2013/6/3 月曜日

【社会科見学】理化学研究所 計算科学研究機構【京速計算機】

久しぶりの更新!死んでないですよ!

先日、出張の帰りが神戸空港になって、フライトまで時間があったのでポートアイランドにある『理化学研究所 計算科学研究機構』に行ってみました。この名称だと「なんじゃそりゃ?」と思う方もいるかと思いますが、数年前に「2位じゃダメなんでしょうか?」で話題になった『京コンピュータ』が設置されている研究所です。

空港へ向かう『ポートライナー』の『京コンピュータ前 駅』で下車。

駅名がそのまんまなので間違えることはないですね。

IMG_9499

降りた瞬間「?」と思う。

そろそろ帰宅ラッシュ時間のはずだが、無人駅な上に、周辺人っ子一人歩いてない…

どうやら、まだまだ未開の地のようで空き地ばっかりのところでした。

IMG_9360

歩いてすぐのところにあるのが『理化学研究所 計算科学研究機構』

IMG_9474

中に入ると「京」の文字がお出迎え。

K_entrance

見学者が来るのが珍しいのか、守衛さんがものすごく親切に見学展示の範囲を教えてくださいました。

IMG_9467

展示スペースはこんな感じ。

行く前に事前に簡単な展示があるという情報は得ていたので、あまり期待はしてませんでしたが、30分くらいは時間が潰せました。

IMG_9471

これが一番の楽しみだったのですが、実物の「計算ノード」が展示されていました。

残念ながら赤い筐体にあらず。赤いほうが速そうなのに…

この筐体に24枚のシステムボードが入っていて重さは約1トンあるとか。

IMG_9439

システムボードは1枚ずつ水冷で冷却されている。

写真では分かりずらいかもしれないが、実はシステムボードはラックに平行に入っておらず13度ほど斜めに入っている。空気の流れる空間を確保するとこで、1ラックにより多くのシステムボードが搭載可能になっているとか。知りませんでした…

IMG_9433

こちらは中段のIOシステムボード(手前上)と電源ユニット(中央奧)とシステムの監視を行うシステムプロセッサボード(電源の下)。ほとんどの部品が稼働中に取り換え可能なHotSwapに対応していて、可能な個所にはオレンジ色のシールで取り外せることが明記されていました。

IMG_9436

システムプロセッサボードの下にはOSを格納するHDDを搭載する2Uシャーシが入っていました。残念ながらHDD自体は抜かれていました。

IMG_9443

裏はこんなかんじ。カバーがかかっていて中がよく見えなかったが…

IMG_9445

使ってる冷却ファンはアレですね。さすがです。( ̄ー ̄)ニヤリッ

展示スペースの入り口には建物全体の模型がありました。

IMG_9446

なかなか精巧にできていて、赤いボタンを押すと…

IMG_9449

建物が割れて、内部が見えるようになってました。赤い筐体が並んでる!

IMG_9452

なんと、単眼鏡が準備されていて、奥のほうまで細かく作られているのが見えました。

さて、展示スペースの奥のほうがどうなっているかというと…

IMG_9362

それほど広くはなく、技術紹介や実際に『京』を使用した研究が紹介されていました。

IMG_9401

トーラスインターコネクションの模型ですね。

大学の学部の情報工学で習った記憶もあるが、間違いなく寝てたので、どうすごいのかは全く覚えていない!どっか壊れても反対周りで通信できるんだっけか?

ちなみに、それぞれの球は…

IMG_9403

中が細かっ!

そして、こちらがシステムボードの実物。

IMG_9388

IMG_9390

こんな感じに、どこがどのパーツがわかるようになってました。

それぞれのパーツの単体も展示されていて…

IMG_9385

こちらがCPUのSPARC64 VIIIfx。

普段見慣れているCore iとかのダイと比べるとデカい!

