2010/5/5 水曜日

X-bitの500GB HDD比較ベンチマーク

500 GB Hard Disk Drives Roundup – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/500gb-hdd-roundup.html

X-bit labsに恒例?のHDD比較ベンチマークが掲載されていました。(←もはや定型文)今回の対象は500GB 3.5インチHDD。

HGST

Deskstar 7K1000.C: HDS721050CLA362 (500GB/platter)

Samsung

EcoGreen F2: HD502HI (500GB/platter)
SpinPoint F3 : HD502HJ (500GB/platter)

Seagate

Barracuda LP: ST3500412AS (500GB/platter)
Barracuda 7200.11 : ST3500320AS (250GB/platter)
Barracuda 7200.12 : ST3500418AS (500GB/platter)

Western Digital

Caviar Black : WD5001AALS-00L3B2 (334GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00A7B2 (334GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00M9A0 (500GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00V1A0 (500GB/platter)
Caviar Green : WD5000AACS-00ZUB0 (250GB/platter)
Caviar Green : WD5000AADS-00S9B0 (500GB/platter)

今更500GB?と最初は思いましたが、異なる世代・回転数・プラッタでの比較には最適な容量ですね。

それにしても、SpinPoint F3はやはり速いですねぇ… 消費電力は… あれっ?意外にも回転数が高いBarracuda LPが低い?!

2010/4/21 水曜日

X-bitのHDD比較ベンチマーク 今回は1TBと2TB

Roundup: New Hard Disk Drives with 1 TB and 2 TB Storage Capacities – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/1tb-2tb-roundup-2.html

X-bit labsに新たなHDD比較ベンチマークが掲載されていました。今回の対象は1TBと2TBの3.5インチHDD。比較対象は…

HGST

Deskstar 7K1000.C: HDS721010CLA332, 1 TB(500GB/platter)

Samsung

EcoGreen F3: HD203WI, 2 TB(500GB/platter)

Seagate

Barracuda LP: ST32000542AS, 2 TB(500GB/platter)
Barracuda XT: ST32000641AS, 2 TB(500GB/platter)
Constellation ES: ST31000524NS, 1 TB(500GB/platter)

Western Digital

Caviar Black: WD1002FAEX-00Z3A0, 1 TB(500GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00J7B0, 1 TB (334GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00E8B0, 1 TB(334GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00E3A0, 1 TB(500GB/platter?)
Caviar Green: WD20EARS-00S8B1, 2 TB(500GB/platter)

前回の1TB比較ではSeagateが比較されておらず、(´・ω・`)ショボーンとなっていましたが、今回はSeagateのニアライン向けConstellation ESまで登場。Constellation ESシリーズのベンチマークは初では?Western DigitalのWD1001FALSはプラッタ容量違いなどのサブシリーズ3モデルまで比較しています。

結果で一つ謎なのが、Western DigitalのWD20EARSのアイドル消費電力がやたらと高いこと。WD1001FALS-00E3A0もそうですが、5Vラインでの消費が高いんですよね。コントローラ等に何か秘密があるのか?

2010/3/10 水曜日

X-bit恒例(?)の3.5インチHDDベンチマーク 今回は1TB

Terabyte Hard Disk Drives Roundup: Round Three – X-bit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/1tb-hdd-roundup-3.html

X-bit恒例(?)の3.5インチHDD比較ベンチマークが新たに掲載されていました。今回の対象は1TBモデル。1TBモデルは今回で3回目。前回は334GBプラッタがメインでしたが、1年が経過し、メインは500GBプラッタに移行。今回登場するのは…

HGST

Deskstar 7K1000.B : HDT721010SLA360 (334GB/platter)
Deskstar 7K1000.C : HDS721010CLA332 (500GB/platter)

Samsung

SpinPoint F1 : HD103UJ (334GB/platter)
EcoGreen F2 : HD103SI (500GB/platter)
SpinPoint F3 : HD103SJ (500GB/platter)

Western Digital

Caviar Black : WD1001FALS-00J7B0 (334GB/platter)
Caviar Black : WD1001FALS-00E8B0 (334GB/platter)
Caviar Green : WD10EADS-00M2B0 (500GB/platter)
Caviar Green : WD10EADS-00P8B0 (500GB/platter)
Caviar Green : WD10EARS-00Y5B1 (500GB/platter)

Western DigitalからはAdvanced Formatに対応したWD10EARSも登場。

さらに、実在しないのでは?と噂されている『WD10EADS-00P8B0』も登場。Western DigitalがCaviar Greenの5,000rpmモデルと言うのを以前発表していた記憶がありますが、これのことだったのでしょうか?(当時は約5000rpmと言う意味だと解釈してましたが…)

