近のプラッタ容量の推移を見てみると…

プラッタ容量

このグラフは新しいプラッタを採用したドライブが『発売』になった日をプロットしています。『発表』日やメーカーの研究室レベルの話だと実際に出回るまで時差がありそうなので、あえて『発売日』を調べました。

こうやってみると、全体的には確かに指数関数的にプラッタ容量が増えてますねぇ。

200GBでいったん収束しそうになって、その後急激に増えてます。これは200GBから垂直磁気記録方式を採用したことにより、従来の水平磁気記録方式を超える記録密度が可能になったためである。60GB→80GBも急激に変わっているようですが、これは60GBと80GBがほぼ同時にでたためです。60GBプラッタ=80GBプラッタと考えてよさそうですが、一応、メーカー発表では別物扱いになっていたので(笑)

ヘッドに関してですが、調べた限りではGB級プラッタからはGMR(Giant Magneto Resistance:巨大磁気抵抗)ヘッドのままである。細かい改良が加えられているが、MR→GMRほどの大きな変化が今のところは無い。次に採用されると考えらるのはTMR(Tunnel Magneto Resistance:トンネル磁気抵抗)ヘッドですが、もし500GBプラッタで採用されてたとしたらもっと大々的に発表すると思うので、おそらく500GBプラッタでは特にヘッドに大幅な変更はないんでしょうねぇ。

グラフにもう一度戻ると、375GB→500GBで急激に傾きが変わっているのがわかる。もし、ヘッドが変わっていないとなると、やはり考えられるのがプラッタに何かしら変化があったということだ。現在のSamsungのドライブに用いられているプラッタは日本の昭和電工で生産されていることが知られてますが、昭和電工では500GBプラッタは第4世代プラッタとして現在量産準備中になっている。(現在の334GBは第3世代)また、富士電機でも12月から500GBプラッタの量産開始となっている。これらのプラッタが採用されているのかもしれませんね。

昭和電工株式会社
http://www.sdk.co.jp/index.html

富士電機グループ
http://www.fujielectric.co.jp/

HTML convert time: 0.903 sec. Powered by WordPress