2010/7/11 日曜日

Seagateの外付け3TBの中身はBarracuda XT

Hands-On: The Seagate FreeAgent GoFlex Desk 3TB external hard drive – CrunchGear
http://www.crunchgear.com/2010/07/01/hands-on-the-seagate-freeagent-goflex-desk-3tb-external-hard-drive/

先日、Seagateから発表された3TBの外付けHDD『FreeAgent GoFlex Desk (STAC1000100)』。3.5インチHDD単体としては世界初の3TBを実現したHDDを内蔵とのことでしたが、その『STAC1000100』を分解して内蔵しているHDDを確認した記事がありました。

記事によると、内蔵しているHDDはSeagate 『Barracuda XT』シリーズの3TBモデル『ST33000651AS』。

Look out for 3TB enterprise hard drives from Seagate – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/18865

Seagateは年内に『Constellation ES』の3TBモデルを出荷すると発表していましたが、一足先に『Barracuda XT』から登場したようですね。

CrunchGearの記事では『ST33000651AS』をSATAインターフェースに直接接続してHD Tune Pro 4.01でベンチマークを行っていますが、それによると…

  • Average read: 129.7 MB/s
  • Average write: 127.7 MB/s
  • Access time: 11 ms

といった結果となっている。

ちなみに、750GBプラッタ採用との情報が流れているようですが、型番(ST33000651AS)からは5プラッタモデルとなっていることがわかる。HD Tuneの結果から750GBプラッタ採用にしては性能が低い感じがしますので、おそらくは640GB前後のプラッタを採用しているのではないでしょうか?

2010/4/21 水曜日

X-bitのHDD比較ベンチマーク 今回は1TBと2TB

Roundup: New Hard Disk Drives with 1 TB and 2 TB Storage Capacities – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/1tb-2tb-roundup-2.html

X-bit labsに新たなHDD比較ベンチマークが掲載されていました。今回の対象は1TBと2TBの3.5インチHDD。比較対象は…

HGST

Deskstar 7K1000.C: HDS721010CLA332, 1 TB(500GB/platter)

Samsung

EcoGreen F3: HD203WI, 2 TB(500GB/platter)

Seagate

Barracuda LP: ST32000542AS, 2 TB(500GB/platter)
Barracuda XT: ST32000641AS, 2 TB(500GB/platter)
Constellation ES: ST31000524NS, 1 TB(500GB/platter)

Western Digital

Caviar Black: WD1002FAEX-00Z3A0, 1 TB(500GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00J7B0, 1 TB (334GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00E8B0, 1 TB(334GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00E3A0, 1 TB(500GB/platter?)
Caviar Green: WD20EARS-00S8B1, 2 TB(500GB/platter)

前回の1TB比較ではSeagateが比較されておらず、(´・ω・`)ショボーンとなっていましたが、今回はSeagateのニアライン向けConstellation ESまで登場。Constellation ESシリーズのベンチマークは初では?Western DigitalのWD1001FALSはプラッタ容量違いなどのサブシリーズ3モデルまで比較しています。

結果で一つ謎なのが、Western DigitalのWD20EARSのアイドル消費電力がやたらと高いこと。WD1001FALS-00E3A0もそうですが、5Vラインでの消費が高いんですよね。コントローラ等に何か秘密があるのか?

2010/2/20 土曜日

待ってました!Seagate 『Constellation』シリーズが発売。

エンタープライズ向けのSeagate製HDD「Constellation」シリーズ – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/500/500891/

Seagateから製品発表があって、ちょうど1年。『Constellation』シリーズがようやく発売になったようです。

ASCII.jpによると2.5インチHDDの『Constellation』と3.5インチHDD『Constellation ES』の両方の発売が確認されたようです。ただし、発売になったのはSATA 3Gbpsを採用するモデルのみ。

『Constellation』はニアライン向けの2.5インチHDDで回転数は7,200rpm、ドライブの厚みは一般的なノート向け2.5インチHDDよりも厚めの14.8mmとなっている。キャッシュ容量はモデルにより異なり、32MBと16MBのモデルがある。インターフェースはSATA 3Gbpsまたは6Gb/s SASで、SAS採用モデルには自己暗号化機能を搭載したものもある。

『ST9500430SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST9500431SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化

『ST9500530NS』 : 容量500GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps
『ST9160511NS』: 容量160GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps

『Constellation ES』はニアライン向けの3.5インチHDD。回転数は7,200rpmでキャッシュ容量はモデルにより16MB、32MB、64MBとなっている。インターフェースについては『Constellation』と同様。なお、Western Digitalのエンタープライズ向け『RE4』シリーズと同様にデュアルプロセッサとなっている。

『ST32000444SS』 : 容量2TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST32000445SS』 : 容量2TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化
『ST31000424SS』 : 容量1TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST31000425SS』 : 容量1TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化
『ST3500414SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST3500415SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化

『ST32000644NS』 : 容量2TB / キャッシュ64MB / SATA 3Gbps
『ST31000524NS』 : 容量1TB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps
『ST3500514NS』 : 容量500GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps

ちなみに、いずれも4KiBセクタは採用せず、これまでのHDDと同様512バイト(程度)となっている。

ようやく出たかって感じですが、Barracudaシリーズの反省を生かして十分練りこんできたんでしょうかね?気になるのは『Barracuda ES』シリーズの行方。明らかにターゲットがかぶっていると思うんですが、リネームと思っていいのでしょうかね?

はいじん☆ちゃんねる >> Seagateニアライン用2TB HDD
http://haizin.serveblog.net/?p=1743

2009/2/3 火曜日

Seagateニアライン用2TB HDD

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:21:53

実際に出荷されるのはまだ先のようですが、Seagateが2TBのニアライン用2TB HDDを発表したようです。どうやら(発売されたわけではないですが)7200rpmの2TBは初のようです。

Seagate announces 2TB enterprise hard drive – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/16343

Seagate® Introduces Constellation™ – Seagate
http://www.seagate.com/ww/v/index.jsp?locale=en-US&name=null&vgnextoid=c7712f655373f110VgnVCM100000f5ee0a0aRCRD

SATAとSAS版があると書いてあったので、最初はBarracudaESシリーズなのかと思いましたが、Constellationシリーズでした。新シリーズですね。

Constellationが2.5インチで最大500GB、Constellation ESが3.5インチで最大2TBとなるもよう。特徴としては低消費電力かつ高性能なニアライン向け製品とのこと。「低消費電力かつ高性能」というところでWesternDigitalのCaviar Greenと差別化を図るようですね。

HTML convert time: 0.950 sec. Powered by WordPress