2010/2/21 日曜日

Samsungの2.5インチHDD 640GBが発売

SAMSUNG、640GBで1万円割れの安価な2.5インチHDD – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/500/500844/

Samsungとしては初となる容量640GBの2.5インチHDD『HM640JI』が発売になったようです。

SamsungのHDD製品情報はいつも更新が遅くて、今回もまだ掲載されていませんので、正確なスペックはわかりませんが、おそらく、去年9月にSamsungから発表されたSpinpoint M7シリーズであると思われる。回転数は5,400rpmでキャッシュ容量は8MB。接続インタフェースはSATA 3Gbps。最適化が行われたSoCにより省電力化が図られているとのこと。

640GBの2.5インチHDDはすでにWestern Digitalの『WD6400BEVT』と東芝の『MK6465GSX』が発売済みですが、Samsungの『HM640JI』はずいぶんとお安いようです。

そういえば、Momentus 5400は?(´・ω・`)

2010/1/23 土曜日

SAMSUNGから初の2TB HDDが発売

SAMSUNG製3.5インチHDD初の容量2TBモデル – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/492/492184/

去年の9月にSAMSUNGから「来年の頭に3.5インチの2TBモデルを発売する」と予告がありましたが、その予告通り2TBモデル『HD203WI』が発売になりました。海外では先月からすでに発売になっていたようです。

データシートが見つからないので詳細な仕様の確認ができていませんが、回転数は5,400rpm、キャッシュ容量は32MBで500GBプラッタを採用しているのではないか?とのこと。お値段は初ものとしてはかなり安く1万4千円弱。

Samsung Spinpoint F3EG HD203WI 2TB – SPCR Forum
http://www.silentpcreview.com/forums/viewtopic.php?t=56688

海外の掲示板にベンチマーク結果が掲載されていましたが、HDTune2.55で最大転送レート:115.0MB/s、平均転送レート:50.3MB/s、アクセスタイム13.0msとなっていました。性能としては1.5TBモデル『HD154UI』と似たような感じですね。

2010/1/12 火曜日

大容量2TB HDD比較ベンチマーク

2 TB Hard Disk Drives: Now at 7,200 RPM – X-bit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/2tb-7200rpm.html

定番?X-bitの新しいHDD比較ベンチマークが掲載されていました。

今回は2TBモデル!比較対象は…

  • Hitachi Deskstar 7K2000: HDS722020ALA330
  • Seagate Barracuda LP: ST32000542AS
  • Seagate Barracuda XT: ST32000641AS
  • Western Digital Caviar Green: WD20EADS-00R6B0
  • Western Digital Caviar Black: WD2001FASS-00U0B0
  • Western Digital RE4: WD2003FYYS-01T8B0

前回の3.5インチの大容量対決は2009年8月に掲載されていましたが、当時は2TBモデルはST32000542AS、WD20EADS、WD20EVDS、WD2002FYPSの5,000rpm台のみでしたが、今回は新たに7,200rpmの『Deskstar 7K2000』『Barracuda XT』『Caviar Black』シリーズも登場。まさに頂上決選。

さらにBarracuda XTはSATA 6Gbpsでの性能を検証するためASUSの『PCIE GEN2 SATA6G』でもベンチマークが行われています。

大容量かつ高速なストレージをお探しでしたら参考にしてみてはいかがでしょうか?

2010/1/6 水曜日

ようやく登場 Seagate Momentus 5400.7

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 15:05:38

補足:2010/01/06 15:06
公式製品情報で第7世代Momentus 5400との記述はありますが、『Momentus 5400.7』の記述は無いことに気付きました。もしかしたら7mm厚の『Momentus Thin』と混同する可能性があるとのことかもしれません。以下本文ではMomentus 5400.7と記述していますが、わかり次第追記をします。

補足2:2010/02/27 02:51
発売を確認しました。本体には『Momentus』の記述のみのため『Momentus 5400.7』という表記はされないようです。詳しくはhttp://haizin.serveblog.net/?p=6572を参照。

Seagate launches 640GB notebook drive – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/18226

International CES 2010でSeagateは薄型の2.5インチHDDの他にMomentus 5400シリーズを更新するとの情報が以前ありましたが、情報通りMomentus 5400.7が発表されるようです。

