2010/2/9 火曜日

ION2ではGPU切り替えが可能に?

ION 2 supports Optimus – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/17587/34/

1月に発売になったIntelの新型Atom『Pine Trail』(Atom D410/D510)。CPU側にGPUが統合されたため、NVIDIAは次期『ION2』はチップセットではなく、単体GPUになると発表していますが、NVIDIAがノートPC用に開発中の『Optimus technology』に対応するとか。

『Optimus』は3D処理や動画エンコードなどで負荷がかかる場合はNVIDIAの外部GPU、文書作成など負荷がかからない場合はCPUやチップセットの統合GPUを切り替えて使用することで消費電力を削減する技術。

これまで噂されてきたION2はAtomプラットフォームに単体GPUをくっ付いただけで、別途PCIe接続のGPUを利用するのと比べると利点が見えませんでしたが、これなら性能を上げながらも消費電力もそれほど増えずにすむので良さそうですね。

追記 : 2010/02/10 01:40

NVIDIAから正式な発表がありました。Atomで対応するのはN400番台だけ?

NVIDIA、第3世代のGPU切り替え技術「Optimus Technology」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100209_347871.html

2010/1/13 水曜日

Atom 230/330も製造終了

Intel、Atom 230/330を5月で生産終了 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100112_341809.html

先日、IntelのAtom N270/Z500が製造終了と発表がありましたが、Atom 230と330の製造終了も発表されました。

先日、後継のAtom D410とD510が発売になりましたので、自然な流れでしょうね。

2010/1/4 月曜日

新型Atom「Pine Trail」が本日から発売に

GPU統合Atom「Pine Trail」搭載マザーが本日発売、7千円から – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100109/etc_intel.html

Intelの新型Atom『Pine Trail』が今日から発売になるようです。Pine Trailはこれまでチップセット側に統合されていたDDR2メモリコントローラとGPUをCPUに統合。

シングルコアのAtom D410とデュアルコアのAtom D510が発売される。いずれもクロック周波数は1.66GHzとこれまでのAtom 220と330と同じである。このほかにネットブック向けのシングルコアAtom N450も発表されている。

Intel製のMini-ITXマザーボードの予価が出ていますが、D410PTが7000円位、D510MOが8,500円位。安くなりましたねぇ。DDR2が高くなってきているからDDR3のメモリコントローラを搭載していればさらに嬉しいのですが。

2009/12/8 火曜日

64bit版Google Chrome『ChromiumOS64』

64-bit Chromium OS surfaces – techradar.com
http://www.techradar.com/news/software/operating-systems/64-bit-chromium-os-surfaces-656314

Googleが開発中のOS『Google Chrome』。Intel Atom等の32bit CPUを採用するネットブックでの利用を想定しているため、Google Chromeは32bit版のみになるようですが、非公式なが64bit版の『ChromiumOS64』の開発も行われているようです。

知りませんでしたが、Google Chrome自体はUbuntu 9.10をベースにしており『Chromium OS Project』としてオープンソースとなっている。32bitだと実質使用できるRAMが3.3GB程度になってしまうために、さらにメモリを活用できる64bit版を開発しているとか。

開発元のサイトを見ると、すでにx86_64プラットフォームのCPUであれば利用できるアルファ版が公開されていました。アルファ版ですのであくまで自己責任でね(お約束)

The ChromiumOS64 Project (閉鎖? 2010/10/16)
http://www.chromiumos64.com/

2009/11/4 水曜日

VIA Nano 3000シリーズ発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:43:11

VIA announces new Nano chip – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/news/hardware/2009/11/04/via-announces-new-nano-chip/

VIAから低消費電力プロセッサ『Nano 3000』シリーズが発表されました。

以前の『Nano』シリーズと比較すると同動作クロック周波数においても性能が向上しており、PCMark 05のCPU Testや3DMark 06において20%程度の性能向上が確認できたとか。新たにSSE4命令セットに対応したことにより1080pのHD動画再生も可能となったようです。

Intel Atom登場以降、昔ほど目立たなくなってしまったVIAですが、巻き返してほしいですねぇ。

2009/5/16 土曜日

NVIDIA 『ION』マザーボード発売

ION採用、「Atom 230」搭載のMini-ITX対応マザーがデビュー – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/418/418077/

「ION」マザーがついに発売! Atom 230搭載のZOTAC製Mini-ITX、約2万円 – アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/pc/0905/15/203000.php

IONマザーが初登場、Atom 230搭載で1.9万円 HDMI搭載のファンレス仕様 – AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090516/etc_zotac.html

