2010/1/9 土曜日

GPU統合Core i5、i3、Pentiumシリーズが発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 15:17:28

GPU機能内蔵のインテル製CPU「Clarkdale」が発売開始! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/488/488621/

Intel のCore iシリーズのGPU機能内臓CPU「Clarkdale」が正式発表され、発売になりました。Core i5-600シリーズ、Core i3-500シリーズ、Pentium Gシリーズとして登場。

CPUコアとGPUコアは別のダイとして一枚のパッケージに実装されている。CPUコアは32nmプロセスで製造されていますが、GPUコアは45nmプロセスとなっている。

この型番わかりずらいなぁ… ということで発売されたものを一覧にすると…

Core i5

  • Core i5-670 (3.46GHz 4MB 73W HT TB)
  • Core i5-661 (3.33GHz 4MB 87W HT TB)
  • Core i5-660 (3.33GHz 4MB 73W HT TB)
  • Core i5-650 (3.20GHz 4MB 73W HT TB)

Core i3

  • Core i3-540 (3.06GHz 4MB 73W HT)
  • Core i3-530 (2.93GHz 4MB 73W HT)

Pentium

  • Pentium G6950 (2.80GHz 3MB 73W)

表記はいずれも(CPU動作クロック キャッシュ容量 TDP)の順でHTはHyperThreading有効、TBはTurboBoost有効を示しています。

Core i5-661のみがTDPが高くなっていますが、これはGPU側の動作クロックが他のモデルでは773MHz(G6950のみ533MHz)であるのに対し、i5-661のみは900MHzとなっている。

あまり注目されていないようですが、Intelの仕様書をみると、Core i5-661のみIntelVT-d、Intel-TXTなどの仮想化技術が利用できなくなっているようです。一般的な使い方ではあまり関係ないかと思いますが、業務向けのシステムとかでは注意が必要ですね。

HTML convert time: 0.509 sec. Powered by WordPress