2013/6/29 土曜日

JogShuttle Controller ver4.1

1年半くらい前に作成したCanopus製ジョグシャトル『JD-1』用の仮想ドライバ。

【お年玉企画?】Canopus JD-1用ドライバを自作してみた
http://haizin.serveblog.net/?p=9320

ジョグダイアルを回転させた際に生成できるのがキーコードのみのため、Webブラウザ等のスクロールには上下矢印キーを割り当てていました。これがマウスのホイールとは若干違う動作をしていたために、若干使い勝手が悪かった。

そこで、キーコード以外に、マウスホイールイベントが生成できるように書き換えてみました。

参考にしたのはこちらのページ

VB.netでマウスクリックなどの操作を行う – Yahoo!知恵袋
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n31274

この変更によってマウスホイールイベントが生成できるようになりましたが、前バージョンからアップデートする場合は設定ファイルに追記が必要になります。

マウスホイールイベントを用いることでキーコードよりもはるかにスムーズなスクロール動作が可能になりました。EDIUSやPremiereでのフレーム移動が大分し易くなったかと。

実行ファイル (コンパイル済)
JogShuttle Controller v4.1.zip

VisualBasic 2012 プロジェクト (ソースコード)
JogShuttle_Controller_VBProjectv41.zip

お約束

お約束なので書いておきますが、使用して何らかの損害を被っても私は知りません(`・ω・´)キリッ 自己責任でお使いくださいな。ただ、おかしな挙動を示した場合には報告をいただければ今後の改善に役立つかと思いますので、この記事のコメントにでもお願いします。

あと、完全に趣味で作っているものなのでCanopus(現グラスバレー)さんへ問い合わせるとかはおやめ下さいな。

2012/1/1 日曜日

【お年玉企画?】Canopus JD-1用ドライバを自作してみた

新年一発目はコレ!

Canopus製のJog/Shuttleコントローラ『JD-1』。

JD-1 製品情報 – GRASSVALLEY
http://pro.grassvalley.jp/catalog/jogdisk/jd1_index.htm

動画編集でコマ単位の編集を行う際に便利なジョグダイヤルですが、こいつのドライバは対応しているソフト以外で動作せず、もうメーカーのサポート終了しているために、対応ソフトが増える望みも無い…

なら、自分でドライバを作ってしまおう!

というわけで、VB.netを使って作ってみました。

そして、同様に困っている同士の参考になればと思い、ソース等を公開します!お年玉だと思って活用して頂ければと思います!

JD-1の動作確認

まず、初めにJD-1がどのように動作するかを確認してみました。

Canopusの公式ドライバをインストールしていない状態で接続すると…

『HID準拠コンシューマー制御デバイス』として認識した。

さすがに、ハードウェアレベルからドライバ作成するとなると大変だなぁ~と思ってましたが、HIDで認識してくれているので、ここから送られてくるデータを解析して利用することにしました。

正確には『ドライバ』と呼んでいいのか微妙ですが、まぁ、細かいことは(゚ε゚)キニシナイ!!

HIDドライバから受けた信号を作成するドライバで読み込んで、その信号に応じたキーコードを仮想キーボードから送信する。送信するキーコードを使用するソフトウェアのショートカットキーに割り当てることで動作させる。

これなら、どのソフトウェアでも対応できる!

HIDからのデータを読み出す方法はこちらのサイトのコードを使わせていただきました。

ぬるり。: Raw Input(直訳:生入力)
http://hongliang.seesaa.net/article/18076786.html

上記サイトのコードでは『マウス』のデータを読み出すことを目的にしているので、これを『コンシューマ制御デバイス』のデータを読み出すようにしました。

HIDデバイスには目的に応じて[Page]と[Usage]が指定されており、『マウス』の場合は[Page : 1][Usage : 2]となっている。

USB.org – HID Tools
http://www.usb.org/developers/hidpage/

各デバイスに割り当てられているPageとUsageについてはUSB-IFが公開している一覧表『HID Usage Tables』で調べることができる。

今回用いる『コンシューマ制御デバイス』の場合は[Page : 13][Usage : 1]となっているので、ここを書き換えている。

上記コードから得られるHIDの生データを解析すると、ジョグダイヤルは1クリックするごとに1信号、ボタンは押した瞬間離した瞬間にそれぞれ1信号が送信されることが分かった。押した瞬間と離した瞬間を読み取ることで、押しっぱなしを検出できますが、今回は押した瞬間のみ用いました。

