2009/10/8 木曜日

BuffaloのUSB3.0対応機器 正式発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:19:39

世界初!! 従来比10倍の次世代高速規格USB3.0に対応したハードディスク – Buffalo
http://buffalo.jp/products/new/2009/001023.html

Intel Developer Forum(IDF) Fall 2009で展示されていたBuffaloのUSB 3.0対応機器が国内でも正式に発表されたようです。

はいじん☆ちゃんねる >> BuffaloからUSB3.0対応製品が発表に
http://haizin.serveblog.net/?p=4626

以前の情報ではUSB 3.0対応の外付けHDDのみでしたが、USB 3.0対応のPCI Express ×1(Rev.2)接続インタフェースボードも発表されました。使用されているホストコントローラはNECエレクトロニクス製のようです。HDDの方はSATAをUSB3.0に変換するようになっていて、こちらは富士通マイクロエレクトロニクス製のブリッジLSIを使用しているとか。

BuffaloのUSB 2.0対応製品はBaffalo独自の「ターボUSB」に対応していますが、USB 3.0対応製品でも「ターボUSB」が利用できるらしく、約6%ほど転送速度が上昇するようです。

出荷開始は今月下旬のようですので、思っていたよりも早くUSB 3.0対応製品が出回るようですね。

2009/9/28 月曜日

BuffaloからUSB3.0対応製品が発表に

Buffalo announces SuperSpeed USB 3.0 external hard disk drive – HEXUS.net
http://www.hexus.net/content/item.php?item=20457

理論転送レートが5GbpsとなるUSB 3.0に対応した外付けHDD『DriveStation HD-HXU3』がBuffaloから発表されたようです。

先日サンフランシスコで開催されたIntel Developer Forum(IDF) Fall 2009でBuffalo製のUSB3.0対応HDDが展示されていたようですが、どうやらコレが正式発表されたようです。

USB 3.0 shows considerable promise. Full Wintel integration some way off – HEXUS.net
http://www.hexus.net/content/item.php?item=20361

容量は1TB、1.5TB、2TBの3モデル。IDFでのベンチマークからもわかるとおり、転送レートは125MB/s程度出てますので、USB 3.0では現在のHDDの性能がフルに使えそうですね。

日本でも同じ製品が登場するかはまだ不明ですが、これから徐々にUSB 3.0に対応した製品が増えてきそうですね。(27日 21時半現在、公式サイトには情報なし)

2009/7/17 金曜日

USB 3.0対応インターフェースカード 年内発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 14:29:38

ラトック、USB 3.0対応インターフェースカード年内発売予定 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/436/436481/

ラトックの内覧会で“ほんの少し先の未来”をのぞいてきた – ITmedia
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0907/16/news099.html

ラトック、PCIe対応USB 3.0インターフェイスを年内発売 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090716_302760.html

ラトックの新製品内覧会にてUSB 3.0に対応したインタフェースカードが公開されたようですね。発売は年内を予定しているとのこと。

公開されたのはPCI Express 2.0 ×1のものと、ExpressCard/34のカード。いずれも、NECエレクトロニクスが先日発表した「μPD720200」をホストコントローラチップに採用しているようです。USB 3.0からはバスパワーの出力が強化され1ポート当たり900mAとなったため、外部電源供給が必要となってますが、供給しなくて、消費電力が小さいUSBメモリ等は動作するようです。

思ったよりも早く登場するようですが、まだ対応するデバイスがありませんから、普及は先になりそうですね。

はいじん☆ちゃんねる >> USB 3.0 ホストコントローラーチップが製品化へ
http://haizin.serveblog.net/?p=3089

2009/5/18 月曜日

USB 3.0 ホストコントローラーチップが製品化へ

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:32:17

世界初、NECエレがUSB3.0対応ホストコントローラーチップを製品化 – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090518/1015190/

NECエレ、5Gbps転送対応のUSB 3.0ホストコントローラを開発 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090518_169367.html

NECエレクトロニクスが世界で初めてUSB3.0規格に対応したホストコントローラチップを製品化したようです。現行のUSB2.0ではデータ転送レートは480Mbpsですが、USB3.0では約10倍の5Gbpsとなる。

ホスト側ではUSB2.0および1.1と互換性が保たれており、端子形状も現行のものにピンを5本加えた形となっているため、現行のUSB2.0ケーブルを挿すことが可能となっている。ただし、その際のデータ転送レートは480Mbpsまでとなる。

USB3.0ケーブルはUSB3.0対応デバイス側は専用の「USB3.0 B」端子となっていて、誤ってUSB2.0デバイスの端子には刺さらないようになっている。(自分が書くとややこしいので詳しくはPC Watchの記事を見てね^^;)

気付けば、USBが登場してから10年以上。USB1.1のLow-Speedモードが1.5Mbpsですからデータ転送レートの差は1000倍以上!ここまで下位互換を持たせるとは凄いですね(^^)

HTML convert time: 0.575 sec. Powered by WordPress