2010/12/11 土曜日

SeagateからBarracuda Greenシリーズが発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:52:48

Seagate「ST2000DL003」発売! エコ仕様(5900rpm)のSATA3.0対応2TB HDD – アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/pc/1012/10/230000.php

AFT採用HDDに新種、XPでの利用が簡単に? – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20101211/etc_seagate.html

Seagateから5,900rpm 3.5インチHDD 『Barracuda Green』シリーズが発売になりました。

発売になったのは『Barracuda Green』シリーズの最上位モデルである2TBの『ST2000DL003』。

アキバ総研では『Barracuda LP』シリーズの後継としていますが、HDDのラベルには『Barracuda LP』と『Barracuda Green』の両方が記載されているため『Barracuda LP』シリーズの一部なのでしょうかね。

これまでの『Barracuda LP』シリーズの2TBモデル『ST32000542AS』との違いは…

  • キャッシュ容量 : 32MB → 64MB
  • インターフェース : SATA 3Gbps → SATA 6Gbps
  • セクタサイズ : 512B → 4KiB
  • プラッタ枚数 : 4枚 → 3枚 (プラッタ容量向上)
  • データ転送速度 : 95MB/s → 144MB/s
  • 動作時耐衝撃性 : 70G → 80G

一番気になるのが4KiBのラージセクタを採用したことですが、AKIBA PC Hotlineに掲載されているように、独自の『SmartAlign』という技術を搭載することで他社同等品のように専用ユーティリティやジャンパーピン設定をすることなくWindows XPなどの4KiBセクタ非対応OSでもパフォーマンス低下が発生しないとか。

(PDF)Barracuda Green データ・シート – Seagate
http://www.seagate.com/docs/pdf/ja-JP/datasheet/disc/ds1720_barracuda_green.pdf

ちなみに、今のところ日本の公式製品情報には2TBモデルの情報しか掲載されていないようですが、データシートには1.5TBモデル『ST1500DL003』も見られるので、そのうち発売されるのでは?ただし、データシートによると1.5TBモデルの方が2TBモデル『ST2000DL003』よりもかなり消費電力が高いがこれは一体?!

関連記事

はいじん☆ちゃんねる >> 【注意!】WD10EARSは特殊な物理フォーマットを採用
http://haizin.serveblog.net/?p=5953

はいじん☆ちゃんねる >> Advanced Format Architectureの意義
http://haizin.serveblog.net/?p=6098

2010/11/18 木曜日

HGSTから4KiBセクタ非採用の3TB HDDが登場

なかなか正式なプレスリリースが出ませんが、PC Watchに掲載されていたので書いちゃいます。

HGST、最大容量3TB/7,200rpmのHDD「Deskstar 7K3000」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101118_407501.html

先日Western Digitalから3.5インチHDDとしては最大容量となる3TBの『WD30EZRS』が発表・発売されましたが、新たにHGSTからも3TBモデルが登場しました。

今のところ、正式なプレスリリースが出された様子もなく、11月13日に英語の公式製品情報に登場後、11月16日には秋葉原の店頭で販売が開始、そして、今日確認したところ、日本の公式製品情報に追加されていました。

Deskstar 7K3000 – HGST製品情報
http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/products/deskstar/7K3000/
Deskstar 5K3000 – HGST製品情報
http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/products/deskstar/5K3000/

登場したのはデスクトップPC向けの『Deskstar』シリーズで7,200rpmの『Deskstar 7K3000』と可変回転数CoolSpin採用の『Deskstar 5K3000』。どちらも1.5TB、2TB、3TBの3モデル構成となっている。キャッシュ容量は7K3000で64MB、5K3000で32MBとなっている。

正式な発表が無いため、正しいプラッタ容量については不明ですが、販売しているショップの情報では600GBプラッタを採用しているとか。先に登場した『WD30EZRS』は750GBプラッタを4枚搭載しているましたが、今回登場したHGSTの3TBでは600GBプラッタを5枚採用している。

このほか『WD30EZRS』と異なる特徴として、インターフェースはSATA 6Gbpsを採用している点と4KiBセクタ非採用があげられる。

これまでのHDDはセクタサイズが512Byteでしたが、このセクタサイズでは32ビットLBAによる『2TBの壁』が発生するため2.2TB以上の容量を実現することが難しい。また、セクタサイズを大きくしたほうがプラッタの記録効率が高くなるため、最近の大容量HDDでは4KiB(4096Byte)のラージセクタを採用するものが増えている。

はいじん☆ちゃんねる >> 【注意!】WD10EARSは特殊な物理フォーマットを採用
http://haizin.serveblog.net/?p=5953

はいじん☆ちゃんねる >> Advanced Format Architectureの意義
http://haizin.serveblog.net/?p=6098