IMG_9379

後工程前のウェハも!ダイが大きいと円周部で無駄になる量もすごいですね。

IMG_9384

こいつがインターコネクトコントローラ(ICC)。システムボード間で通信するヤツですね。

IMG_9399

そして、みなさんお待ちかね(?)、メモリです。MicronのDDR3ですね。

ちなみに、実際の『京』の展示ですが…

IMG_9422

ここのガラス張りから覗くことができる。

IMG_9369

と言っても、よく写真で見えるズラーと赤い筐体が並んでいる光景ではなく、赤い筐体は説明のためのこれ一台。

IMG_9367

通常の見学でみられるのは計算ノードが並んでいるフロアではなく、ファイルシステムがズラーっと並んでいるフロアだけとなっている。

IMG_9364

こちらがそのファイルシステム群。

IMG_9365

ちょうど、目線の高さにフリーアクセスの床が来ていて、床下の配線がビッシリなのが見えたりしてこれはこれで面白い。

とまぁ、本体が見れないのは事前に知っていましたが、ちょっと残念ですね。

これで、展示内容をザザッと載せましたが、最後に外にあるオブジェについて…

IMG_9483

『京』が完成した際にニュースで紹介されていたので、これが計算機の基本である「そろばんの珠」を縦に並べていることを知っている方は多いと思います。

自分も、現地で近くで見て初めて知ったんですが…

IMG_9479

実は、それぞれの珠に指数と対応するSI接頭辞が刻まれているんですね。

じゃ、一番上はというと…

IMG_9480

10^16で『京』でした!

(以下、おまけ)

(続きを読むなの…)

2010/1/4 月曜日

新型Atom「Pine Trail」が本日から発売に

GPU統合Atom「Pine Trail」搭載マザーが本日発売、7千円から – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100109/etc_intel.html

Intelの新型Atom『Pine Trail』が今日から発売になるようです。Pine Trailはこれまでチップセット側に統合されていたDDR2メモリコントローラとGPUをCPUに統合。

シングルコアのAtom D410とデュアルコアのAtom D510が発売される。いずれもクロック周波数は1.66GHzとこれまでのAtom 220と330と同じである。このほかにネットブック向けのシングルコアAtom N450も発表されている。

Intel製のMini-ITXマザーボードの予価が出ていますが、D410PTが7000円位、D510MOが8,500円位。安くなりましたねぇ。DDR2が高くなってきているからDDR3のメモリコントローラを搭載していればさらに嬉しいのですが。

2009/12/3 木曜日

Micron からSATA 6Gbps対応のSSDが登場

Micron announces the C300 SATA 6Gbps SSDs – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=31275&catid=2

すでに、対応マザーボードや拡張カードが販売されているSATA 6Gbps。ストレージ側はSeagateからBarracuda XTが発売されていますが、HDDではSATA 6Gbpsにしたところでそれほど変化がありませんからねぇ。

SATA 6Gbpsの性能を発揮できるSSDの登場が待たれていましたが、MicronからSATA 6Gbpsに対応するSSD 『RealSSD C300』が発表されました。RealSSD C300は34nmプロセスで製造されたMLC(Multi-Level Cell) のNAND型フラッシュEEPROMを採用しており、2.5インチと1.8インチサイズが発売されるようです。最大容量は256GBになるようです。

TechConnect MagazineにMicronがYouTubeに投稿した紹介動画が掲載されていますが、それによると、リード性能は350MB/sとSATA 3Gbpsの実効最大転送レート300MB/sを超えており、確かにSATA 6Gbpsによる性能向上が見られる。

ちなみに、記事の方ではキャッシュ容量について触れられていませんが、写真を見た限り、Micron製のDDR3チップが見えますので、高速なキャッシュは搭載されているようですね。

2009/10/31 土曜日

札幌駅前PCショップめぐり 2009/10/31

今夜初雪の予報が出ている札幌ですが、冷たい雨が降る中で札幌駅前のPCショップをめぐってみました。Windows 7発売から1週間ほど経過しましたが、まだ余熱が残っているって感じですねぇ。どこのお店もいつもよりも人が多い感じがします。

IntelのES品を発見!

そんななか、珍しい製品を発見しました。

ジャンパラにIntelのCPUのエンジニアサンプリング(ES)品が販売されていました。何種類からありましたが、いずれもモバイル用のSocket P。ES品のため保証は一切できないとの事でしたが、お値段はSocket P用CPUとしてはかなり安く、6000円以下。

マザーボードがあれば買ってたんだけどなぁ…

また下がってた2TB HDD

そして、毎週のようにお値段が下がっている2TBのHDDですが、今週もまたHGSTの「Deskstar 7K2000」(HDS722020ALA330)が値下がり。最安値は15,470円!GB単価は7.7円。今年の2月下旬の1.5TBよりもGB単価が安くなりましたねぇ。

対照的に価格急騰のDDR2

Windows 7の発売前からDDR2 DRAMの価格が急激に上がっていると話題になってましたが、気づくと1か月前の2倍近くまで上がっている製品があるんですねぇ。先日、自分が購入したCFD DDR2-800 1GB×2のセットも4,000円近くになってました。店員さんも下がる気配は無いと言ってましたので、DDR2の増設をする予定なら早めにしておいた方がいいかも…

これに対しDDR3は順調(?)に価格が下がってきましたねぇ。もうDDR3が主流といってもいいのかなぁ?