ついにNVIDIAのIONプラッタフォームを採用したAtom搭載マザーボードがZOTACから発売になったようです。

これまでのAtom搭載マザーボードの多くはIntelの945GSEをチップセットとして採用していましたが、今となっては設計が古いチップセットで消費電力が高く、動画再生支援が無く、HD動画再生には厳しい構成でした。

NVIDIAのIONプラッタフォームはモバイル用グラフィック統合チップセット「GeForce 9400M」をベースにした「MCP7A-ION」をチップセットに採用している。チップセットの特徴としては…

  • デュアルチャンネル DDR2-800/DDR3-1333対応(今回発売の製品はDDR2)
  • 20レーンのPCI Express 2.0
  • Gigabit Ethernet
  • RAID対応のSATA
  • PureVideo HD対応

などがある。NVIDIAの動画再生支援機能「PureVideo HD」に対応しているため、H.264やVC-1の再生時にCPUの負荷を減らすことが可能で、Atom+945GSEでは厳しかったBlu-ray等のHD動画の再生も可能とか。

今回発売になったZOTACの製品ではHDMI端子も搭載しているのでHTPC用のマザーボードとしては最適ですね(^^)

2009/3/25 水曜日

デュアルチャンネル対応Atom 330マザーボード

micro ATXでデュアルチャネルメモリ対応のAtom 330マザー – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/405/405174/

JetwayからAtom 330を搭載したmicro ATXマザーボードが発売されたようです。microATXなので、PCI Express×1のほかにPCIが2基あり、拡張性豊富ですね。さらに、Atomマザーボードとしては初めてデュアルチャンネルメモリアクセスに対応。

1万円切ってるようですし、これは欲しいかも…

2009/3/21 土曜日

ネットブックでの動画再生支援搭載が進むのか?

VIA、HD動画などの再生をサポートした低価格ミニノート向けマザーボードを発表 – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090319_via_c855/

デュアルコアCPUとグラフィックボードを搭載した低価格デスクトップ「EeeBox」の新モデルが登場か – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090319_eeebox_b208/

GIGAZINEにVIAの新しい低価格ミニノート向けマザーボードとEeeBoxの新モデルについての情報が掲載されていました。

VIAのマザーボードはAtomプラットフォーム用ではなく、CPUはVIA C7-Mを採用するようです。ミニノートはすっかりAtomの独壇場ですが、VIAのCPUを搭載したものも増えるんでしょうかね?

ASUSのEeeBox新モデルでは新たにデュアルコアAtom 330を採用。

どちらもHD動画の再生をサポートするハードウェア動画再生支援機能を搭載しているみたいですね。やはり大きい動画はミニノートでは厳しいですからねぇ。動画再生支援が付くだけでかなり使い勝手がよさそうですね。

2009/3/3 火曜日

Intel Atomに組み込み向け登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 12:34:05

Intel、組み込み向けAtom発表 – ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/03/news037.html

Intelから組み込み用途向けのAtom Z5xxシリーズが発表されました。車載情報エンターテインメント機器、産業オートメーションや「メディアフォン」向けとなる。4モデル構成となるが、実際には動作温度やパッケージサイズで複数オプションが準備されるとか。

こういう組み込み向けって知らずに使ってることが多いけど、車のカーナビや電話機でAtomが搭載されるようになるんでしょうね。

2009/2/22 日曜日

Dell Inspiron Mini 9 全体レビュー 【1/3】

Dell Inspiron Mini 9久しぶりの独自レビュー&ベンチマークです。

知人がDellのネットブック『Inspiron Mini 9』を入手したので、お借りしてレビューとベンチマークを書かせてもらうことに。今回は3記事に分けてあります。もし購入を検討していたりするなら参考になればと思います。

目次

  1. 全体レビュー ←今ココ
  2. 液晶部レビュー
  3. ベンチマーク

[全体レビュー編]

Dell Inspiron Mini 9 ロゴ2最近、巷で噂のネットブック。IntelのAtomをCPUに採用し、ネットやメールには必要十分な性能を備えながら5万円以下で購入可能な低価格ノートPC。それがネットブックだ。今回紹介するのはDellが昨年9月に発売したInspiron Mini 9 (Inspiron 910)。

CPUはIntel Atom N270 (1.6GHz)を採用し、記憶装置にはHDDではなく、SSDを採用しており、他社のネットブックと似たような構成となっている。OSについては、Windows XP SP3の他にカスタイマイズにより、Linux『Ubuntu 8.04』も選択可能となっている。今回お借りしたモデルではWindows XPとなっている。

液晶は8.9インチ TFTを採用しているが、これについては、次の記事で触れることにする。

では、さっそく外見を見てみる。 (続きを読むなの…)

次ページへ »

HTML convert time: 0.753 sec. Powered by WordPress