2013/6/3 月曜日

【社会科見学】理化学研究所 計算科学研究機構【京速計算機】

久しぶりの更新!死んでないですよ!

先日、出張の帰りが神戸空港になって、フライトまで時間があったのでポートアイランドにある『理化学研究所 計算科学研究機構』に行ってみました。この名称だと「なんじゃそりゃ?」と思う方もいるかと思いますが、数年前に「2位じゃダメなんでしょうか?」で話題になった『京コンピュータ』が設置されている研究所です。

空港へ向かう『ポートライナー』の『京コンピュータ前 駅』で下車。

駅名がそのまんまなので間違えることはないですね。

IMG_9499

降りた瞬間「?」と思う。

そろそろ帰宅ラッシュ時間のはずだが、無人駅な上に、周辺人っ子一人歩いてない…

どうやら、まだまだ未開の地のようで空き地ばっかりのところでした。

IMG_9360

歩いてすぐのところにあるのが『理化学研究所 計算科学研究機構』

IMG_9474

中に入ると「京」の文字がお出迎え。

K_entrance

見学者が来るのが珍しいのか、守衛さんがものすごく親切に見学展示の範囲を教えてくださいました。

IMG_9467

展示スペースはこんな感じ。

行く前に事前に簡単な展示があるという情報は得ていたので、あまり期待はしてませんでしたが、30分くらいは時間が潰せました。

IMG_9471

これが一番の楽しみだったのですが、実物の「計算ノード」が展示されていました。

残念ながら赤い筐体にあらず。赤いほうが速そうなのに…

この筐体に24枚のシステムボードが入っていて重さは約1トンあるとか。

IMG_9439

システムボードは1枚ずつ水冷で冷却されている。

写真では分かりずらいかもしれないが、実はシステムボードはラックに平行に入っておらず13度ほど斜めに入っている。空気の流れる空間を確保するとこで、1ラックにより多くのシステムボードが搭載可能になっているとか。知りませんでした…

IMG_9433

こちらは中段のIOシステムボード(手前上)と電源ユニット(中央奧)とシステムの監視を行うシステムプロセッサボード(電源の下)。ほとんどの部品が稼働中に取り換え可能なHotSwapに対応していて、可能な個所にはオレンジ色のシールで取り外せることが明記されていました。

IMG_9436

システムプロセッサボードの下にはOSを格納するHDDを搭載する2Uシャーシが入っていました。残念ながらHDD自体は抜かれていました。

IMG_9443

裏はこんなかんじ。カバーがかかっていて中がよく見えなかったが…

IMG_9445

使ってる冷却ファンはアレですね。さすがです。( ̄ー ̄)ニヤリッ

展示スペースの入り口には建物全体の模型がありました。

IMG_9446

なかなか精巧にできていて、赤いボタンを押すと…

IMG_9449

建物が割れて、内部が見えるようになってました。赤い筐体が並んでる!

IMG_9452

なんと、単眼鏡が準備されていて、奥のほうまで細かく作られているのが見えました。

さて、展示スペースの奥のほうがどうなっているかというと…

IMG_9362

それほど広くはなく、技術紹介や実際に『京』を使用した研究が紹介されていました。

IMG_9401

トーラスインターコネクションの模型ですね。

大学の学部の情報工学で習った記憶もあるが、間違いなく寝てたので、どうすごいのかは全く覚えていない!どっか壊れても反対周りで通信できるんだっけか?

ちなみに、それぞれの球は…

IMG_9403

中が細かっ!

そして、こちらがシステムボードの実物。

IMG_9388

IMG_9390

こんな感じに、どこがどのパーツがわかるようになってました。

それぞれのパーツの単体も展示されていて…

IMG_9385

こちらがCPUのSPARC64 VIIIfx。

普段見慣れているCore iとかのダイと比べるとデカい!

IMG_9379

後工程前のウェハも!ダイが大きいと円周部で無駄になる量もすごいですね。

IMG_9384

こいつがインターコネクトコントローラ(ICC)。システムボード間で通信するヤツですね。

IMG_9399

そして、みなさんお待ちかね(?)、メモリです。MicronのDDR3ですね。

ちなみに、実際の『京』の展示ですが…

IMG_9422

ここのガラス張りから覗くことができる。

IMG_9369

と言っても、よく写真で見えるズラーと赤い筐体が並んでいる光景ではなく、赤い筐体は説明のためのこれ一台。

IMG_9367

通常の見学でみられるのは計算ノードが並んでいるフロアではなく、ファイルシステムがズラーっと並んでいるフロアだけとなっている。

IMG_9364

こちらがそのファイルシステム群。

IMG_9365

ちょうど、目線の高さにフリーアクセスの床が来ていて、床下の配線がビッシリなのが見えたりしてこれはこれで面白い。

とまぁ、本体が見れないのは事前に知っていましたが、ちょっと残念ですね。

これで、展示内容をザザッと載せましたが、最後に外にあるオブジェについて…

IMG_9483

『京』が完成した際にニュースで紹介されていたので、これが計算機の基本である「そろばんの珠」を縦に並べていることを知っている方は多いと思います。

自分も、現地で近くで見て初めて知ったんですが…

IMG_9479

実は、それぞれの珠に指数と対応するSI接頭辞が刻まれているんですね。

じゃ、一番上はというと…

IMG_9480

10^16で『京』でした!