作成したドライバ

ドライバの作成はVisualBasic 2010を使用。

以前から、何度か書いているように、自分はプログラミングは大の苦手で正直「動けば何でもいい」と言う考えなので、基本的には上で紹介したソースコードに手を加えた程度となっています。VBも今回初挑戦!

で、実際に作成したドライバは…

[JogShuttleController.exe]と[settings.xml]の2ファイル構成。

JogShuttleController.exeを起動するとタスクバーの通知領域に常駐し、HID信号を監視します。

アイコンはWindows 7の通知領域と似たデザインになるようにしましたが、自分のセンスではこれが限界(^^;)

とりあえずアイコンが表示されれば起動完了。

JD-1からのデータを元にキーコードが送信されるようになる。

キーコード等の設定ですが、通知領域のアイコンを右クリックすると…

設定画面の項目が表示される。

設定画面はこんな感じ。設定内容はexeファイルと一緒に入っている[settings.xml]に保存されているんですが、自分にはxmlファイルを出力する方法が分からなかったので、細かい設定はxmlファイルを書き換えることで行うことになる。(気が向いたら実装するかも…)

この画面で設定できるので[動作モード][感度]およびそれらを切り替えるためのボタン設定。

まず[動作モード]ですが、複数のモードを登録することでアプリケーションごとに異なる動作をさせることができる。とりあえず、自分がよく使うソフトを5つほど登録してみました。

動作モードを増やすには[settings.xml]に追記を行うことで可能となっているが、その方法はxmlファイル内に書いてありますので、そちらを参照あれ。

もうひとつ、設定できるのが、[感度]。

[感度]はジョグダイヤルを1クリックさせると何回キーコードを送信するかを設定できる。動画編集でコマ単位の編集を行う際には不要な機能だが、Webブラウザでページをスクロールする際にはジョグダイヤルを回す回数が少なくて済むので手が疲れなくて便利だったりする。

[動作モード]と[感度]の切り替えは変更ボタンを登録しておくことで、設定画面を出さずに行うことも可能。

設定したボタンを押すとこんな感じでバルーンが表示されて変更された内容を知ることができる。

ダウンロード

とまぁ、作成したドライバですが、JD-1が肥やしになってしまっている方もいるかと思いますので公開しておきます。一応、Windows 7 64bit版とWindows XPにて動作することは確認してあります。

Canopus-JD1-JogShuttle-Controller.zip

なお、参考にさせてもらったソースコードを公開しているサイトさんが「改変、再頒布可」としていますので、VBプロジェクトも公開しておきます。使いやすいように改変したり、他のHID機器用のドライバ作成の参考になればと思います。

JogShuttle_Controller_VBProject.zip

お約束

お約束なので書いておきますが、使用して何らかの損害を被っても私は知りません(`・ω・´)キリッ 自己責任でお使いくださいな。ただ、おかしな挙動を示した場合には報告をいただければ今後の改善に役立つかと思いますので、この記事のコメントにでもお願いします。

あと、完全に趣味で作っているものなのでCanopus(現グラスバレー)さんへ問い合わせるとかはおやめ下さいな。

2011/9/5 月曜日

EDIUS Neoでファイルが読み込めない場合の対策

[この方法は応急処置にしかなりません。記事の最後まで読んでから試してください。]

実は、先月からgrass valley(旧カノープス)の動画編集ソフト『EDIUS Neo 2』でファイルを読み込もうとするとこんなエラーが出て困ってました。

ファイルが読み込めないんじゃ、お仕事にならないので対策を調べてみると…

QuickTime のアップデート後、ファイルの読み込みや書き出しに失敗する – grass valley
http://pro.grassvalley.jp/tech/faqid/faq000974.htm

