2010/11/18 木曜日

HGSTから4KiBセクタ非採用の3TB HDDが登場

なかなか正式なプレスリリースが出ませんが、PC Watchに掲載されていたので書いちゃいます。

HGST、最大容量3TB/7,200rpmのHDD「Deskstar 7K3000」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101118_407501.html

先日Western Digitalから3.5インチHDDとしては最大容量となる3TBの『WD30EZRS』が発表・発売されましたが、新たにHGSTからも3TBモデルが登場しました。

今のところ、正式なプレスリリースが出された様子もなく、11月13日に英語の公式製品情報に登場後、11月16日には秋葉原の店頭で販売が開始、そして、今日確認したところ、日本の公式製品情報に追加されていました。

Deskstar 7K3000 – HGST製品情報
http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/products/deskstar/7K3000/
Deskstar 5K3000 – HGST製品情報
http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/products/deskstar/5K3000/

登場したのはデスクトップPC向けの『Deskstar』シリーズで7,200rpmの『Deskstar 7K3000』と可変回転数CoolSpin採用の『Deskstar 5K3000』。どちらも1.5TB、2TB、3TBの3モデル構成となっている。キャッシュ容量は7K3000で64MB、5K3000で32MBとなっている。

正式な発表が無いため、正しいプラッタ容量については不明ですが、販売しているショップの情報では600GBプラッタを採用しているとか。先に登場した『WD30EZRS』は750GBプラッタを4枚搭載しているましたが、今回登場したHGSTの3TBでは600GBプラッタを5枚採用している。

このほか『WD30EZRS』と異なる特徴として、インターフェースはSATA 6Gbpsを採用している点と4KiBセクタ非採用があげられる。

これまでのHDDはセクタサイズが512Byteでしたが、このセクタサイズでは32ビットLBAによる『2TBの壁』が発生するため2.2TB以上の容量を実現することが難しい。また、セクタサイズを大きくしたほうがプラッタの記録効率が高くなるため、最近の大容量HDDでは4KiB(4096Byte)のラージセクタを採用するものが増えている。

はいじん☆ちゃんねる >> 【注意!】WD10EARSは特殊な物理フォーマットを採用
http://haizin.serveblog.net/?p=5953

はいじん☆ちゃんねる >> Advanced Format Architectureの意義
http://haizin.serveblog.net/?p=6098

ところが、今回発表されたDeskstar 7K3000および5K3000は仕様書によるとラージセクタは採用せず、セクタサイズが512Byteとなっている。このためラージセクタ採用HDDをWindowsXP等で使用したさいに指摘されているパフォーマンス低下の心配はない。ただし3TBモデルはXPでは使用不可等の制限がありますので、HGSTが公開している対応情報を参照してください。

(英語PDF)High Capacity (≥2.2TB) Technology Brief
http://www.hitachigst.com/tech/techlib.nsf/techdocs/D213A024C090CE9F862577D5002600FC/$file/FinalHiCap_2.2TB_TechBrief.pdf

型番一覧

Deskstar 7K3000 (SATA 6Gbps/64MB/7200rpm)

HDS723030ALA640 : 3TBモデル
HDS723020BLA642 : 2TBモデル
HDS723015BLA642 : 1.5TBモデル

Deskstar 5K3000 (SATA 6Gbps/32MB/CoolSpin technology)

HDS5C3030ALA630 : 3TBモデル
HDS5C3020ALA632 : 2TBモデル
HDS5C3015ALA632 : 1.5TBモデル

2009/8/17 月曜日

HGSTから最大容量2TBのUltrastarシリーズ登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 14:25:10

日立GST、容量2TBのサーバー向け3.5インチHDD「Ultrastar A7K2000」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090811_308438.html

先日HGSTのデスクトップ向けDeskstarシリーズから2TB HDDが発表されましたが、今度はサーバ向けのUltrastarシリーズで2TBが発表されました。これまでの「Ultrastar A7K1000」シリーズは200GBプラッタを採用し最大容量1TBでしたが、今回発表された「Ultrastar A7K2000」シリーズでは最大容量2TBを実現。

気になるプラッタですが、データシート(PDF)によると2TBモデルの「HUA722020ALA330」のみ記録密度の値が低くなっていることから Deskstar シリーズと同様に2TBのみが400GBプラッタを採用し、1TBモデル「HUA722010ALA330」と500GBモデル「HUA722050ALA330」は500GBプラッタを採用しているようです。

高信頼性が求められる製品で400GBプラッタ×5枚構成を採用してきたことを考えると、やはり「新 高密度プラッタ」を採用するよりもプラッタを増やしたほうが信頼性が高いと判断したのでしょうかね?

はいじん☆ちゃんねる >> 噂どおり400GBぷらったで登場したHGSTの2TB
http://haizin.serveblog.net/?p=4390

ちなみに、以前不明だった 「Deskstar 7K2000」の2TBモデルの型番ですが、データシート(PDF)で確認できました。「HDS722020ALA330」のようです。

2009/7/11 土曜日

ひさしぶりにHGSTの2TB HDD情報

Hitachi 2TB Deskstar hard drive gets listed – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=27898&catid=2

現在、Western DigitalとSeagateから登場している2TBのHDDですが、久しぶりにHGSTの2TB情報がありました。

5月に400GBプラッタを5枚搭載した製品が出ると噂がありましたが、中止になり、10月に500GBプラッタ品が出るとの噂もありました。その後全く情報はありませんでしたね。

TechConnect Magazineによると出荷開始はいつかはわからないけど、2TBのDeskstar(コードネーム:HD32000IDK7)の箱の写真が掲載されていました。(本物か合成かは書かれてませんけどね)現在発売中の2TBはいずれも5000rpm台ですが、Deskstar 2TBでは7200rpmとなるようです。最速の2TB HDDになりそうですね。キャッシュ容量については不明とのこと。

ちなみに、お値段はWestern DigitalのCaviar Green WD20EADSよりも低くなるとか。

HTML convert time: 0.524 sec. Powered by WordPress