ところが、今回発表されたDeskstar 7K3000および5K3000は仕様書によるとラージセクタは採用せず、セクタサイズが512Byteとなっている。このためラージセクタ採用HDDをWindowsXP等で使用したさいに指摘されているパフォーマンス低下の心配はない。ただし3TBモデルはXPでは使用不可等の制限がありますので、HGSTが公開している対応情報を参照してください。

(英語PDF)High Capacity (≥2.2TB) Technology Brief
http://www.hitachigst.com/tech/techlib.nsf/techdocs/D213A024C090CE9F862577D5002600FC/$file/FinalHiCap_2.2TB_TechBrief.pdf

型番一覧

Deskstar 7K3000 (SATA 6Gbps/64MB/7200rpm)

HDS723030ALA640 : 3TBモデル
HDS723020BLA642 : 2TBモデル
HDS723015BLA642 : 1.5TBモデル

Deskstar 5K3000 (SATA 6Gbps/32MB/CoolSpin technology)

HDS5C3030ALA630 : 3TBモデル
HDS5C3020ALA632 : 2TBモデル
HDS5C3015ALA632 : 1.5TBモデル

2010/10/20 水曜日

WesternDigitalから3TB/2.5TB HDDが正式発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 12:52:23

[新製品] Western Digital、容量3TBの「Caviar Green」(WD30EZRSDTL)出荷開始 – エルミタージュ秋葉原
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/201010/20_02.html

Western Digitalから単体3.5インチHDDとしては最大容量となる3TBの『WD30EZRSDTL』(WD30EZRS)および2.5TBの『WD25EZRSDTL』(WD25EZRS)が正式発表されました。

どちらも省電力志向の『WD Caviar Green』シリーズに属するモデルであり、回転数は『IntelliPower』に準拠する。3TBの大容量を実現するにあたり、750GBプラッタと4KiBのラージセクタ『Advanced Format Technology』を用いている。

Large Capacity Drives – Western Digital
http://www.wdc.com/jp/solutions/Greaterthan22.asp

実質、内臓向けHDDとしては初の2TB越えとなりますが、通称『2TBの壁』についてWestern Digitalが対応状況を掲載していました。現状としてはWindows XPでの使用は困難、Windows 7/Vista 32bit版ではセカンドドライブ限定、7/Vista 64bit版ではEFI環境ではブートドライブ可能、MacOSXでは問題なく使用可能といったところ。

(説明書PDF)2.5/3 TB Hard Drives SATA Host Bus Adapter Quick Install Guide
http://www.wdc.com/en/solutions/docs/2079-771087-802_screen.pdf

現在EFIに対応してるマザーボードはかなりレアな存在なので、Western DigitalはPCIe接続のSATAホストバスアダプタ(HBA)をセットにしている製品を用意している。レビューサイトによると付属HBAは『HighPoint Rocket 620』のようです。このHBAを用いず、たとえばIntel ICH10Rに直接つなぐと746.39GBまでしか認識しないこともあるようなので注意が動作環境は注意が必要になりそうですね。

2010/10/5 火曜日

HGSTから同社初の4KiBセクタ採用HDDが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:16:15

日立GST、最大容量750GBの9.5mm厚2.5インチHDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101005_398088.html

HGSTから最大容量750GBの2.5インチHDD『Travelstar 5K750』と『同7K750』シリーズが発表されました。どちらも、HGST製HDDとしては初めて4KiBのラージセクタ(Advanced Format)を採用している。

5K750は回転数5,400rpm、キャッシュ容量は8MBとなっている。7K750は回転数7,200rpm、キャッシュ容量は16MBとなっている。どちらのモデルでもインターフェースはSATA 3Gbpsで、375GBプラッタを2枚搭載し厚さは一般的な2.5インチHDDと同じ9.5mm厚となっている。。また、これまでのTravelstarシリーズ同様に自己暗号化モデルと連続稼動対応モデルが用意される。

型番一覧

Travelstar 5K750 (5,400rpm/8MB)

HTS547575A9E384 : 通常750GBモデル
HTS547564A9E384 : 通常640GBモデル
HTS547550A9E384 : 通常500GBモデル

HTS547575A9E385 : 自己暗号化750GBモデル
HTS547564A9E385 : 自己暗号化640GBモデル
HTS547550A9E385 : 自己暗号化500GBモデル

HTE547575A9E384 : 連続稼動750GBモデル
HTE547564A9E384 : 連続稼動640GBモデル
HTE547550A9E384 : 連続稼動500GBモデル

