2010/1/2 土曜日

2560×1440のIPSパネル液晶がCES 2010で発表される

First Dell U2711 pictures – official on CES 2010 – FLATPANELS HD
http://www.flatpanelshd.com/news.php?subaction=showfull&id=1262001212

先月から噂は流れていましたが、2560×1440の解像度に対応したIPS方式液晶パネルを採用するディスプレイ『U2711』がCES 2010で発表されるようです。上のサイトにはすでにDellのものですが画像も掲載されています。

すでに、このパネルを採用するiMac 27インチが発売されていますが、それ以外では未発売。

New IPS PA-series from NEC – FLATPANELS HD
http://www.flatpanelshd.com/news.php?subaction=showfull&id=1260108113

NECからPAシリーズとしてこのパネルを採用するPA271Wが発表されるようです。

最近の1920×1080パネルだと縦が少ないなぁと思ってましたが、2560×1440なら贅沢なくらいですね。これなら16:9でもそそられる…

今年は一層16:9の液晶が増えていきそうですねぇ。

2009/10/1 木曜日

Dellからワイヤレス充電式のノートPCが登場

Dell、ワイヤレス充電可能なノートPCを発表 – ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/30/news078.html

Dellから企業向けのノートPC『Dell Latitude Z』が発表されましたが、このノートPC、ワイヤレスで充電が可能なのです!

とはいえ、どこでも無限に使えわけではなく、充電用のドック上でUWB(超広帯域無線)を利用し電力をやり取りするようです。

2m離れて60Wの電力伝送、インテルがIDFでデモ – @IT
http://www.atmarkit.co.jp/news/200808/22/intel.html

Intelが去年、同じワイヤレス送電に関して「ワイヤレス共振エネルギー・リンク」と言うのを利用した実験を行ってましたが、UWBはそれよりもはるかに高い周波数を用いるようなので、おそらくそれとは別の技術のようですね。IH調理機みたいに電磁誘導を利用しているのでしょうかね?

2009/5/18 月曜日

DellがVIA NANOを採用したサーバを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:57:15

Nanoを採用したDELLの新型サーバー XS11-VX8 – 上田新聞 blog版
http://nueda.main.jp/blog/archives/004417.html

DellがVIAの省電力CPU「NANO」を採用した新型のサーバー「XS11-VX8」を発表したようです。

Dell verbaut VIA Nano Netbook-CPU in Mini-Servern – netbooknews.de
http://www.netbooknews.de/5410/dell-verbaut-via-nano-netbook-cpu-in-mini-servern/

2Uラックマウントですが、NANOを搭載したボードを12個搭載できるブレードサーバーのようになっている。各ユニットの大きさは3.5インチHDDのマウンタサイズ大になっているため、netbooknews.deに掲載されている写真を見ると、HDDアレイストレージのようですね。

2009/2/22 日曜日

Dell Inspiron Mini 9 全体レビュー 【1/3】

Dell Inspiron Mini 9久しぶりの独自レビュー&ベンチマークです。

知人がDellのネットブック『Inspiron Mini 9』を入手したので、お借りしてレビューとベンチマークを書かせてもらうことに。今回は3記事に分けてあります。もし購入を検討していたりするなら参考になればと思います。

目次

  1. 全体レビュー ←今ココ
  2. 液晶部レビュー
  3. ベンチマーク

[全体レビュー編]

Dell Inspiron Mini 9 ロゴ2最近、巷で噂のネットブック。IntelのAtomをCPUに採用し、ネットやメールには必要十分な性能を備えながら5万円以下で購入可能な低価格ノートPC。それがネットブックだ。今回紹介するのはDellが昨年9月に発売したInspiron Mini 9 (Inspiron 910)。

CPUはIntel Atom N270 (1.6GHz)を採用し、記憶装置にはHDDではなく、SSDを採用しており、他社のネットブックと似たような構成となっている。OSについては、Windows XP SP3の他にカスタイマイズにより、Linux『Ubuntu 8.04』も選択可能となっている。今回お借りしたモデルではWindows XPとなっている。

液晶は8.9インチ TFTを採用しているが、これについては、次の記事で触れることにする。

では、さっそく外見を見てみる。 (続きを読むなの…)

Dell Inspiron Mini 9 液晶部レビュー 【2/3】

Dell Inspiron Mini 9久しぶりの独自レビュー&ベンチマークです。

知人がDellのネットブック『Inspiron Mini 9』を入手したので、お借りしてレビューとベンチマークを書かせてもらうことに。今回は3記事に分けてあります。もし購入を検討していたりするなら参考になればと思います。

目次

  1. 全体レビュー
  2. 液晶部レビュー ←今ココ
  3. ベンチマーク

[液晶部レビュー編]

