2009/7/15 水曜日

P55マザーではSATA 6Gbpsは見送られるのか?!

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:45:27

Marvell 88SE9123 SATA 6G Chips to be pulled from P55 boards – Bright Side Of News
http://www.brightsideofnews.com/news/2009/7/14/marvell-88se9123-sata-6g-chips-to-be-pulled-from-p55-boards.aspx

Marvell SATA 6Gbps Chip to be Removed from P55 boards – Expreview
http://en.expreview.com/2009/07/15/marvell-sata-6gbps-chip-to-be-removed-from-p55-boards.html

Marvell chip problems could sink SATA 6Gbps on P55 boards – The Tech Report
http://techreport.com/discussions.x/17219

6月に開催されたCOMPUTEX 2009でGigabyteとASUSがSerial ATA revision 3.0 (SATA 6Gbps)に対応したマザーボードを公開していましたが、採用しているコントローラチップ「Marvell 88SE9123」がPCI Express 2.0 ×1接続(500MB/s)でした。このため、SATA 6Gbpsの真の力が発揮できないとされていました。

はいじん☆ちゃんねる >> SATA 6Gbpsの本領発揮にはまだ先?
http://haizin.serveblog.net/?p=3277

今日になって、GigabyteとASUSがIntel P55マザーボードにおける「Marvell 88SE9123」の採用を見送るとの情報が出てきました。また、Intel以外のAMDとNVIDIAのチップセットではSATA 6Gbpsにネイティブで対応するため、別途コントローラチップは不要になるようです。

他のコントローラチップを用いるのかIntelチップセット搭載マザーではSATA 6Gbpsを見送るかに注目ですね。

2009/6/9 火曜日

今度はGigabyteの工場見学の記事

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:35:28

Gigabyte factory tour: see how 3 million motherboards are made – HEXUS.net
http://www.hexus.net/content/item.php?item=18759

昨日はPCケースメーカー「In-Win」の工場見学の記事がありましたが、今日はGigabyteの工場見学の記事がありました。台湾でイベントがあると産地密着って感じですね(^^)

やはり手作業によるところが大きいんだなぁ~と思いきや、一番手作業でよさそうなダンボール箱のテープ貼りは機械で自動でした(笑)

2009/6/7 日曜日

SATA 6Gbpsの本領発揮にはまだ先?

ASUS P6X58 sports both SATA 3 and USB 3.0 – NordicHardware
http://www.nordichardware.com/news,9433.html

First SATA 6Gbps chipset is likely bottlenecked – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/news/hardware/2009/06/04/first-sata-6gbps-chipset-is-likely-bottlene/

COMPUTEX 2009でGigabyteやASUSからSerial ATA revision 3.0 (SATA 6Gbps)に対応したマザーボードが発表されましたが、これらのマザーボードでは本領が発揮できないようです。その原因が、SATA 6Gbpsのコントローラチップの採用されているSilicon Image製(追記参照)コントローラチップがPCI Express ×1で接続されていることによるようです。

SATA 6Gbpsでは理論上最大転送が600MB/sとなっている。しかし、PCI Express 1.1は1レーンで250MB/sとなっている。

NordicHardwareでは「ASUSのデモでは337MB/s出てたのは何故?」と書かれてますが、PCI Express 2.0であれば1レーンでも500MB/s出るからなのでは?と思うのですが…

ちなみに、PCI Express 2.0であっても、500MB/sですので、SATA 6Gbpsの600MB/sには及ばないため、ここがボトルネックになってしまうようです。来年登場すると言われているPCI Express 3.0では1000MB/sになるようですが、現在のところ、SATA 6Gbpsの本領を発揮するにはPCI Express ×2または×4以上が必要とのこと。

追記:2009/06/09 01:12

【COMPUTEX Taipei 2009】Serial ATA 6GbpsやUSB 3.0対応機器を各メーカーが公開 – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090608/1015888/

会場で見かけた印象的なPCパーツ ~PCB1枚のGTX295やSATA 6Gbps関連の話題など – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20090608_280572.html

