2009/1/15 木曜日

Seagate Cheetah 15.7発表

Seagate、最大容量600GBの15,000rpm SAS HDD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0114/seagate2.htm

ほとんどの人が目にすることは無い品ですが、Seagateの新15,000rpm HDD『Cheetah 15.7』が発表されました。前モデル『Cheetah 15.6』では最大容量は450GBでしたが『Cheetah 15.7』では600GBに。インターフェースはSAS(Serial Attached SCSI)とFiberChannelとなっている。

回転数が15,000rpmと一般的なHDDの7,200rpmの2倍となっている。自分もSeagateの古い15,000rpm HDDを使用していますが、動作音はハンパなくうるさく、消費電力もかなり凄いです。しかし、性能は数世代前とは思えないものです。最近のは消費電力が大幅に減っていて動作音も静かになってるらしいですからねぇ。一回見てみたいものです。

ちなみに、シークタイムは3.8ms!シークタイムはプラッタ半径に依存するので通常の3.5インチHDDより速いのは当然ですが、それにしても凄い!

HTML convert time: 0.533 sec. Powered by WordPress