前記事では外観など全体的なレビューを行いましたが、この記事では液晶に注目してみました。低価格なネットブックでは品質が低めな液晶が採用されることが多いようですが、このInspiron Mini 9ではどのような感じかを見てみました。 (続きを読むなの…)

Dell Inspiron Mini 9 ベンチマーク編 【3/3】

Dell Inspiron Mini 9久しぶりの独自レビュー&ベンチマークです。

知人がDellのネットブック『Inspiron Mini 9』を入手したので、お借りしてレビューとベンチマークを書かせてもらうことに。今回は3記事に分けてあります。もし購入を検討していたりするなら参考になればと思います。

目次

  1. 全体レビュー
  2. 液晶部レビュー
  3. ベンチマーク ←今ココ

[ベンチマーク編]

Atomを搭載したネットブックが大人気となっていて多くのメーカーから発売されていますね。しかし、ほとんどのネットブックが同じCPU(Atom N270)を搭載し、チップセットもIntelの 945GSE Expressを採用するため、CPUやグラフィック性能に関してはどの製品もほとんど変わらないと思われる。そこで、この[ベンチマーク編]では製品による差が大きそうな補助記憶装置SSDに着目してみた。 (続きを読むなの…)

2009/1/11 日曜日

WD1600BEVTベンチマークさせてもらった

先日WesternDigitalのIDE接続2.5インチHDD「WD1200BEVE」のベンチマークを行いましたが、最近の2.5インチはよくわからん!という結論?でした。そこで、同じくWesternDigitalのSATA接続2.5インチHDD「WD1600BEVT」を搭載したノートパソコンをお借りして比較ベンチを行ってみました。さすがに、人のPCで好き勝手やるわけにはいかないので、OSやハードウェア等の環境が異なりますのでご了承あれ。

ベンチマークに使わせていただいたPCはDellのVostro 1200。

ベンチマーク環境:『Vostro 1200』
[CPU]Core2Duo T7250@定格(2.0GHz L2:2MB)
[Memory]DDR2 1G×2 デュアルチャンネル
[Chipset]GM965 Express
[System HDD]WesternDigital WD1600BEVT-75ZCT2
[VGA]Intel GMA X3100
[OS]WindowsXP SP3 32bit

購入直後ということなので断片化等の影響は無いと思いますが、ノートなのでOSがインストールされているパーティションでベンチマークを行ってます。当ブログの他HDDベンチマークはフォーマット直後の状態で行ってますので、そこは異なりますのでご注意ください。

今回はCrystalDiskMark2.2だけです(^^;)データサイズも100MBと1000MBだけ。

WD1600BEVT CrystalDiskMark2.2 1000MB WD1600BEVT CrystalDiskMark2.2 100MB

以前のWD1200BEVEはプラッタ容量125GB(推定値)でしたが、このWD1600BEVTは160GB。3割増の上にIDE接続からSATA接続になっているので速いんだろうなと思ってましたが、劇的には変わりませんね。比較のためにWD1200BEVEを載せてみます。

WD1200BEVE CrystalDiskMark2.2 1000MB WD1200BEVE CrystalDiskMark2.2 100MB

シーケンシャルとランダム512Kでは確かにWD1600BEVTの性能の高いですね。ここはプラッタ容量による差が出てるんでしょうね。ですが、4KライトではWD1200BEVEがリード。接続インターフェースとプラッタ以外のキャッシュ容量と回転数は条件が同じですので、IDEとSATAの特性の違いやOSの違いってのも考えられますが、チップセットによる影響ではないかと考えました。OSによる影響ですが、以前異なるOS間でのベンチマークを行ったことがありますが、今回用いているWindowsXP SP3とWindows Vista SP1の間ではそれほど差がありませんでした。WD1600BEVTのベンチマークに用いたVostro 1200はIntel GM965はSATA接続にIntel ICH8-Mと現在のデスクトップ向け最新と比較すると2世代程前のものを採用している。IntelのICHによりSATAの性能は世代を増すごとに向上しているので、ココで違いが出ているのではないでしょうか?

まとめ

2.5インチHDDってこんなもんなんですね。まぁ、Scorpio Blackとかになれば別でしょうけどね(^^;)こうやって比較してみると2.5インチHDDはまだIDE接続でも十分って感じがしますね。どちらかと言うとチップセット側の頑張りの方が影響しそうですね。それにしても、シーケンシャルで60MB/s程度かぁ。これは最近ノートで高速SSDが搭載されているのも納得ですね。

はいじん☆ちゃんねる >> WD1200BEVEレビュー[ベンチマーク編]
http://haizin.serveblog.net/?p=1264

追記(2009/01/11 16:21)
すっかり忘れてましたが、WD1600BEVTはOSが入っているんでした。4Kはそれの影響かもしれませんね(^^;)

HTML convert time: 0.678 sec. Powered by WordPress