NordicHardwareの記述をもとにSilicon Image製のコントローラチップを採用と書きましたが、どうも間違いのようで、ASUS・Gigabyteともに「Marvell 88SE91XX」を採用していたようです。Silicon ImageからはSATA 6Gbpsの製品は発表されている情報はなく、今回はSATA 3Gbps対応のPort Multiplierチップ「SteelVine Series 3」のデモのみだったようでう。

PC Watchの記事には「Marvell 88SE91XX」のブロックダイヤグラムの写真も載っており、PCI Express 2.0 ×1接続になっていることがわかります。やはり、5Gbpsが限界のようですね。

追記:2009/06/20 00:01

ASUS does SATA 6Gbps justice with Marvell controller – Nordic Hardware
http://www.nordichardware.com/news,9500.html

Nordic HardwareにASUSのマザーボードに搭載されているコントローラはMarvell製だったという記事が掲載されていました。

Fusion-ioからPCIe x4接続SSD登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 17:59:53

Fusion-io Reveals PCIe-Based ioXtreme Solid-State Drive with “Fatal1ty”. – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/news/storage/display/20090605043941_(中略).html

Fusion-io and Fatal1ty team to bring ioXtreme PCIe SSD – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=26999&catid=2

すでに、PhotoFastからPCI Express ×8接続のSSDが発売されていますが、Fusion-ioから新たにPCI Express ×4接続のSSDが発表されました。

容量は80GBとなっており、MLC(Multi-Level Cell)を採用している。転送レートは平均で520MB/s、バースト転送時で617MB/sとなるとか。注意が必要なのが、対応OSが64bit版のWindowsまたはLinuxのみとなっていること。

TechConnect Magazineに写真も掲載されていますが、これまでのPCI Express接続SSDとはことなり、シングルスロットで利用可能となっている。これならSLIかCrossFire構成のGPUでも利用できそうですね。さすが、プロゲーマーと共同開発(^^)

ちなみに、CeBIT 2009でOCZが展示していたPCI Express ×8接続のSSD「Z Drive」ですが、SLIの利用時に不便だろうということで、製品化中止になったようです。

[COMPUTEX]OCZ,Z Driveをキャンセルし,3.5インチ&1TBモデルのSSDを投入へ – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/017/G001762/20090605001/

2009/6/6 土曜日

復活!今週のPC関連まとめ!

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:37:13

今週はテンヤワンヤの忙しさで、更新どころか、全くネットに接続すらしてませんでした(T T)世間はCOMPUTEXで大盛り上がりだったというのに…

今日、ようやくネットへの復活を果たしたのだが、いろいろ出てますね。最近忘れっぽいので記録も兼ねて、気になるものをまとめてみました。

Windows 7 の発売日が決定

Microsoft、Windows 7を10月22日に発売 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090603_212249.html

次世代OSのWindows 7の正式な発売日が今年の10月22日に決定したようですね。こんなに順調に進んだのは初めて(^^;)?

6コアOpteron

AMD、6コアのOpteron 2400/8400シリーズ – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090602_212146.html

AMDが6コアOpteronのIstanbulを正式発表 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20090602_212130.html

日本AMD、IstanbulやAthlon II X2ほかの製品を発表 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090604_212385.html

AMDのサーバー向けOpteronシリーズに6コアの「Opteron 2400」と「Opteron 8400」シリーズが追加に。2400シリーズは2way、8400シリーズは8way向けとなる。

まだ、詳しく調べてないですが、L1・L2キャッシュがそれぞれ6コア分あり、L3キャッシュが共有されているところをみると、AMDのいう「ネーティブ」ヘキサコアCPUのようですね。

PC向けのCPUでも近々ヘキサコアが登場するかもしれませんねぇ~。

Phenom II & Athlon II

一挙にラインナップが拡充されたPhenom IIを試す – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20090602_212021.html

95W TDP版が来週発売に「Phenom II X4 945」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20090602_170459.html

AM3のデュアルコア、Athlon II X2、Phenom II X2をテスト – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090603/1015763/

AMDが新CPU5モデル発表、AM3で1万円切る「Athlon II」など – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090602/1015710/

Phenom IIに3つの新モデルとSocket AM3に対応したAthlon IIシリーズが登場。

  • Phenom II X4 905e
  • Phenom II X3 705e
  • Phenom II X2 550 Black Edition
  • Athlon II X2 250

なんだか、モデル名が複雑になってきたような気が。Phenom IIにデュアルコアが追加になり、デュアルコアにはPhenom IIとAthlon IIの二つのシリーズが存在することに。Athlon IIはIntelで言うところのPentium Dual-Coreシリーズって感じでしょうかね?