Momentus 5400.7シリーズは2.5インチHDDで回転数は5400rpm。面内記録密度507 Gb/in²の320GBプラッタを採用することで最大640GBを実現する。

(製品情報)Momentus 5400 SATA 3Gb/s 640-GB Hard Drive – Seagate
http://www.seagate.com/www/en-us/products/laptops/momentus/momentus_5400

すでにSeagateの公式ページも更新されておりデータシートも新しくなっていますが、それによると640GBモデルの型番はST9640320ASとなるようで、落下センサー搭載モデルや自己暗号化モデルはまだ準備されていないようです。

キャッシュ容量は8MBと前モデルと同様。またデータシートによると消費電力がシーク時、アイドル時ともに下がっていることから前モデルから省電力が行われているようです。

(データシートPDF)Momentus – Seagate
http://www.seagate.com/docs/pdf/ja-JP/datasheet/disc/ds_momentus_fam.pdf

なお、公式サイトのST9640320ASの製品情報ですが、ぱっと見、320GBプラッタではありえない値になっている部分があることからMomentus 5400.6の情報が混じっているようです。データシートPDFの方が正しいようですのでそちらで確認した方が良いかと思います。

Momentus 5400.7登場の噂が流れたのが去年の6月頃ですので、半年遅れでようやく登場って感じですねぇ~。

2009/12/14 月曜日

Seagate 『Momentus Thin』の仕様が公開されました

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 17:52:22

Seagate’s 7mm Momentus Thin Hard Drive To Ship In 160GB And 250GB Sizes – HOT HARDWARE
http://hothardware.com/News/Seagates-7mm-Momentus-Thin-Hard-Drive-To-Ship-In-160GB-And-250GB-Sizes/

先週、Seagateが薄型の2.5インチHDD『Momentus Thin』シリーズを『2010 International CES』で発表するという情報がありましたが、一足先に詳細な仕様が公開されたようです。

Momentus Thinシリーズは容量250GBと160GBの2モデルで登場。共にキャッシュ容量8MB、回転数5400rpmでインターフェースはSATA 3Gbpsとなる。厚さに関しては以前の情報と同じく7mm厚と通常の9.4mm厚の2.5インチHDDより25%薄くなる。来年の1月には出荷開始とのこと。

320GBプラッタで来るかと思ってましたが、まずは250GBから始まるようですね。

2009/11/6 金曜日

東芝から1.8インチ最大となる320GB HDD登場

東芝、業界最大320GBの1.8インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091105_326429.html

東芝から1.8インチHDDとしては最大容量となる320GBの『MK3233GSG』が発表されました。2プラッタ構成となってますのでプラッタ容量的には9月に発表された160GBモデル『MK1634GAL』と同じですが、面記録密度は723Mbit/mm2(467Gbpsi)から801Mbit/mm2(516Gbpsi)に向上している。

3.5インチHDDで換算すると約500Gbpsiで640GBプラッタになりますので3.5インチでの新プラッタも間もなく出るんですかねぇ。(0゚・∀・) ワクテカ

その他に『MK1634GAL』と比べると回転数も4,200rpmから5,400rpmに向上しており、インターフェースもPATA-6(100MB/s)からSATA 3Gbpsに、さらにこれまで搭載されていなかったキャッシュメモリを16MB搭載し、性能は大幅に向上しているようです。

超薄型モバイルPCでも高性能なHDDが利用できるようになりそうですね。

型番一覧

320GBモデル 『MK3233GSG』
250GBモデル 『MK2533GSG』
160GBモデル 『MK1633GSG』

2009/10/6 火曜日

Spinpoint F3のベンチマーク記事

Samsung Spinpoint F3 1TB Review – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/hardware/storage/2009/10/06/samsung-spinpoint-f3-1tb-review/

Samsung EcoGreen F2 1.5TB Review – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/hardware/storage/2009/10/05/samsung-spinpoint-f3-1-5tb-review/

先日、WD Caviar Blackの2TBモデル『WD2001FASS』のベンチマークを行っていたbit-tech.netが新たにSamsung Spinpoint F2の1.5TBモデル『HD154UI』とSpinpoint F3の1TBモデル『HD103SJ』ベンチマークを行ってました。

Spinpoint F2の方は真新しさはないですが、Spinpoint F3は正直なところ存在自体忘れてました(^^;)

はいじん☆ちゃんねる >> 500GBプラッタ採用のSpinpoint F3が発表
http://haizin.serveblog.net/?p=4253

そういえば7月30日に発表されていましたね。見かけないけど、発売はされていないのかな?

