2010/10/20 水曜日

WesternDigitalから3TB/2.5TB HDDが正式発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 12:52:23

[新製品] Western Digital、容量3TBの「Caviar Green」(WD30EZRSDTL)出荷開始 – エルミタージュ秋葉原
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/201010/20_02.html

Western Digitalから単体3.5インチHDDとしては最大容量となる3TBの『WD30EZRSDTL』(WD30EZRS)および2.5TBの『WD25EZRSDTL』(WD25EZRS)が正式発表されました。

どちらも省電力志向の『WD Caviar Green』シリーズに属するモデルであり、回転数は『IntelliPower』に準拠する。3TBの大容量を実現するにあたり、750GBプラッタと4KiBのラージセクタ『Advanced Format Technology』を用いている。

Large Capacity Drives – Western Digital
http://www.wdc.com/jp/solutions/Greaterthan22.asp

実質、内臓向けHDDとしては初の2TB越えとなりますが、通称『2TBの壁』についてWestern Digitalが対応状況を掲載していました。現状としてはWindows XPでの使用は困難、Windows 7/Vista 32bit版ではセカンドドライブ限定、7/Vista 64bit版ではEFI環境ではブートドライブ可能、MacOSXでは問題なく使用可能といったところ。

(説明書PDF)2.5/3 TB Hard Drives SATA Host Bus Adapter Quick Install Guide
http://www.wdc.com/en/solutions/docs/2079-771087-802_screen.pdf

現在EFIに対応してるマザーボードはかなりレアな存在なので、Western DigitalはPCIe接続のSATAホストバスアダプタ(HBA)をセットにしている製品を用意している。レビューサイトによると付属HBAは『HighPoint Rocket 620』のようです。このHBAを用いず、たとえばIntel ICH10Rに直接つなぐと746.39GBまでしか認識しないこともあるようなので注意が動作環境は注意が必要になりそうですね。

2010/2/10 水曜日

640GBプラッタHDDが見えてきた

TDK roadmap suggests 2.5TB HDDs are just around the corner – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=32517&catid=6

気づけば500GBプラッタHDDが発売されてから1年以上たってますが、ようやく次期640GBプラッタの足音が聞こえてきました。HDDの磁気ヘッドを製造しているTDKのロードマップによると640GBプラッタ採用の3.5インチHDDは来月には出てくるだろうとのこと。また2.5インチHDD向けの375GBプラッタも登場するとか。

640GBプラッタを用いることで4プラッタHDDでは最大2.5TB、HGSTのような5プラッタHDDでは最大3TBが実現できる。いよいよ2TBの壁に悩まされる人が増えそうですね。

ちなみに、Western Digitalのロードマップでは7200rpmの640GBプラッタHDDと同時に5400rpmの667GBプラッタHDD(WD20EARS)が計画されているようです。回転数が低い分、ちょっとだけ密度を上げるんでしょうかね?

2009/1/6 火曜日

500GBプラッタ2枚のBarracuda7200.12

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 12:26:27

年末に発売された500GBプラッタを採用したBarracuda7200.12 ST3500410ASですが、そのBarracuda7200.12の2プラッタモデル、つまり1TBモデルがすでに出荷開始とか。

Seagate ships two-platter 1TB Barracuda 7200.12 – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/16155

SeagateのWebサイトにはまだBarracuda7200.12の仕様書とかが出ていないので、詳細は不明ですが、Barracuda7200.12はキャッシュ容量は16MBまたは32MB搭載し、最大データ転送速度が160MB/sまで向上するとか。まぁ、実際にはそこまで急激に速くなりはしないでしょうけで(^^;)

1.5TBと2TBが登場するかどうかは明かされてませんが、750GBモデルも登場とか。HGSTの1TBモデルのように5プラッタドライブも可能なはずなので、2.5TBなんていうのも作ろうと思えば作れそうですね。

Seagate Unveils Single-Platter 500GB Hard Drive, Slightly Implies 2TB HDDs. – xbit labs
http://www.xbitlabs.com/news/storage/display/(中略).html

(追記)2009/01/06 14:20
Seagateにプレスリリースが掲載されてました。

Seagate Ships Desktop Hard Drive With World’s Highest Areal Density — 500GB Per Disk
http://www.seagate.com/ww/v/index.jsp?(以下略)

2008/12/20 土曜日

500GBプラッタについて考察してみた

最近500GBプラッタHDDの情報が出回ってますね。3.5インチHDDでは最大5枚プラッタを搭載できるので、Max 2.5TBのHDDが作れられる可能性も…

ところ、最近のプラッタ容量の推移を見てみると…

プラッタ容量

このグラフは新しいプラッタを採用したドライブが『発売』になった日をプロットしています。『発表』日やメーカーの研究室レベルの話だと実際に出回るまで時差がありそうなので、あえて『発売日』を調べました。

こうやってみると、全体的には確かに指数関数的にプラッタ容量が増えてますねぇ。

200GBでいったん収束しそうになって、その後急激に増えてます。これは200GBから垂直磁気記録方式を採用したことにより、従来の水平磁気記録方式を超える記録密度が可能になったためである。60GB→80GBも急激に変わっているようですが、これは60GBと80GBがほぼ同時にでたためです。60GBプラッタ=80GBプラッタと考えてよさそうですが、一応、メーカー発表では別物扱いになっていたので(笑)

ヘッドに関してですが、調べた限りではGB級プラッタからはGMR(Giant Magneto Resistance:巨大磁気抵抗)ヘッドのままである。細かい改良が加えられているが、MR→GMRほどの大きな変化が今のところは無い。次に採用されると考えらるのはTMR(Tunnel Magneto Resistance:トンネル磁気抵抗)ヘッドですが、もし500GBプラッタで採用されてたとしたらもっと大々的に発表すると思うので、おそらく500GBプラッタでは特にヘッドに大幅な変更はないんでしょうねぇ。

グラフにもう一度戻ると、375GB→500GBで急激に傾きが変わっているのがわかる。もし、ヘッドが変わっていないとなると、やはり考えられるのがプラッタに何かしら変化があったということだ。現在のSamsungのドライブに用いられているプラッタは日本の昭和電工で生産されていることが知られてますが、昭和電工では500GBプラッタは第4世代プラッタとして現在量産準備中になっている。(現在の334GBは第3世代)また、富士電機でも12月から500GBプラッタの量産開始となっている。これらのプラッタが採用されているのかもしれませんね。

昭和電工株式会社
http://www.sdk.co.jp/index.html

富士電機グループ
http://www.fujielectric.co.jp/

HTML convert time: 0.560 sec. Powered by WordPress