2010/10/20 水曜日

WesternDigitalから3TB/2.5TB HDDが正式発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 12:52:23

[新製品] Western Digital、容量3TBの「Caviar Green」(WD30EZRSDTL)出荷開始 – エルミタージュ秋葉原
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/201010/20_02.html

Western Digitalから単体3.5インチHDDとしては最大容量となる3TBの『WD30EZRSDTL』(WD30EZRS)および2.5TBの『WD25EZRSDTL』(WD25EZRS)が正式発表されました。

どちらも省電力志向の『WD Caviar Green』シリーズに属するモデルであり、回転数は『IntelliPower』に準拠する。3TBの大容量を実現するにあたり、750GBプラッタと4KiBのラージセクタ『Advanced Format Technology』を用いている。

Large Capacity Drives – Western Digital
http://www.wdc.com/jp/solutions/Greaterthan22.asp

実質、内臓向けHDDとしては初の2TB越えとなりますが、通称『2TBの壁』についてWestern Digitalが対応状況を掲載していました。現状としてはWindows XPでの使用は困難、Windows 7/Vista 32bit版ではセカンドドライブ限定、7/Vista 64bit版ではEFI環境ではブートドライブ可能、MacOSXでは問題なく使用可能といったところ。

(説明書PDF)2.5/3 TB Hard Drives SATA Host Bus Adapter Quick Install Guide
http://www.wdc.com/en/solutions/docs/2079-771087-802_screen.pdf

現在EFIに対応してるマザーボードはかなりレアな存在なので、Western DigitalはPCIe接続のSATAホストバスアダプタ(HBA)をセットにしている製品を用意している。レビューサイトによると付属HBAは『HighPoint Rocket 620』のようです。このHBAを用いず、たとえばIntel ICH10Rに直接つなぐと746.39GBまでしか認識しないこともあるようなので注意が動作環境は注意が必要になりそうですね。

2009/8/30 日曜日

64bit版Vista SP2統合DVD作成法について

Windows Vista のService Pack 1はvLiteというソフトを用いることで簡単に統合DVDを作成することができました。ところが、Service Pack 2についてはまだ、対応しておらず、統合DVDの作成にはReverse Integrationというなかなか面倒な手法を用いなければならない。

PC Japan (ジャパン) 2009年 08月号 [雑誌] - ソフトバンク クリエイティブ

PC Japan (ジャパン) 2009年 08月号 [雑誌]

ソフトバンク クリエイティブ

発売日:2009/07/13 | 定価:¥980 | amazonで購入する

先月号(8月号)のPC Japanに表紙に『Vista SP2統合メディアの作成』という記述があったので購入してみましたが、やはりここでも紹介されているのはReverse Integration。さすがに、雑誌に書いてあることをココに書くとまずいので、書きませんが、この手法については下のサイトさんが詳しく説明しています。

vLite用 Vista SP1(&SP2)統合ガイド – THE MAD RADEON BLOGGERS
http://radeonbros.seesaa.net/article/83409584.html

PC Japanの記事には64bit版の統合DVDの作成方法も書いているのですが、若干紛らわしい表記があったのでココで補足させてもらいます。

27ページの図10に「oscdimgコマンドでブータブルDVDイメージを作成する」というところに、ブートイメージとして…

64ビット版 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\amd64\boot\efisys.bin

を用いるという記述がありますが、このブートイメージで起動できるシステムはかなり少ないと思います。このブートイメージを用いた場合、現在多くのマザーボードで用いられているBIOSではなく、次世代BIOSと呼ばれているEFIからのみ起動可能となります。

BIOSを使用しているマザーボードを使用している場合は64bit版の統合DVD作成であっても、32bit版のブートイメージとして紹介されている

32ビット版 C:\Program Files\Windows AIK\Tools\PETools\x86\boot\etfsboot.com

を用いることで、起動が可能になります。

確かに、Windows Vista SP1 以降の64bit版のみはEFIからの起動に対応しましたが、この表記はどうかと…

PC Japanの記事をみて64bit版が起動しなくて困っていた方は試してみてくださいな。

2009/6/23 火曜日

MacBookPro SATA 3Gbps修正ファームウェア

Apple provides fix for half-speed SATA issue – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/17108

発売時から話題になっていたMacBook ProのSerialATAインターフェース。SATA 3Gbpsで接続できるはずが、SATA 1.5Gbpsとして動作するためにSSD搭載時に本領が発揮できない状態でした。