そのSpinpoint F3ですが、HDTach 3.040では同じく7200rpmで500GBプラッタを採用したSeagate Barracuda 7200.12やWestern Digital WD Caviar Blackを上回る結果を出してますね。IOMeterではいま一つふるわない結果になってますが、Windows VistaやCrysisの起動時間が速いことから、実際にBarracuda 7200.12やCaviar Blackよりも速いのかもしれませんね。

2009/9/28 月曜日

WD6400BEVTが販売開始

640GB/9.5mm厚の2.5″HDDが発売、9.5mm厚で最大容量 – AKIBA PC Watch
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090926/etc_wd.html

Western DigitalのWD Scorpio Blueの640GBモデル『WD6400BEVT』の販売が始まったようです。

『WD6400BEVT』は2.5インチHDDで一般的な9.5mm厚のHDDとしては最大容量となる640GB。回転数は5400rpm、キャッシュ容量は8MBとなっている。

おまけ

HDDつながりでついでに書いちゃおう。

ちょっとづつ値下がりしている2TBの3.5インチHDDだが、札幌駅前で見つけた今週末の最安値はWD20EADSの18,980円でした。ついに、19,000円切りましたねぇ~。Barracuda LP ST32000542ASもほとんど同じ価格帯で、Deskstar 7K2000だけが23,000円前後となっていました。

2009/9/19 土曜日

更新再開 ~気になったものまとめ~

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 16:43:01

お久です!2週間ほどサボりお休みしてましたが、今日から更新を再開します。この2週間、修羅場があったり、富山へ行ったりしました。しばらくネットが使えず、いかに自分がネット依存症かを感じました(^^;)

さて、この2週間の間にいろいろ新製品が出たりしたようですが、まぁ、気になったところをまとめてみました。

HDD関連

HGSTもついに2TBへ! 回転数は7200rpm! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/458/458446/

HGST初の2TB HDD 『Deskstar 7K2000(HDS722020ALA330)』が店頭に登場しましたねぇ。札幌駅前のPCショップでも発見しました。お値段は2万3千円くらいですね。

【2TBディスク比較テスト】さて、その結果は・・・・・ – 伝道師日記
http://ameblo.jp/dendoshi/entry-10341745292.html

伝道師日記さんが現行2TB HDDの比較を行ってますが、400GBプラッタとは言え、初の7200rpmですので、速いようですね。

Hitachi announces two new CinemaStar HDD series – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=29460&catid=2

同じくHGSTからHDDレコーダ用途のCinemaStarシリーズに新モデルが登場しました。『CinemaStar 7K1000.C』と『CinemaStar 5K1000』。名称からわかるように7K1000.CはDeskStarとUltraStarシリーズの同名品に対応しているようですね。

WD(R) Ships 640 GB Notebook Hard Drives – Western Digital
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=61500&p=RssLanding&cat=news&id=1329472

Samsung, Toshiba have 640GB mobile drives, too – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/17566

先週は2.5インチHDDの発表ラッシュだったようですね。すでに、東芝から発表されていた、9.5mm厚品として最大容量となる640GBですが、あらたにWestern DigitalのWD Scorpio Blue(WD6400BEVT)とSamsungのSpinpoint M7シリーズに登場。いずれも5400rpmでキャッシュ容量は8MBとなっている。320GBプラッタを2枚用いているとのこと。

昭和電工、容量334GBの2.5インチハードディスクプラッタ – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090909_314421.html

その2.5インチHDD用プラッタに関連して、昭和電工からも発表が。同社が垂直磁気記録方式第5世代としている2.5インチHDD用334GBプラッタの量産が開始されたとのことです。また、3.5インチHDD用の750GBプラッタも量産準備中とか。3.5インチもあっという間に3TBに達してしまいそうですね。

業界最大記憶容量160GBを実現した1枚構成の1.8型HDDの商品化について – Akihabara News
http://www.akihabaranews.com/jp/news_details.php?id=18869

モバイル用途のHDDでは1.8インチHDDの1プラッタ品として最大容量となる160GB HDD『MK1634GAL』が東芝から登場。先日発表された新iPod Classicの中身はこれなんですかね?