(以下、おまけ)

(続きを読むなの…)

2010/3/5 金曜日

さまざまなパーツの消費電力あたりのパフォーマンス比較

Energy Efficient Hardware Investigated – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/hardware/pcs/2010/02/24/energy-efficient-hardware-investigated/

多くのベンチマーク記事では最後に消費電力について検証していることが多いですが、bit-tech.netにちょっぴり珍しいベンチマークが。さまざまなパーツの消費電力あたりのパフォーマンスを検証している。

CPUやGPU、HDDなどではこういった比較は見かけますが、この記事ではメモリやサウンドカード、LANボードの消費電力を検証。1Wでも削減したい場合には役立つかもしれません。

2010/2/22 月曜日

Kasperskyがウィルス対策ハードウェアで特許取得

Kaspersky patents hardware-based AV – bit-tech.net
http://www.bit-tech.net/news/hardware/2010/02/19/kaspersky-patents-hardware-av/

髭のおじさんのパッケージで有名(?)な『Kaspersky Anti-Virus』の開発元 Kaspersky Labが新たなるウイルス対策ハードウェアの特許を取得したようです。

一般的なウイルス対策はソフトウェアによりHDDやRAMなどの記憶装置のデータを読みだしてウイルスを検知しますが、Kasperskyの特許では、HDDとマザーボード間にウイルス検知専用のハードウェアを挟み検知を行う。

現在のソフトウェアの場合、書き込まれたデータから検知を行うため、記憶装置上に一瞬でもウイルスが存在してしまう可能性があるが、ハードウェア対策ではHDDへの書き込み時点で検出を行い、排除を行うため安全性が向上するとのこと。

また、ハードウェアは専用のARMプロセッサとRAMを搭載しているため、現在のウイルス対策のようにCPUを占有してしまうことがなく、高速で処理が可能になる。

特許ではHDDとマザーボード(インターフェースコントローラ)間に挟む構成となっているが、将来的にはHDDやコントローラに内臓することも想定していとか。いずれは、こう言った機能がSATAなどの規格に盛り込まれるかもしれませんね。

2010/2/9 火曜日

ION2ではGPU切り替えが可能に?

ION 2 supports Optimus – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/17587/34/

1月に発売になったIntelの新型Atom『Pine Trail』(Atom D410/D510)。CPU側にGPUが統合されたため、NVIDIAは次期『ION2』はチップセットではなく、単体GPUになると発表していますが、NVIDIAがノートPC用に開発中の『Optimus technology』に対応するとか。

『Optimus』は3D処理や動画エンコードなどで負荷がかかる場合はNVIDIAの外部GPU、文書作成など負荷がかからない場合はCPUやチップセットの統合GPUを切り替えて使用することで消費電力を削減する技術。

これまで噂されてきたION2はAtomプラットフォームに単体GPUをくっ付いただけで、別途PCIe接続のGPUを利用するのと比べると利点が見えませんでしたが、これなら性能を上げながらも消費電力もそれほど増えずにすむので良さそうですね。

追記 : 2010/02/10 01:40

NVIDIAから正式な発表がありました。Atomで対応するのはN400番台だけ?

NVIDIA、第3世代のGPU切り替え技術「Optimus Technology」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100209_347871.html

2010/1/13 水曜日

Atom 230/330も製造終了

Intel、Atom 230/330を5月で生産終了 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100112_341809.html

先日、IntelのAtom N270/Z500が製造終了と発表がありましたが、Atom 230と330の製造終了も発表されました。

先日、後継のAtom D410とD510が発売になりましたので、自然な流れでしょうね。

2010/1/9 土曜日

低電圧版「Lynnfield」採用のCore i7とi5が発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 15:38:06

TDP82Wの低電圧版「Core i7-860S」と「Core i5-750S」 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/488/488962/

Intelの低電圧版「Lynnfield」を採用した『Core i7-860S』と『Core i5-750S』が発売開始。

話題になっている「Clarkdale」とは異なり、こっちはGPU機能は無し。Core2世代の低電圧版と同様に型番の最後に『S』がついており、TDPが通常版の95Wから82Wに下がっている。

型番からは一見すると、ぞれぞれCore i7-860とCore i5-750の省電力版のように見えますが、実はクロック周波数がi7-860(2.8GHz)、i5-750(2.66GHz)に対し、i7-860Sは2.53GHz、i5-750Sは2.4GHzとなっている。

まぎらわしい…

~関連記事~

はいじん☆ちゃんねる >> 低TDP版Core i7とi5が来年登場?
http://haizin.serveblog.net/?p=5068

GPU統合Core i5、i3、Pentiumシリーズが発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 15:17:28

GPU機能内蔵のインテル製CPU「Clarkdale」が発売開始! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/488/488621/

Intel のCore iシリーズのGPU機能内臓CPU「Clarkdale」が正式発表され、発売になりました。Core i5-600シリーズ、Core i3-500シリーズ、Pentium Gシリーズとして登場。

