2010/7/11 日曜日

Seagateの外付け3TBの中身はBarracuda XT

Hands-On: The Seagate FreeAgent GoFlex Desk 3TB external hard drive – CrunchGear
http://www.crunchgear.com/2010/07/01/hands-on-the-seagate-freeagent-goflex-desk-3tb-external-hard-drive/

先日、Seagateから発表された3TBの外付けHDD『FreeAgent GoFlex Desk (STAC1000100)』。3.5インチHDD単体としては世界初の3TBを実現したHDDを内蔵とのことでしたが、その『STAC1000100』を分解して内蔵しているHDDを確認した記事がありました。

記事によると、内蔵しているHDDはSeagate 『Barracuda XT』シリーズの3TBモデル『ST33000651AS』。

Look out for 3TB enterprise hard drives from Seagate – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/18865

Seagateは年内に『Constellation ES』の3TBモデルを出荷すると発表していましたが、一足先に『Barracuda XT』から登場したようですね。

CrunchGearの記事では『ST33000651AS』をSATAインターフェースに直接接続してHD Tune Pro 4.01でベンチマークを行っていますが、それによると…

  • Average read: 129.7 MB/s
  • Average write: 127.7 MB/s
  • Access time: 11 ms

といった結果となっている。

ちなみに、750GBプラッタ採用との情報が流れているようですが、型番(ST33000651AS)からは5プラッタモデルとなっていることがわかる。HD Tuneの結果から750GBプラッタ採用にしては性能が低い感じがしますので、おそらくは640GB前後のプラッタを採用しているのではないでしょうか?

2010/3/25 木曜日

東芝から9.5mm厚2.5インチ最大の750GB HDDが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:45:10

東芝、業界最大750GB/9.5mm厚の2.5インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100325_356671.html

東芝から一般的な9.5mm厚の2.5インチHDDとしては最大容量となる750GBの『MK7559GSXP』が発表されました。

『MK7559GSXP』は面記録密度839.1Mbit/mm2(541.4Gbpsi)と前モデルの640GBモデル『MK6465GSX』の817.9Mbit/mm2(528.5Gbpsi)から向上しており、これによりプラッタあたり375GBの記録を実現している。エネルギー消費効率も前モデルから14%向上している。

この他の仕様としては、接続インターフェースはSATA 3Gbpsで回転数は5,400rpm、キャッシュ容量は8MBと前モデルからの変更はない。

また、9.5mm厚の『MK7559GSXP』の他にプラッタ枚数が3枚で12.5mm厚となる『MK1059GSM』も同時に発表されており、こっちは容量が1TBとなっている。

ちなみに、面記録密度ですが3.5インチHDDであれば約500Gbpsiで640GBプラッタに相当する。そろそろ来るかなぁ~。

追記 : 2010/03/31 13:35

12.5mm厚の750GBモデルも存在することが判明しました。また、今回発表されたHDDはいずれも4KiBセクタとなっているようです。詳しくは以下の記事を…

はいじん☆ちゃんねる >> 東芝から2.5インチHDDがもう一つと4KiBセクタ情報
http://haizin.serveblog.net/?p=6914

2010/2/10 水曜日

640GBプラッタHDDが見えてきた

TDK roadmap suggests 2.5TB HDDs are just around the corner – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=32517&catid=6

気づけば500GBプラッタHDDが発売されてから1年以上たってますが、ようやく次期640GBプラッタの足音が聞こえてきました。HDDの磁気ヘッドを製造しているTDKのロードマップによると640GBプラッタ採用の3.5インチHDDは来月には出てくるだろうとのこと。また2.5インチHDD向けの375GBプラッタも登場するとか。

640GBプラッタを用いることで4プラッタHDDでは最大2.5TB、HGSTのような5プラッタHDDでは最大3TBが実現できる。いよいよ2TBの壁に悩まされる人が増えそうですね。

ちなみに、Western Digitalのロードマップでは7200rpmの640GBプラッタHDDと同時に5400rpmの667GBプラッタHDD(WD20EARS)が計画されているようです。回転数が低い分、ちょっとだけ密度を上げるんでしょうかね?

2009/11/6 金曜日

東芝から1.8インチ最大となる320GB HDD登場

東芝、業界最大320GBの1.8インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091105_326429.html

東芝から1.8インチHDDとしては最大容量となる320GBの『MK3233GSG』が発表されました。2プラッタ構成となってますのでプラッタ容量的には9月に発表された160GBモデル『MK1634GAL』と同じですが、面記録密度は723Mbit/mm2(467Gbpsi)から801Mbit/mm2(516Gbpsi)に向上している。

3.5インチHDDで換算すると約500Gbpsiで640GBプラッタになりますので3.5インチでの新プラッタも間もなく出るんですかねぇ。(0゚・∀・) ワクテカ

その他に『MK1634GAL』と比べると回転数も4,200rpmから5,400rpmに向上しており、インターフェースもPATA-6(100MB/s)からSATA 3Gbpsに、さらにこれまで搭載されていなかったキャッシュメモリを16MB搭載し、性能は大幅に向上しているようです。

超薄型モバイルPCでも高性能なHDDが利用できるようになりそうですね。

型番一覧

320GBモデル 『MK3233GSG』
250GBモデル 『MK2533GSG』
160GBモデル 『MK1633GSG』

2009/8/17 月曜日

TDKのHDDヘッド開発ロードマップが更新

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 14:11:12

Head shop rolls out disk size roadmap – Register Hardware
http://www.reghardware.co.uk/2009/08/07/tdk_head_update/

TDKが発表したロードマップによると2010年の1月には2.5インチHDDは最大640GBに、3.5インチHDDは最大2.5TBを実現できるとか。

TDKはHDDの読み出し・書き込みヘッドの開発製造を行ってますがヘッドの方は2.5インチでは320GBプラッタ、3.5インチでは640GBプラッタ用のヘッド開発が完了しているとのこと。2.5インチの640GBはすでにWestern DigitalとSeagateから発表されていますが、いずれも回転数が5000rpm台。TDKの新ヘッドでは7000rpm台にも対応するとか。

3.5インチは640GBプラッタを4枚用いることで2.5TBが実現できますが、HGSTなら5プラッタ仕様を出してくる可能性がありますからねぇ。3.2TBが来年には登場するかもしれませんね。

HTML convert time: 0.553 sec. Powered by WordPress