って、あれっ?Seagateは?(´・ω・`)ショボーン

2010/2/10 水曜日

Western Digital初のSATA 6Gbps HDDが本日発売

「安いんで買ってみようかな」 – エルミタージュ秋葉原
http://www.gdm.or.jp/voices_html/201002/0901.html

エルミタージュ秋葉原に掲載された某ショップ店員さんの声によると、Western Digital初のSATA 6Gbps対応HDD『WD1002FAEX』が今日発売になるとか。仕様は昨日書いた記事を参照してください。

はいじん☆ちゃんねる >> WD Caviar Blackの6Gbps対応モデルが登場
http://haizin.serveblog.net/?p=6486

安いので瞬殺の予感…

追記 : 2010/02/11 01:27

WesternDigital「WD1002FAEX」発売! SATA 6Gbps対応の1TB、1万円強 – アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/pc/1002/10/194500.php

発売開始を確認。

2010/2/8 月曜日

WD Caviar Blackの6Gbps対応モデルが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 10:48:10

WD1001FAES, WD1002FAEX and WD10EALS appear – XtremeSystems
http://www.xtremesystems.org/forums/showthread.php?p=4230831

よっちゃんのチラ裏さん経緯知りましたが、Western DigitalのCaviar Blackの新モデルが出たようで、すでに公式製品情報にも掲載されています。

(製品情報)WD Caviar Black – Western Digital
http://wdc.com/en/products/products.asp?DriveID=792

製品情報によると新たに追加になったのは1TBモデルの『WD1002FAEX』。キャッシュ容量が64MBに倍増しており、インターフェースはWestern Digital初のSATA 6Gbpsに対応。デュアルプロセッサなどの特徴はこれまでのCaviar Blackと同様。

また、この他にCaviar Blueの新モデルも追加されているのを確認しました。

(製品情報)WD Caviar Blue – Western Digital
http://wdc.com/en/products/Products.asp?DriveID=793

こっちで追加されたのは1TBモデル『WD10EALS』。これまで640GBが最大容量だったメインストリームのCaviar Blueの容量更新ですね。キャッシュ容量は倍増し32MBに。

この他、公式製品情報にはまだ掲載されていませんが、XtremeSystemsに掲載されている写真では『WD1001FAES』なるモデルの存在も確認できる。どうやら、Western Digitalの外付けHDD『MyBook 3.0』を分解したところ、出てきたとか。正式な情報ではないので、はっきりとはわかりませんが、『WD1002FAEX』との違いはインターフェースがSATA 3Gbpsになっていることのようです。

2010/1/12 火曜日

大容量2TB HDD比較ベンチマーク

2 TB Hard Disk Drives: Now at 7,200 RPM – X-bit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/2tb-7200rpm.html

定番?X-bitの新しいHDD比較ベンチマークが掲載されていました。

今回は2TBモデル!比較対象は…

  • Hitachi Deskstar 7K2000: HDS722020ALA330
  • Seagate Barracuda LP: ST32000542AS
  • Seagate Barracuda XT: ST32000641AS
  • Western Digital Caviar Green: WD20EADS-00R6B0
  • Western Digital Caviar Black: WD2001FASS-00U0B0
  • Western Digital RE4: WD2003FYYS-01T8B0

前回の3.5インチの大容量対決は2009年8月に掲載されていましたが、当時は2TBモデルはST32000542AS、WD20EADS、WD20EVDS、WD2002FYPSの5,000rpm台のみでしたが、今回は新たに7,200rpmの『Deskstar 7K2000』『Barracuda XT』『Caviar Black』シリーズも登場。まさに頂上決選。

さらにBarracuda XTはSATA 6Gbpsでの性能を検証するためASUSの『PCIE GEN2 SATA6G』でもベンチマークが行われています。

大容量かつ高速なストレージをお探しでしたら参考にしてみてはいかがでしょうか?

2009/10/30 金曜日

同じ500GBプラッタでもやっぱり違うのか?!