Core i7 新モデル

Intel、Core i7-975などを価格表に追加 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090603_212298.html

Core i7の最高クロックを更新「Core i7-975 Extreme Edition」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20090603_170331.html

Core i7に新モデル追加、3.33GHzの「975 Extreme Edition」など – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090603/1015742/

Core i7 965 Extreme EditionとCore i7 940の生産終了の発表があったときから登場するのでは?と噂されていたCore i7の新モデルが発売になりました。

Intel P55

【COMPUTEX Taipei 2009】新CPUに廉価版登場―Intel、Nehalemのメインストリーム版に言及 – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090603/1015764/

【COMPUTEX Taipei 2009】GIGABYTE、Serial ATA 6Gbps対応マザーボードを公開 – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090602/1015739/

【COMPUTEX Taipei 2009】MSI、P55搭載マザーボードを3製品公開 – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20090604/1015792/

まだ名称についての正式発表はないですが、Core i5になるのでは?と言われている開発コード名Lynnfieldに対応する Intel 5 Series Chipsetが発表され、マザーボードの展示も行われていたようですね。

Intelのチップセットの機能ではないですが、先日発表されたSerial ATA Rev 3.0に対応したマザーボードも登場するようですね。

PSP go

SCE、UMDを省き小型化した「PSP go」を発表 – AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090603_212230.html

PC関連でもないけど、キニシナイ(゚ε゚ )発表の1週間ほど前から流出画像で盛り上がっていたSonyの携帯ゲーム機「PSP」の新モデル「PSP go」が正式に発表されました。驚きなのが、光ディスク「UMD」ドライブが無くなったことですね。いよいよ、ゲーム機もネット配信の時代なんですねぇ。ファミコンのカセットをフーフーやってた時代が懐かしい(^^;)

2009/1/15 木曜日

Atom N280と謎のチップセットGN40

2009 International CESでASUSTeKの新Netbook『Eee PC 1004DN』に搭載されていたAtom N280と謎のチップセット『GN40』。

CES 2009 – 未発表のAtom CPUと謎のチップセットを搭載したネットブックが出展中 – マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/01/10/ces08/

Atom N280は型番からわかるとおり、現在多くのNetbookで採用されているN270の後継だろうけど、GN40のほうは完全に謎でした。そのN280とGN40についての情報が出てきました。

Intel Atom N280+GN40 chipset netbooks to be launched during Computex 2009 – OCWORKBENCH
http://my.ocworkbench.com/bbs/showthread.php?p=442727

Atom N280はやはりN270の後継のようで、FSBが533MHzから667MHzに向上しており、動作クロックも1.60GHzから1.66GHzにあがっている。60MHzですから、ほとんど誤差のような気もしますね(^^;)

むしろ注目すべきは謎のチップセット『GN40』のほうでしょう。どうやら正体はIntelの製造するAtom N280と組み合わされる専用チップセットのようですね。G45をベースにしているため、動画再生支援が適用できるようなので非力なAtomでも安心して動画再生が楽しめそうですね。

ちなみに、発表はComputex 2009でってことになってます。Computexは今年も6月に台湾で開催されますが、過去最大規模になるって話なのでAtomに限らず色々と楽しみですね。

追記 (2009/01/15 02:12)

マイコミジャーナルに掲載されているEeePC 1004DNの画像よく見るとメモリの動作クロックなんだか変ですね。こんな中途半端な値で動作するのか?

HTML convert time: 0.711 sec. Powered by WordPress