今日、Appleからこの問題を修正しるEFIファームウェアアップデートが公開されました。

About the MacBook Pro EFI Firmware Update 1.7 and iMac EFI Firmware 1.4 Updates – Apple
http://support.apple.com/kb/HT3561

上のAppleのサポートページからダウンロードおよび、アップデート方法を見ることができますが、6月23日22時現在、日本語版のリンクをクリックしてもiMac用のファームウェアの情報しか表示されません。英語の解説に自信がない方はもうチョット待ったほうがいいかもしれませんね。

2009/3/18 水曜日

RAID構成時には2TBの壁に注意!

大容量ハードディスクのRAIDは2TBの壁に注意 – ドスパラ製品レビュー
http://review.dospara.co.jp/archives/51603663.html

いよいよ、WD20EADSの登場で単体のHDDでも2TBに達するようになりました。(まぁ、OS読みでは1.8TBですけどね^^;)いつの時代もHDDの容量が増えると「容量の壁」にぶち当たることになる。

容量の壁

一番最近では、「137GBの壁」がありました。パラレルATAタイプのHDDでは仕様上137GBまでしか領域管理ができませんでした。そこで、141PB(ペタバイト=1,000TB)まで扱える「Big Drive」規格が登場した。このため、少し古いPCの中にはHDDの最大容量が120GBまでっていう製品が存在します。

2TBの壁

そんな「容量の壁」ですが、次にぶち当たるのが「2TBの壁」。これはHDDの先頭に記述されているMBR(Master Boot Record)による制限。このMBRにはパーティションの情報が記録されており、そこで管理できるデータ量が2TBであることにより発生する。(詳しい計算はドスパラの記事で)

解決策

これから2TBを超えるHDDが登場するとこの「2TBの壁」による問題が発生する。その解決策として、MBRの代わりにGPT(GUID partition table)を用いる方法がある。Vistaが発売になったときにちょっぴりだけ話題になったやつです(^^;)

このGPTを利用できるのは今のところ、WindowsではVistaとXPの64bit版となっている。そのため、Vistaであればデータを保存する分には「2TBの壁」に困ることはないはず。

gpt

実際、Vistaの[コンピュータの管理]-[ディスクの管理]に↑このような項目がありますし。

2TB以上での起動

ただ、2TB以上のパーティションで起動するとなると話は別。現在のマザーボードに搭載されているBIOSではGPTからの起動がサポートされていない。GPTからの起動には次世代BIOSと言われているEFIが必要になる。

このEFIをサポートしているのは今のところ、メジャーなOSでは、Windows Vista SP1 64bit版とMacOSXのみ。(LinuxやItanium用WindowsもEFIに対応してますが、まぁ、そんなの使ってる人は「2TBの壁」程度では困らないですよね^^;)マザーボードに至っては、MSIの「P35 Neo3-EFINITY」くらいでは?

このため、2TB以上のHDDでの起動は現状としてはかなり難しい。まぁ、起動OS用のHDDに2TB以上も必要とする人がいるのかどうかが不明ですけどね。

それにしても2TBかぁ。コンピュータを使い始めた頃は10MBの外付けHDDでもスゲェ!と思ってたのにな(笑)

P.S. この記事の番号かなり若い(#961)ですが、実はWD20EADSの噂が流れた時に書いた記事を忘れてて放置していたからです。ドスパラの記事を読んで思い出しましたwww

2008/12/27 土曜日

EFI-Xが販売されている?!

PCでMac OS Xが動くというブートセレクタが販売中 – AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081227/etc_efi.html

知る人のみぞ知る「EFI-X」。USBにさすだけでMacOSXが自作機で使えるというシロモノなのだ。MacではBIOSのかわりに次世代BIOSといわれているEFIを使用しているため、通常は自作機での起動が不可能なのだが、この「EFI-X」はEFIを仮想的に実現できるものと考えればいいかな?(詳しいことは謎に包まれているので…)

MacOSXのライセンスに反する(ハズ)なので、日本では共同購入しなきゃ手に入らないと思ってましたが、売ってるんですね。いつ消えるかわからないので、試してみたい場合は発見後は即買いですよ。使用は自己責任で(笑)

タグ: , , ,

HTML convert time: 0.643 sec. Powered by WordPress