最新版のEDIUS 6とEDIUS Neo 3向けのFAQなのだが、ここに書かれている対策を『EDIUS Neo 2』で試してみたところ解決したので、同じように困っている方向けの書いておきます。

どうやら、8月に公開されたQuickTime 7.7が悪さをしているようで、QuickTime 7.6に戻したところ読み込みができるようになりました。

まず、上のFAQに書かれているように最新版のQuickTime 7.7を削除します。削除は[コントロールパネル]-[プログラムのアンインストール](XPでは[プログラムの追加と削除])で行います。

FAQには『Apple Application Support』と『Apple Software Update』も削除すると書かれていますが、削除しなくてもEDIUS Neo 2の動作には問題なかったです。※注

お次に前バージョンのQuickTime 7.6をダウンロードしてインストールします。

QuickTime 7.6 for Windows – Apple
http://support.apple.com/kb/DL762?viewlocale=ja_JP

ダウンロードは上記のAppleのサポートページから可能です。

あと、インストールすればとりあえず読み込みが復活するはずです。

(※注) ちなみに、これだけだと、QuickTimeを必要とする他のソフトとのバージョン違いにより問題が発生する可能性があります。実際、自分の環境ではiTunesが起動しなくなりました。iTunesのバージョンダウンも必要なのか?(バージョンダウンしてもNGでした)お困りでしたら、とりあえずの応急処置として使ってみてください。

2010/1/2 土曜日

新春!マイPC環境メモ

本当は年末にやるものですよね(^^;)

年末に自分の環境を公開しているブログが多いので自分もやろうかと思ってましたが、風邪でダウンしてしまったのでできませんでした。

というわけで、年明け早速公開!

去年は年末に新たにPC整理と本棚を兼ねたメタルラックを購入しました。

IMG_0319

幅450mmタイプのメタルラックですが、これが一般的なPCケース2個と幅が同じなんですね。下段にPCを収納し、その上にPS3、写真では見えないけど後ろには以前紹介したスキャナやLAN HUB。そのさらに上の段に見えるのはApple Studio Display。

PCには1~3までの番号がふってありますが、それぞれ単純に1号機~3号機と呼んでます。だって、名前とか付けてたらキモイジャン(^^;)

1号機の主要な仕様は…

『自作PC 1号』
[CPU]Pentium 4(Northwood) 2.53GHz@定格
[Memory]DDR 333 512MB×2@定格
[M/B]MSI MS-6533XG-L
[System HDD]IBM IC35L060AVVA07-0 (61.4GB)
[Data HDD]Quantum Fireball Plus AS (40.0GB)
[VGA]ATI Radeon 9500 Pro 128MB
[PCI 1]Canopus DVStrom-RT
[PCI 2]Canopus Power Movie PCI
[PCI 3]Buffalo LGY-PCI32-GT
[OS]Windows XP SP1~3
32bit

こやつの主な使用目的はアナログビデオキャプチャ。古いPCIカードがWindows Vistaで動作しなかったため使用している。懐かしのQuantumのHDDを使ってたりしますが、アナログのSDビデオキャプチャには必要十分なスペックですね。

キャプチャ用の搭載しているボードはCanopusのDVStorm-RTとPower Movie PCI。ただし、Power Movie PCIはほとんど活用されていないのが現状。マザーボードに搭載されているLANコントローラはGigaEtherに対応していないため、PCIにGigaEtherボードを増設している。ジャンクで数枚入手したものだが、安定性は今ひとつなんですよねぇ…

はいじん☆ちゃんねる >> DVStorm-RTもサポート終了
http://haizin.serveblog.net/?p=3094

お次は2号機…

『自作PC 2号』

[CPU]AthronXP 2400+@定格
[Memory]Infineon DDR PC2700 512MB@定格
[M/B]ECS L7VTA Rev1.0 wRAID + IEEE1394
[VGA]ATI Radeon 9000 128MB DDR
[PCI 1]Promise PDC20265
[PCI 2]排気ファン
[PCI 3]Laneed LD-GT32/PCI
[PCI 4]ITE IT8212F
[PCI 5]Promise FastTrak TX2000
[OS]WindowsXP SP3 32bit

