2010/4/16 金曜日

東芝から車載向け2.5インチHDDが登場

業界最大記憶容量200GBを実現した車載用2.5型HDDの商品化について – 東芝
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2010_04/pr_j1501.htm

東芝が車載向けとしては業界最大容量となる200GBの2.5インチHDDを発表しました。量産は8月から開始される。

今回発表されたのは200GBの『MK2060GSC』と100GBの『MK1060GSC』。これまでの従来モデル『MK8057GSC』では容量が80GBであったため、大幅に容量が向上したことになる。厚さは一般的な2.5インチHDDと同じく、9.5mmとなっているが、プラッタ枚数は1枚となっている。

この他に従来モデルと比較すると平均シーク時間が約25%改善しており、内部転送レートも約78%向上している。また、車載向けとしては重要となる『耐振動性』もMK8057GSCの19.6m/s2(動作時)から24.5m/s2に向上した。

回転数は4,200rpmで接続インターフェースはこれまでの車載向けHDDで多かったPATAではなく、SATA 1.5Gbpsとなっている。

ちなみに、一般的な2.5インチHDDと違い車載向けらしいのが、動作温度。通常は+5~+50℃程度での動作を想定していますが、車載向けHDDの動作温度は『-30~+85℃』と通常のHDDの非動作温度をも超える範囲で動作する。真冬から灼熱の車内までしっかり動作するのが車載向けHDDのすごいところですね。

2009/11/18 水曜日

Fusion-ioのPCIe接続SSD 『ioXtreme』

Fusion-io ioXtreme PCI Express SSD Review – HotHardware.com
http://hothardware.com/Articles/Fusionio-ioXtreme-PCI-Express-SSD-Review/

今年の6月に発表されたFusion-ioのPCI Express 1.1 x4接続のSSD 『ioXtreme』。その『ioXtreme』のベンチマークがありました。

『ioXtreme』は単体で公称700MB/sでのリードが可能とのことですが、別なボード『ioXtreme Pro』を複数枚組み合わせることでPCI ExpressをまたぐRAID0の構築が可能で、「ioXtreme + ioXtreme Pro」の構成では1.4GB/s、「ioXtreme + ioXtreme Pro×2枚」の構成では2.1GB/sでのリードが可能とか。

実際のベンチマークでは『ioXtreme』、『ioXtreme Pro』ともに単体で700MB/s超え。「ioXtreme + ioXtreme Pro」構成では1348MB/s。ただでさえ高いPCI Express接続SSDを複数枚という発想はありませんでしたが、こういうことも可能なんですね。

高速な読み取りが可能で外部電源が不要な『ioXtreme』ですが、欠点はOSのブートに対応していないことと容量が80GBと小さいこと。OSブートができないのは残念ですねぇ。

2009/8/17 月曜日

久々の復活。今日から更新開始

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:43:09

1週間ほど修羅場が続き、ようやく解放されました。この時期に修羅場とか言うと、アレかと思われそうですが、全然関係ありません(^^;)PCパーツ関連のニュースは結構あったようですが、それらはチョコチョコ更新していきますかねぇ。

修羅場あけに札幌駅前のPCショップをめぐってみましたが、さすがにお盆セールやってる店が多かったですね。気になったのが、複数のショップでSATA接続HDDとしては現行最小容量のSeagate Barracuda 7200.10の80GBモデル「ST380815AS」が大幅に値下がりしてました。ITmediaにも似た情報が掲載されていました。

22万円引き…だと…? 特価品であふれるお盆のアキバ – ITmedia
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0908/13/news020.html

80GBというとOS用のパーティション容量として必要十分ですからねぇ。在庫処分的な価格から察するに、そろそろ消えるのでしょうかね?

反対に最大容量となる2TBではBarracuda LP「ST32000542AS」の最安値が23,280円まで下がってました。これからHGSTの2TBが登場してもっと下がるかもしれませんねぇ。

2009/6/7 日曜日

Fusion-ioからPCIe x4接続SSD登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 17:59:53

Fusion-io Reveals PCIe-Based ioXtreme Solid-State Drive with “Fatal1ty”. – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/news/storage/display/20090605043941_(中略).html

Fusion-io and Fatal1ty team to bring ioXtreme PCIe SSD – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=26999&catid=2

すでに、PhotoFastからPCI Express ×8接続のSSDが発売されていますが、Fusion-ioから新たにPCI Express ×4接続のSSDが発表されました。

容量は80GBとなっており、MLC(Multi-Level Cell)を採用している。転送レートは平均で520MB/s、バースト転送時で617MB/sとなるとか。注意が必要なのが、対応OSが64bit版のWindowsまたはLinuxのみとなっていること。

TechConnect Magazineに写真も掲載されていますが、これまでのPCI Express接続SSDとはことなり、シングルスロットで利用可能となっている。これならSLIかCrossFire構成のGPUでも利用できそうですね。さすが、プロゲーマーと共同開発(^^)

ちなみに、CeBIT 2009でOCZが展示していたPCI Express ×8接続のSSD「Z Drive」ですが、SLIの利用時に不便だろうということで、製品化中止になったようです。

[COMPUTEX]OCZ,Z Driveをキャンセルし,3.5インチ&1TBモデルのSSDを投入へ – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/017/G001762/20090605001/

HTML convert time: 0.554 sec. Powered by WordPress