2009/6/19 金曜日

Samsungから32GBのDDR3が登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:58:17

Samsung presents 32GB DDR3 memory module – Nordic Hardware
http://www.nordichardware.com/news,9504.html

現在販売されているDDR3 DRAMはほとんどが1モジュールで最大4GBとなっている。これを大幅に超える32GBのDDR3 DRAMモジュールをSamsungが発表しました。

Samsung、最大32GBモジュールを実現する世界初の4Gbit DDR3 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0202/samsung.htm

このモジュールには今年の1月にSamsungが発表した50nmプロセスで製造されている4Gbitのダイを4つまとめた「Quad Die Package」チップを用いることで1チップで16Gbitを実現し、これを18個搭載することで32GBを実現している。

ここまで読んで詳しい方ならお気づきかと思いますが、このモジュールはサーバやワークステーションで用いられるRegistered DIMMです。一般的なPCで用いられるのはUnbuffered DIMMですので32GBのモジュールは用いることはできない。とはいえ、普通の人は32GBもあっても使い道がありませんよね(^^;)

2009/6/11 木曜日

Corsair Dominator用モヒカン増量キット

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:24:02

Corsair’s Dominator gets a new haircut – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/14177/36/

Corsair launches Extended Cooling Fins for Dominator memory kits – HEXUS.net
http://www.hexus.net/content/item.php?item=18824

モヒカンのようなヒートシンクのついたCorsairのメモリ「Dominator」シリーズですが、Corsairの直販サイトにおいて、交換用のヒートシンクが登場したようです。

交換用は付属のものより長くなっていて、より効率よく放熱ができるようになるようです。

交換が可能なのはトリプルチャンネル用DDR3として販売されているDominatorとDominator GT。

残念ながら、自分が購入したDDR2は交換できませんねぇ~(^^;)

2009/6/10 水曜日

BUFFALOがRamDiskユーティリティーを無料公開

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:14:27

ラムディスク(RAMDISK)ユーティリティー 無料ダウンロード開始 – BUFFALO
http://buffalo.jp/products/new/2009/000951.html

BUFFALOがオリジナルのRAMDISKユーティリティーを公開しました!しかも、無料ダウンロード可能!

これまで、IO-DATAから「RamPhantom2」というユーティリティーが出ていましたが、こちらは1,980円。無料の簡易版「RamPhantom LE」もありましたが、こちらはダウンロード時にIO-DATAのメモリに記載されているシリアル番号が必要でした。

BUFFALOから登場した「ラムディスク(RAMDISK)ユーティリティー」はユーザー登録やシリアル番号が不要で完全無料。他のユーティリティーと同様に32bit OSの管理領域外となるメモリをRAMDISKに割り当てることが可能となっている。

気になるのが….

ラムディスクユーティリティーで”限界突破”する際は、バッファローのメモリーがパソコンに増設されている必要があります。1枚でも入っていればユーティリティが自動認識します。

(引用:http://buffalo.jp/products/new/2009/000951.html)

となっていることですねぇ。SPDのManufaturerを用いて識別したりするんでしょうかねぇ?

他メーカーは駄目なのか試してみようかなぁ~と思いきや、今使ってるPCに全部BUFFALOのメモリが1枚は搭載されている(^^;)

2009/5/27 水曜日

Super TalentのRAIDDrive搭載ワークステーション

Super Talent Launches PCIe RAIDDrive Workstations – Legit Reviews
http://www.legitreviews.com/news/5973/

Super TalentからPCI Express接続のSSD「RAIDDrive」を用いたワークステーションが登場するようです。最新のクアッドコアCore i7と自社製の1333MHz DDR3を採用するとか。

SSD部の詳細については書かれていませんが、最大6TBまで拡張可能でCrystal Disk Mark v2.2においてシーケンシャルリードで1.5GB/s以上、シーケンシャルライトでは1.35GB/s近く出るとか。

凄い…

ちなみに、何でXeon(Nehalem世代)ではなく、Core i7なんでしょうかね?