[Raid1+0(IT8212F)]Seagate ST380021A×3台 + ST380011A
[Raid1(TX2000)]Seagate ST3120022A + IBM IC35L120AVV207-0

こいつは1年前から仕様は全く変化なし。小容量のHDDを大量に積んでストレージサーバとして使ってましたが、最近はTB単位の大容量HDDが安くなったので全く使用しなくなってしまいました… 今年はファイルサーバからもっと使いやすい仕様に変更する可能性大ですね。

はいじん☆ちゃんねる >> オレのHDD活用術『あり合わせ部品ファイルサーバー』
http://haizin.serveblog.net/?p=789

最後は3号機…

『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]ST3320613AS
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×2(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit

こいつは改修の度にブログに書いてますので、特筆することもありませんが、メインで使用しているPC。Webブラウズから動画編集まで全てこなしている。正直なところ、普段使いとしては消費電力が高いので今年は、アイドル時の省電力化を狙いたい。HD5000シリーズにしたら消費電力下がるかなぁ~。あとは、RAID0構成が怖いのでRAID10構成への変更を行わなければならないかなぁ。

棚の裏側

メタルラックにApple Studio Displayがありましたが、こいつがつながっているのは3台のPCの裏にあるPowerMac G4につながっている。

IMG_0327

以前まで別な用途で使用していましたが、去年引退したのでココにやってきました。どうしてもPowerPCアーキテクチャでなきゃ処理できない事以外は使ってませんねぇ。

PowerMacの上にあるハブは引退したGigaEther Hub。この世代のHubはJumbo Frameに対応して無く、消費電力が現在のものと比べると非常に高いので去年交換しました。ちなみに、このHub、ACアダプタがやたらと壊れやすかったです。3台とも壊れて、自作しました。自分のが偶然壊れやすかっただけかもしれませんが、同じPlanex FXG-08TXをお使いでPowerインジケータLEDが暗くなって安定しなくなった場合はACアダプタを交換してみると治るかもしれませんよ。

机の上

メタルラックの隣の机はと言うと…

IMG_0320

むっちゃキレイ!お正月限定で、あと数日するとお菓子のゴミやら積み本やらで左のPowerBookG4と右のCRT見えなくなるはずです(^^;)

真ん中のメインの21インチLCD『GatewayFPD2185W』は1年で6本もライン抜けが増えてしまいました…

IMG_0323

人間の目って不思議なもので発生した直後は気になったのに、しばらくするとライン抜けが気にならなくなるんですよ(^^)ただし、ピクセル単位で作業するような場合には、さすがに気になるので今年は買い替えだな。

って、いつの間にか今年の衝動買いフラグだらけになってしまった(^^;)去年の目標は「貯金!」って言ってましたが、去年は何とか通帳にお金をためることができました。さあ、今年は… あとでゆっくり考えようwww

2009/5/18 月曜日

DVStorm-RTもサポート終了

トムソン・カノープス、MTVX2004/DVStormなど旧製品のサポートを終了 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090518_169353.html

このブログ謎のDVStorm-RT関連記事人気。そんなにDVStorm-RT人気なの…?と思っているのですが、そのDVStorm-RTを含むトムソン・カノープスの複数製品のサポートが6月末で終了するようです。

とはいえ、DVStorm-RT関連でこのブログを見てる人はもともとサポートは期待していないってことですよね(^^;)

はいじん☆ちゃんねる >> DVStorm-RTを入手しました
http://haizin.serveblog.net/?p=2080

はいじん☆ちゃんねる >> DVStorm-RTの「セットアップ」から「キャプチャ」まで
http://haizin.serveblog.net/?p=2498

はいじん☆ちゃんねる >> Canopus DVフォーマット検証
http://haizin.serveblog.net/?p=2539

はいじん☆ちゃんねる >> DVStorm-RTをWindows2000で使う
http://haizin.serveblog.net/?p=2556

はいじん☆ちゃんねる >> DVStorm-RT + hunuaaでアナログキャプチャ
http://haizin.serveblog.net/?p=2567

ちなみに、最近おなじCanopus製品でPower Movie PCIというアナログキャプチャボードを入手しました。動作検証はまだしてないんですが、近々掲載できればと思ってます。