Travelstar 7K750 (7,200rpm/16MB)

HTS727575A9E364 : 通常750GBモデル
HTS727564A9E364 : 通常640GBモデル
HTS727550A9E364 : 通常500GBモデル

HTS727575A9E365 : 自己暗号化750GBモデル
HTS727564A9E365 : 自己暗号化640GBモデル
HTS727550A9E365 : 自己暗号化500GBモデル

HTE727575A9E364 : 連続稼動750GBモデル
HTE727564A9E364 : 連続稼動640GBモデル
HTE727550A9E364 : 連続稼動500GBモデル

2010/9/11 土曜日

秋葉原で調達してきたもの(夏)

IMG_1068

先週、東京に上陸しましたが、その際に秋葉原で調達してきたものを紹介。

春に行った際にも似たようなことを書きましたが、最近は札幌でもPCパーツ関連の品ぞろえは良いので、自分が秋葉原で購入するのは『札幌で売ってないようなもの』や『札幌では安く購入することが困難なもの』がメインです。

①同人誌

IMG_1399

サークル「もきゅもきゅ」さんの夏コミの新刊『HDDスピーカーの作り方 2.5インチHDD編 / HDDベンチマーク集7』。

「同人誌かよ…」と思うなかれ!HDDについては下手な書籍よりも面白い情報が掲載されている。とくに今回の特集はWestern Digitalのラージセクタ『Advanced Format Technology』について解説・検証を行っている。ここまで詳しくAFTについて調べている記事って他にあったかな?

サークル「もきゅもきゅ」のぺーじ
http://d.hatena.ne.jp/hazuki_cyan/

②赤外線放射温度計

IMG_1400

安かったので買ってみた。

赤外線放射温度計。温度を測りたいところに先を向けてトリガーを引くことで、非接触で温度測定が可能な温度計。お安いし、放射温度計は何を測っているのかがわかりずらいので、精度はそれほど期待してませんが、HDDのベンチマークとかで比較には使えるかと思って買ってみました。

ちなみに、試に腕に向けて測定してみたところ、ちゃんと体温に近い温度を表示してくれました。おっ、これ体温計として使えるのでは?(^^;)

③ロングストラップ

IMG_1401

どこでも売ってるのかもしれないですけど、ちょうど携帯のストラップが切れちゃって…

なぜにコレ?と思うかもしれませんが…

IMG_1402

内側の見えないところに『はちゅね』が!

これはオレ得すぎる!(゚∀゚)

ロングストラップなのでちょっぴり長くて携帯に使いづらいかもしれませんが、使いづらかったら他のものにでも使いましょ。

以上、買ったもの紹介終了。

軽くスルーしていましたが、この記事のトップに載せた写真は新千歳→羽田間のAIR DO内で出る紙コップ。この絶妙な白熊の顔の位置は計算しているんでしょうかね?

2010/3/31 水曜日

東芝から2.5インチHDDがもう一つと4KiBセクタ情報

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:33:28

Two-platter 750GB mobile drive due from Toshiba, too – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/18694

先週、東芝から9.5mm厚の750GB 2.5インチHDD『MK7559GSXP』と12.5mm厚の1TB『MK1059GSM』が発表されましたが、どうやら12.5mm厚の750GBモデルも出るようです。

(PDF)TOSHIBA INTRODUCES HIGHEST-CAPACITY 2.5-INCH HARD DISK DRIVES
IN TWO NEW PRODUCT FAMILIES – TOSHIBA Storage Device Division
http://sdd.toshiba.com/techdocs/MK_GSM-XRelease.pdf

日本の東芝のプレスリリースには掲載されていませんでしたが、米国でのプレスリリースには12.5mm厚の『MKxx59GSM』シリーズは1TBと750GBの2モデルが存在することが掲載されている。750GBの正式な型番は掲載されていない。なお、『MK7559GSXP』では541.4Gbpsiとなっていた面記録密度が『MKxx59GSM』では482Gbsiとなっている。

また、米国プレスリリースには『MKxx59GSM』シリーズと『MK7559GSXP』はWestern Digitalの『Advanced Format technology』と同様の4KiBセクタを採用することが記載されている。東芝は1.8インチHDDではすでに4KiBセクタを導入していますが、同社製2.5インチHDDとしては初のようです。ちなみに、東芝では『Advanced Sector Format technology』と記載されている。

~関連記事~

はいじん☆ちゃんねる >> 東芝から9.5mm厚2.5インチ最大の750GB HDDが登場
http://haizin.serveblog.net/?p=6885

HTML convert time: 0.741 sec. Powered by WordPress