2010/3/9 火曜日

仮想化環境における10Gbit Ethernetベンチマーク

10Gbit Ethernet: Killing Another Bottleneck? – AnandTech
http://it.anandtech.com/IT/showdoc.aspx?i=3759

対応するハブやNICが低価格化して、現在普及してきている『1000Base-T』。最大1Gbpsの通信が可能なGigabit Ethernet(GbE)の規格のひとつですが、さらに10倍の帯域を持つ10Gbit Ethernet(10GbE)というものが存在する。

すでに、銅線(Cat6e等)を用いるNICが去年市販されていますが、高価であるためまだ目にすることはほとんど無い。また、消費電力が非常に大きく、GbEで1ポートが消費する電力0.5Wに対し、10GbEでは15Wも消費する。Broadcomが4Wというものを開発したようですが、それでもまだまだ高い。

確かの高速な通信が可能なのは良いことなのですが、こんなの何に活用できるのかと思ってましたが、どうやら多コアCPUによる仮想化が進むと非常に重要になってくるようです。

たとえばサーバー上で40個のOSを仮想化により実行していたとする。GbEを4ポート共有していたとすると、各OSでは実質100Base-TX程度の帯域しか得ることができないことになってしまう。これでは世代遅れのサーバーで実行しているのと変わらないことになってしまうため、より広い帯域の10GbEが必要になるようです。

AnandTechでは10GbEとGbEの比較を行っていますが、その際に仮想化マシン数(VM)を1、4、8と変化させて検証。1 VMではGbEの性能もフルに使えていませんが、4 VMではGbEを大きく上回る性能を発揮。仮想化環境において10GbEの効果があることがわかる。

GbEも出た当時は消費電力は大きいし、高かったので普及に時間がかかりましたが、いずれは10GbEが当たり前になるんでしょうかねぇ~。

HTML convert time: 0.505 sec. Powered by WordPress