CPU関連

“Lynnfield”こと「Core i7-870/860」「Core i5-750」の販売開始!
http://ascii.jp/elem/000/000/457/457875/

ついに発売されましたねぇ!LGA 1156製品。正直Core i7紛らわしいです…

今までのCore i7とは似て非なる新CPU「Core i5」の性能は?
http://ascii.jp/elem/000/000/457/457768/

Core2世代のノースブリッジに相当する部分がCPUに統合されながらもTDPが低めなので消費電力を少なくしたいなら良さそうですね。それにしても、GigabyteのP55マザー『GA-P55-UD6』の24フェーズって多すぎ(^^;)

Server Xeon L3426 to come with 45W TDP – INPAI.com
http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=6979

Lynnfield世代のXeonが発表されましたねぇ。やっぱり驚くべきは1.86GHz動作のXeon L3426ですね。TDPが45W!ターボブースト時に3.20GHzまであがるとなってますが、ここまでTDPが低くても上がるんですかね?

Arrandale Ultra Low Voltage has 18W TDP – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/15448/1/

Mobile Core i7 launches at IDF, priced – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/15445/1/

さらに、モバイル用のCore i7も登場するようですが、こちらは現在のCore 2 Duoの超低電圧モデル『SU9600』を置き換える『Core i7 640UM』がTDP 18Wになるとか!SU9600はTDP 10Wでしたので、高い?気がしますが、SU9600と異なり、グラフィック機能が統合されています。ただし、CPUの動作周波数は1.2GHzと低めになるようです。ターボブーストで2.26GHzまで上がるようですが、バッテリー使用時には効果がないようですからねぇ。

Athlon初のクアッドモデルが発売、L3無しで約1万円 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090912/etc_amd.html

ついにAthlonシリーズにクアッドコアモデルが登場しましたね。安い(^^;)以前、Athlon II X2のクアッドコア化が可能という都市伝説(?)がありましたが、これが登場したとなると、これから登場するモデルでは本当に可能になるかもしれませんねぇ。

ディスプレイ関連

NEC readies the white LED backlit EA222WMe monitor – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=29453&catid=2

消費電力が少なく高コントラスト比が得られるLEDバックライトを採用した液晶ディスプレイですが、新たにNECからも新製品が登場するとか。LEDバックライト品を狙っているだけに選択肢が増えるのはうれしい(^^)

(続きを読むなの…)

2009/9/3 木曜日

東芝から9.5mm厚の640GB 2.5HDD発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:31:51

業界最大クラスの記憶容量を実現した640GBの2.5型HDDの商品化について – 東芝
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2009_09/pr_j0201.htm

HDD新製品ラッシュ!東芝から2プラッタ構成2.5インチHDDとしては最大容量の640GBが発表されました。

すでに、Western Digitalから1TBと750GBモデルが発表されていますが、そちらは3プラッタのため、厚さが通常の9.5mmよりも厚い12.5mmとなっていた。現在のほとんどノートPCが9.5mm厚までとなっていることを考えると、実質最高容量ですね。

はいじん☆ちゃんねる >> Western Digitalから1TBの2.5インチHDDが発表!
http://haizin.serveblog.net/?p=4239

回転数は5400rpm、キャッシュ容量は8MBとなっている。容量は640GB、500GB、320GB、250GB、160GBとなっており、型番は以下の通り。

640GBモデル 『MK6465GSX』
500GBモデル 『MK5065GSX』
320GBモデル 『MK3265GSX』
250GBモデル 『MK2565GSX』
160GBモデル 『MK1665GSX』

容量はMKにつづく二桁の数字でわかりますね。そういえば、Seagateの640GB 2.5インチHDDはどうなったことやら(^^;)

はいじん☆ちゃんねる >> 320GBプラッタの2.5インチHDD登場のフラグか?!
http://haizin.serveblog.net/?p=3896

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.754 sec. Powered by WordPress