Samsung製ハードディスク「HD103SJ」の速さに驚き! – ドスパラ パーツの犬
http://partsdog.dospara.co.jp/archives/51954616.html

以前もベンチマーク記事を紹介しましたが、SamasungのSpinpoint F3シリーズのベンチマークがドスパラの『パーツの犬』で公開されていました。

同じ500GBプラッタを採用したSeagate Barracuda 7200.12シリーズではサステイン転送レートが実測で130MB/s程度ですが、Samsung Spinpoint F3の1TBモデル『HD103SJ』は150MB/s程度出てますねぇ。

はいじん☆ちゃんねる >> Spinpoint F3のベンチマーク記事
http://haizin.serveblog.net/?p=4682

以前紹介したベンチマークでもやたら性能が高くて、謎でしたが、確かに速いようですねぇ。

実は、Western Digital Caviar Blueの500GBプラッタ採用のWD5000AAKS-00V1A0も150MB/s前後出るようなんですよねぇ。

昨日、Western Digital Caviar Black WD2001FASSのベンチマーク記事でSeagateの500GBプラッタは記録密度が341.5Gb/inch²とWestern Digitalの400Gb/inch²よりも低いことを書きましたが、ここで違いがあるんですかねぇ。もしかして、Seagate以外の500GBプラッタ7200rpmの登場が遅かったのはココが影響していたのか?

2009/10/29 木曜日

CaviarBlack 2TB WD2001FASSのベンチマーク記事 その2

Western Digital’s Caviar Black 2TB hard drive – THE TECH REPORT
http://techreport.com/articles.x/17812/

THE TECH REPORTにWestern DigitalのCaviar Black 2TBモデル『WD2001FASS』のベンチマークが掲載されていました。

ほとんどのベンチマークでWD2001FASSが最速。ただし、動作音と消費電力も大きめのようですね。

はいじん☆ちゃんねる >> CaviarBlack 2TB WD2001FASSのベンチマーク記事
http://haizin.serveblog.net/?p=4674

以前、bit-tech.netが掲載していたベンチマークではWD2001FASSの新技術の一つである『デュアルアクチュレータ』の効果が見れませんでしたが、今回のベンチマークでは、確かにランダムアクセス性能は高いようですが、一世代前のCaviar Black 1TBモデル『WD1001FALS』とほとんど変わらないようなので、『デュアルアクチュレータ』によるものではなく、『デュアルプロセッサ』による効果のような感じがしますねぇ。

今まで気づきませんでしたが、同じ500GBプラッタでもWestern Digitalのものは記録密度が400Gb/inch²でSeagateの341.5Gb/inch²よりも高いんですね。

2009/10/6 火曜日

Spinpoint F3のベンチマーク記事

Samsung Spinpoint F3 1TB Review – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/hardware/storage/2009/10/06/samsung-spinpoint-f3-1tb-review/

Samsung EcoGreen F2 1.5TB Review – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/hardware/storage/2009/10/05/samsung-spinpoint-f3-1-5tb-review/

先日、WD Caviar Blackの2TBモデル『WD2001FASS』のベンチマークを行っていたbit-tech.netが新たにSamsung Spinpoint F2の1.5TBモデル『HD154UI』とSpinpoint F3の1TBモデル『HD103SJ』ベンチマークを行ってました。

Spinpoint F2の方は真新しさはないですが、Spinpoint F3は正直なところ存在自体忘れてました(^^;)

はいじん☆ちゃんねる >> 500GBプラッタ採用のSpinpoint F3が発表
http://haizin.serveblog.net/?p=4253

そういえば7月30日に発表されていましたね。見かけないけど、発売はされていないのかな?

そのSpinpoint F3ですが、HDTach 3.040では同じく7200rpmで500GBプラッタを採用したSeagate Barracuda 7200.12やWestern Digital WD Caviar Blackを上回る結果を出してますね。IOMeterではいま一つふるわない結果になってますが、Windows VistaやCrysisの起動時間が速いことから、実際にBarracuda 7200.12やCaviar Blackよりも速いのかもしれませんね。

2009/10/3 土曜日

CaviarBlack 2TB WD2001FASS発売になってた!

2TB/7200rpmで4枚プラッターとなるWD製「WD2001FASS」がデビュー! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/465/465095/

ついさっき、WD2001FASSのベンチマーク記事があって喜んでましたが、すでに発売になっていたようですΣ(゜д゜lll) 7200rpmの2TBとしては初の500GBプラッタ採用。

まぁ、詳しいことは以下を参照してください(^^;)

はいじん☆ちゃんねる >> CaviarBlack 2TB WD2001FASSのベンチマーク記事
http://haizin.serveblog.net/?p=4674

はいじん☆ちゃんねる >> 最速・最高容量 WD CaviarBlack 2TBモデル正式発表!
http://haizin.serveblog.net/?p=4504

次ページへ »

HTML convert time: 0.805 sec. Powered by WordPress