CPUコアとGPUコアは別のダイとして一枚のパッケージに実装されている。CPUコアは32nmプロセスで製造されていますが、GPUコアは45nmプロセスとなっている。

この型番わかりずらいなぁ… ということで発売されたものを一覧にすると…

Core i5

  • Core i5-670 (3.46GHz 4MB 73W HT TB)
  • Core i5-661 (3.33GHz 4MB 87W HT TB)
  • Core i5-660 (3.33GHz 4MB 73W HT TB)
  • Core i5-650 (3.20GHz 4MB 73W HT TB)

Core i3

  • Core i3-540 (3.06GHz 4MB 73W HT)
  • Core i3-530 (2.93GHz 4MB 73W HT)

Pentium

  • Pentium G6950 (2.80GHz 3MB 73W)

表記はいずれも(CPU動作クロック キャッシュ容量 TDP)の順でHTはHyperThreading有効、TBはTurboBoost有効を示しています。

Core i5-661のみがTDPが高くなっていますが、これはGPU側の動作クロックが他のモデルでは773MHz(G6950のみ533MHz)であるのに対し、i5-661のみは900MHzとなっている。

あまり注目されていないようですが、Intelの仕様書をみると、Core i5-661のみIntelVT-d、Intel-TXTなどの仮想化技術が利用できなくなっているようです。一般的な使い方ではあまり関係ないかと思いますが、業務向けのシステムとかでは注意が必要ですね。

2010/1/6 水曜日

C2Q Q8200、Atom N270、Z500の製造が終了

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 13:56:28

Intel、Core 2 Quad Q8200やAtom N270などを製造終了 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100106_340684.html

IntelがCore2Quad Q8200/Q8200s、Atom N270/Z500の需要が他のプロセッサに移行したため、製造が終了すると発表したようです。

はいじん☆ちゃんねる >> Core2Quad Q9650の消費電力
http://haizin.serveblog.net/?p=3222

Core2Quad Q8200は以前使ってましたが、クアッドコアながら消費電力がデュアルコア並みに低くかなりお気に入りでした。Q8000シリーズは新たにIntel-VTに対応したQ8400がありますのでそちらに移行したってことなんでしょうねぇ。

2010/1/4 月曜日

GPUが統合されたClarkdaleとArrandaleのレビュー解禁

CPUに統合されたグラフィックス機能はゲーマーの信頼に足るのか Core i5-661/3.33GHz(Intel HD Graphics) – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/065/G006504/20100102002/

まもなく登場の「Clarkdale」はゲームで速いのか?Core i5-661/3.33GHz – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/065/G006504/20100102001/

GPUが統合されたIntelの「Clarkdale」こと『Core i5 661』のレビューが解禁されましたねぇ。

Nehalemマイクロアーキテクチャとしては初のデュアルコアですが、CPUのパフォーマンスはよさそうですね。GPU側(Intel HD Graphics)のパフォーマンスもIntel G45のGMA X4500HDよりも向上しているようです。それでもって消費電力は低く抑えられている。低消費電力の構成として面白そうですね。

IntelのノートPC向けグラフィックス機能は信用できるようになったか Core i5-540M/2.53GHz(Pegatron DC5) – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/103/G010355/20100103002/

「Clarkdale」と同時にノートPC向けの「Arrandale」も発表されました。こっちは、これまでのノート向けCPUと同様にヒートスプレッダが搭載されていないのだが、GPUとCPUが別の製造プロセスを採用しているため、ダイの高さが若干異なる。そのため段差が付いた特殊なヒートシンクを用いる必要があるのでは?とされていましたが、4Gamer.netが検証しているノートPCでは特別な加工はされていなかったようです。

Dual-Core LGA1156 Processors: Core i5-661, Core i3-540 and Pentium G9650 CPUs Review – X-bits laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/cpu/display/clarkdale-review.html

国内のレビューではCore i5-661のレビューしか見かけませんが、海外レビューでは同時に発売されるとされているCore i3-540とPentium G6950のレビューもありました。Core i5-661は一式揃えると高くなりそうですので、Pentium G6950のコストパフォーマンスが高そうですねぇ。

新型Atom「Pine Trail」が本日から発売に

GPU統合Atom「Pine Trail」搭載マザーが本日発売、7千円から – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100109/etc_intel.html

Intelの新型Atom『Pine Trail』が今日から発売になるようです。Pine Trailはこれまでチップセット側に統合されていたDDR2メモリコントローラとGPUをCPUに統合。

シングルコアのAtom D410とデュアルコアのAtom D510が発売される。いずれもクロック周波数は1.66GHzとこれまでのAtom 220と330と同じである。このほかにネットブック向けのシングルコアAtom N450も発表されている。

Intel製のMini-ITXマザーボードの予価が出ていますが、D410PTが7000円位、D510MOが8,500円位。安くなりましたねぇ。DDR2が高くなってきているからDDR3のメモリコントローラを搭載していればさらに嬉しいのですが。

次ページへ »

HTML convert time: 0.770 sec. Powered by WordPress