2010/1/13 水曜日

Atom 230/330も製造終了

Intel、Atom 230/330を5月で生産終了 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100112_341809.html

先日、IntelのAtom N270/Z500が製造終了と発表がありましたが、Atom 230と330の製造終了も発表されました。

先日、後継のAtom D410とD510が発売になりましたので、自然な流れでしょうね。

2010/1/6 水曜日

C2Q Q8200、Atom N270、Z500の製造が終了

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:56:28

Intel、Core 2 Quad Q8200やAtom N270などを製造終了 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100106_340684.html

IntelがCore2Quad Q8200/Q8200s、Atom N270/Z500の需要が他のプロセッサに移行したため、製造が終了すると発表したようです。

はいじん☆ちゃんねる >> Core2Quad Q9650の消費電力
http://haizin.serveblog.net/?p=3222

Core2Quad Q8200は以前使ってましたが、クアッドコアながら消費電力がデュアルコア並みに低くかなりお気に入りでした。Q8000シリーズは新たにIntel-VTに対応したQ8400がありますのでそちらに移行したってことなんでしょうねぇ。

2009/3/21 土曜日

ネットブックでの動画再生支援搭載が進むのか?

VIA、HD動画などの再生をサポートした低価格ミニノート向けマザーボードを発表 – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090319_via_c855/

デュアルコアCPUとグラフィックボードを搭載した低価格デスクトップ「EeeBox」の新モデルが登場か – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090319_eeebox_b208/

GIGAZINEにVIAの新しい低価格ミニノート向けマザーボードとEeeBoxの新モデルについての情報が掲載されていました。

VIAのマザーボードはAtomプラットフォーム用ではなく、CPUはVIA C7-Mを採用するようです。ミニノートはすっかりAtomの独壇場ですが、VIAのCPUを搭載したものも増えるんでしょうかね?

ASUSのEeeBox新モデルでは新たにデュアルコアAtom 330を採用。

どちらもHD動画の再生をサポートするハードウェア動画再生支援機能を搭載しているみたいですね。やはり大きい動画はミニノートでは厳しいですからねぇ。動画再生支援が付くだけでかなり使い勝手がよさそうですね。

2009/2/22 日曜日

Dell Inspiron Mini 9 全体レビュー 【1/3】

Dell Inspiron Mini 9久しぶりの独自レビュー&ベンチマークです。

知人がDellのネットブック『Inspiron Mini 9』を入手したので、お借りしてレビューとベンチマークを書かせてもらうことに。今回は3記事に分けてあります。もし購入を検討していたりするなら参考になればと思います。

目次

  1. 全体レビュー ←今ココ
  2. 液晶部レビュー
  3. ベンチマーク

[全体レビュー編]

Dell Inspiron Mini 9 ロゴ2最近、巷で噂のネットブック。IntelのAtomをCPUに採用し、ネットやメールには必要十分な性能を備えながら5万円以下で購入可能な低価格ノートPC。それがネットブックだ。今回紹介するのはDellが昨年9月に発売したInspiron Mini 9 (Inspiron 910)。

CPUはIntel Atom N270 (1.6GHz)を採用し、記憶装置にはHDDではなく、SSDを採用しており、他社のネットブックと似たような構成となっている。OSについては、Windows XP SP3の他にカスタイマイズにより、Linux『Ubuntu 8.04』も選択可能となっている。今回お借りしたモデルではWindows XPとなっている。

液晶は8.9インチ TFTを採用しているが、これについては、次の記事で触れることにする。

では、さっそく外見を見てみる。 (続きを読むなの…)

Dell Inspiron Mini 9 液晶部レビュー 【2/3】

Dell Inspiron Mini 9久しぶりの独自レビュー&ベンチマークです。

知人がDellのネットブック『Inspiron Mini 9』を入手したので、お借りしてレビューとベンチマークを書かせてもらうことに。今回は3記事に分けてあります。もし購入を検討していたりするなら参考になればと思います。

目次

  1. 全体レビュー
  2. 液晶部レビュー ←今ココ
  3. ベンチマーク

[液晶部レビュー編]

前記事では外観など全体的なレビューを行いましたが、この記事では液晶に注目してみました。低価格なネットブックでは品質が低めな液晶が採用されることが多いようですが、このInspiron Mini 9ではどのような感じかを見てみました。 (続きを読むなの…)