2009/4/5 日曜日

huffyuv-mtとDV Codecを比較してみる

はいじん☆ちゃんねる >> DVStorm-RT + hunuaaでアナログキャプチャ
http://haizin.serveblog.net/?p=2567

DVStorm-RTとhunuaaCapを用いることでさまざまなコーデックが使用可能だと紹介しました。ここでは、可逆圧縮コーデック「huffyuv-mt」と非可逆圧縮コーデック「DV Codec」を使用し、比較を行ってみました。 (続きを読むなの…)

DVStorm-RT + hunuaaでアナログキャプチャ

はいじん☆ちゃんねる >> DVStorm-RTをWindows2000で使う
http://haizin.serveblog.net/?p=2556

ひとつ前の記事ではDVStorm-RTをWindows2000で使う方法としてhunuaaCapを用いる方法を紹介しました。この記事ではもう少し細かい設定を見てみます。

サイズ・カラーの設定

初期のままだと、キャプチャサイズが320×240になっています。このままだとDVStorm-RTの最大解像度とならないので、これを720×480に変更します。

また、色もフルカラーになっていません。そのため、下の見本のように階調がよくありません。

rgb555

下がフルカラーでキャプチャした場合です。

fullcolor

では、これらの設定を変えていきます。

(続きを読むなの…)

DVStorm-RTをWindows2000で使う

はいじん☆ちゃんねる >> DVStorm-RTの「セットアップ」から「キャプチャ」まで
http://haizin.serveblog.net/?p=2498

昨夜紹介したWindows XPでDVStorm-RTを用いてアナログキャプチャを行う方法ですが、Windows2000ではCanopus DV Captureが使用できないため、NGでした。

そこで、Windows2000でアナログキャプチャする方法を考えてみました。

ハードウェアとドライバのインストール

ハードウェアのインストールからドライバのインストールまでの手順はWindows XPと同じなので、上の記事を参照してください。

キャプチャに使用するソフトウェア

Windows2000で問題となるのはCanopus DV Captureが使えないことでした。そこで、別のフリーソフトで同等の機能が実現できないかと思い、探してみるとこんなのがありました。

hunuaacap

DirectShowキャプチャーソフトhunuaaCap
http://www.moemoe.gr.jp/~hunuaa/

(続きを読むなの…)

2009/4/4 土曜日

Canopus DVフォーマット検証

はいじん☆ちゃんねる >> DVStorm-RTの「セットアップ」から「キャプチャ」まで
http://haizin.serveblog.net/?p=2498

ひとつ前の記事ではCanopus DVStorm-RTでの「キャプチャ」までの手順を紹介しました。実は、その際に用いたCanopus DV Captureは出力するAVIファイルの動画コーデックが選択可能となっている。ここで、そこで選択可能な「Canopusフォーマット」と「MSフォーマット」の違いを検証してみました。 (続きを読むなの…)

2009/4/3 金曜日

DVStorm-RTの「セットアップ」から「キャプチャ」まで

DVStorm-RT

はいじん☆ちゃんねる >> DVStorm-RTを入手しました
http://haizin.serveblog.net/?p=2080

以前書いたDVStorm-RTの記事で「DVStorm-RTのキャプチャ方法を教えてほしい!」とのコメントを頂きましたので、紹介したいと思います。と言っても、自分もジャンクでゲットして来て自己流で構築した方法なので、正しい使い方はもっと詳しい人に聞いてください(^^;)

今回はWindows XP SP2でのセットアップ方法です。DVStrom-RTはVistaのサポートを行っていないようです。自分のDVStrom-RTはハードウェアMPEGエンコーダ「StormEncoder」が搭載されていません。搭載されている場合は何か別な操作が必要になるかもしれません。あと、お約束なので書いておきますが、自己責任でお願いします(笑)

(続きを読むなの…)

次ページへ »

HTML convert time: 0.911 sec. Powered by WordPress