はいじん☆ちゃんねる >> Super TalentからもPCIe接続SSD登場
http://haizin.serveblog.net/?p=2492

追記:2009/05/27 23:35

どうやら6月2日から開催されるComputex Taipeiにて展示されるようです。

Super Talent Launches PCIe RAIDDrive Workstations – Bjorn3D News
http://www.bjorn3d.com/viewnews.php?id=3338

2008/12/31 水曜日

PC関連2008年総集編

今年の初めにこんなことをしていました。

はいじん☆ちゃんねる >> 勝手に予想!2008年のPC関連!
http://haizin.serveblog.net/?p=72

2008年のPC関連の予想を行うというものですが、どんな予想をしていたかと言うと…

  1. 大容量メモリの低価格化に伴い64bitのOSが普及
  2. 大容量メモリの低価格化に伴いiRAMが復活
  3. 45nmプロセスCPUの登場
  4. 低消費電力思考へ
  5. DDR3メモリが普及へ
  6. いよいよHD-DVDとBDの決戦?!
  7. HDDは低価格・高機能化
  8. 無線LANで802.11nが普及

まぁ、(覚えてけど)たぶん当たりそうなことを予想したからでしょうけど、かなりの的中率じゃないですか?!

大容量メモリの低価格化に伴い64bitのOSが普及

これは部分点かな?確かに大容量メモリがバカ売れでしたね。今じゃ、4GBで2000円台で買えるみたいですし。ただ、予想外だったのがRamDiskの人気ですね。Gavotte RamDiskが広まってOSを64bitにする意味が薄れてしまいましたからねぇ。もしRamDiskがここまで広まらなかったら64bit OSもだいぶ普及していたかもしれませんね。

大容量メモリの低価格化に伴いiRAMが復活

まさか、これが当たるとは(笑)確かに当時イベントで展示がありましたが、ここまでヒットになる商品が出るとは思ってませんでした。ちなみに、SSDってのは去年は全く予想してませんでした。ここまでブームになるとは。

45nmプロセスCPUの登場

いまじゃ、IntelのCPUはすっかり45nmプロセスになりましたねぇ。AMDの45nmがいまだに出てないのは意外でしたけでね。あと、驚きなのはQ6600の製品寿命ですね。いまだに売ってますからねぇ。殿堂入りですね。

低消費電力思考へ

HDDと電源ユニットは確かに低消費・高効率製品がたくさん出ましたね。去年予想しなかったものとしてはマザーボードですね。GigabyteのDynamicEnergySaverのようにマザーボードの独自省電力機能が増えましたからねぇ。(使ってても効果は感じられませんけどねw)

DDR3メモリが普及へ

まだ、普及とは言えないですね。でもCore i7の発売でかなり売れてますから、来年こそは普及段階に入ってDDR2を超すかもしれませんね。

いよいよHD-DVDとBDの決戦?!

見事に勝敗が決定しましたね!HD-DVDがこんなにもあっさり消えるとは思ってませんでした。この記事を書くまで存在自体忘れてました(笑)てか、今年だったんですね。なんか遠い昔って感じがします。BDもだいぶドライブの値段が下がってきてますし、来年は本格的に普及しそうですね。

HDDは低価格・高機能化

やばいっす。値下がりしすぎです(笑)1.25TBは結局出ませんでしたね。ハイブリッドHDD?何それ?(気になる人はググってください)今年はHDDにお世話になりっぱなしでした。

無線LANで802.11nが普及

おまけで書いてたこれだけど、まぁ、普及したのか?確かに最近はノートでも無線ルータでも802.11nしか見なくなりましたねぇ。有効活用されているかは別にして、一応普及か?

まとめ

今年もPC関連アツかったですね~!やっぱりTSUKUMOが民事再生を申請したのが今年一番のニュースでしたね。ほかにCPU・グラボ・HDD・メモリ・SSDどれをとっても、異常なくらい値下がりしたのが印象的でしたね。消費する側としてはうれしい限りでしたが、メーカーとしては苦しい1年間だったでしょうね。来年は、消費する側も作る側も幸せな展開になることを祈って今年は〆ます!では、また来年!

HTML convert time: 0.942 sec. Powered by WordPress