Dell Inspiron Mini 9 ベンチマーク編 【3/3】

Dell Inspiron Mini 9久しぶりの独自レビュー&ベンチマークです。

知人がDellのネットブック『Inspiron Mini 9』を入手したので、お借りしてレビューとベンチマークを書かせてもらうことに。今回は3記事に分けてあります。もし購入を検討していたりするなら参考になればと思います。

目次

  1. 全体レビュー
  2. 液晶部レビュー
  3. ベンチマーク ←今ココ

[ベンチマーク編]

Atomを搭載したネットブックが大人気となっていて多くのメーカーから発売されていますね。しかし、ほとんどのネットブックが同じCPU(Atom N270)を搭載し、チップセットもIntelの 945GSE Expressを採用するため、CPUやグラフィック性能に関してはどの製品もほとんど変わらないと思われる。そこで、この[ベンチマーク編]では製品による差が大きそうな補助記憶装置SSDに着目してみた。 (続きを読むなの…)

2009/1/22 木曜日

VAIO type Pの動画再生支援

VAIO type Pのハードウェア再生支援機能で本当にHD動画がスムーズに再生できるかどうか、いろいろと試してみた – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090120_vaio_type_p_hd_movie/

フルHDサイズ(H.264+AAC、1920×1080)のムービーを低いCPU負荷でぬるぬる再生する方法 – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090121_full_hd_movie/

GIGAZINEでVAIO type での動画再生支援機能の効果検証が行われてました。Windows Media Player(WMP)、QuickTime、MediaPlayerClassic Homecinema(MPCHC)、DIVXで検証が行われます。結果を見るとWindows Media Player 11におけるWMV9はフルHDでもバッチリのようですね。詳しいコーデックについて書かれてませんが、WMV9 advanced profileのVC-1ですかね?H.264/AVCのフルHD動画もWMP11で再生可能らしいです(音が出なかったらしいですが…)

当ブログで動画再生支援にお勧めとして紹介しているMPCHCですが、VAIO type Pでは効果はいま一つのようですね。1280×720なら何とか再生できますが、フルHDは無理のようです。Intel GMA500への対応がいま一つのようですね。

ちなみに、2つ目の記事でPowerDVD 8 UltraのデコーダをMPCHCで使うことで動画再生支援が強力にする方法が紹介されてます。自分がMPCHC関連の動画再生支援の記事を書いた時もこの方法を試しましたが、当時のPowerDVDのデコーダは(相性?)いま一つでほとんどのH.264/AVC動画が再生できませんでした。よくなったんですかね?そのうち検証してみなければ!

2009/1/8 木曜日

VAIO type Pの動画再生支援機能

動画再生支援機能搭載と発表されているVAIO type Pの情報見つけました。

ソニー、厚さ19.8mmで「封筒サイズ」の「VAIO type P」
-79,800円から。8型液晶でワンセグ/HD再生/NC対応 – AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090108/sony.htm

Atom N270やCeleron Mを搭載する低価格ミニノートではチップセットにIntel 910GML+ICH6Mや945GSE+ICH7Mを搭載している。これらには動画再生支援機能は搭載されていないのだが、VAIO type PではチップセットにIntel System Controller Hub(US15W)を搭載。このUS15WにはGMA500というGPUを内蔵しているのだが、GMA500に動画再生支援機能が搭載されているようですね。

IDFで見えてきたCentrino Atomの詳細と国内市場での課題 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0403/ubiq215.htm

VAIO type Pで全機能が使えるかどうかわかりませんが、GMA500自体はH.264/AVC、VC1、MPEG-2、MPEG-4のデコード支援に対応しているようです。また、GMA500はWindowsAeroに対応するだけの性能もあるのだとか。

SONYが想定している動画再生支援の使用方法だが『SONY製のハイビジョンビデオカメラで撮影したAVCHD(H.264+AC3)ファイルを再生する』とのこと。AVCHDの規格自体は24Mbpsまでの動画に対応してますが、SONY製のAVCHDカメラは最大で16Mbps。よって、24Mbpsで動画再生支援が適応されるかどうかはわからないとのこと。しかし、Blu-rayではAVCHDは最大18Mbpsとなっているので、ほとんどのフルHDファイルが再生できそうですね!(でも断定はできないからまだ調べないと^^)

ちなみに、フル画面再生が動画再生支援の条件だとか。ナガラ見できないとなると若干使い勝手が悪いかもしれませんねぇ。

HTML convert time: 0.667 sec. Powered by WordPress