2010/3/4 木曜日

Western DigitalがSSD『SiliconEdge』を発表

Western Digital makes SSD’s? – PC Perspective
http://www.pcper.com/comments.php?nid=8465

Western Digitalがコンシューマ向けSSD『WD SiliconEdge Blue』シリーズを発表しました。

『WD SiliconEdge Blue』シリーズはインターフェースにSATA 3Gbpsを採用し、2.5インチ形状となっている。容量は64GB、128GB、256GB。最大読み出しレートは250MB/sで書き込みは170MB/s。TRIMとNCQコマンドに対応している。

Western Digital SiliconEdge Blue 256GB SSD Review – PC Perspective
http://www.pcper.com/article.php?aid=878

PC Perspectiveにはすでにレビューが掲載されており、それによると筺体が金属製なのですが、分解が大変なほど頑丈とのこと。フラッシュEEPROMにはSamsungのMLC NANDを採用しており、キャッシュメモリにはElite SemiconductorのDDR2-800 256MBを搭載。性能はベンチマークによりけりって感じですかねぇ。

追記:2010/03/04 0:41

Western Digital SiliconEdge Blue Review: WD Enters the Consumer SSD Market – AnandTech
http://www.anandtech.com/storage/showdoc.aspx?i=3757

AnandTechにもベンチマークがありました。

追記:2010/03/04 23:44

WD SiliconEdge Blue 256GB SSD Review – HOT HARDWARE
http://hothardware.com/Articles/WD-SiliconEdge-Blue-256GB-SSD-Review/?page=6

多くのサイトでベンチマークが公開され始めましたが、使い慣れたCrystalDiskMarkを使用したベンチマークがありましたので、紹介しておきます。

2010/2/1 月曜日

IntelとMicronが25nmプロセスのNANDフラッシュEEPROMを発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:43:00

Intel and Micron Unveil 25nm NAND Flash – HOT HARDWARE
http://hothardware.com/Articles/Intel-Micron-Announce-25nm-NAND-Technology-/

IntelとMicronが業界初の25nmプロセス採用のMLC NANDフラッシュEEPROMを発表しました。

半導体は一般的に製造プロセスが進み、トランジスタ数が同じだと、一枚のウェアはから取れるチップ数は向上し、さらに歩留りが向上するため価格が下がる。新しいプロセスでの安定供給が可能になるまで時間がかかりますが、最終的には45nmプロセスのものよりも価格が1/3程度になると予想されているようです。

HOT HARDWAREにチップの画像が掲載されていますが、さすがメモリ。CPUと異なり素子が規則的に配置されているため、きれいですね。また、2ページ目にはIntelとMicronの合弁会社IM Flash Technologiesの製造工場(FAB)の様子もあり。クリーンルーム内の工程はすべて自動化されており、写真内に写っている人たちは装置の修理や保守点検を行っている技術者とのこと。21世紀って感じですね(^^)

追記 : 2010/02/01 23:45

Intel and Micron to announce 25nm flash memory – PC Perspective
http://www.pcper.com/comments.php?nid=8330

面白い画像があったので追記。持ち逃げはいけません!(笑)

ちなみに、この300mmウェハで2TB以上のメモリが集積されているそうです。すごい…

2009/12/3 木曜日

Micron からSATA 6Gbps対応のSSDが登場

Micron announces the C300 SATA 6Gbps SSDs – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=31275&catid=2

すでに、対応マザーボードや拡張カードが販売されているSATA 6Gbps。ストレージ側はSeagateからBarracuda XTが発売されていますが、HDDではSATA 6Gbpsにしたところでそれほど変化がありませんからねぇ。

SATA 6Gbpsの性能を発揮できるSSDの登場が待たれていましたが、MicronからSATA 6Gbpsに対応するSSD 『RealSSD C300』が発表されました。RealSSD C300は34nmプロセスで製造されたMLC(Multi-Level Cell) のNAND型フラッシュEEPROMを採用しており、2.5インチと1.8インチサイズが発売されるようです。最大容量は256GBになるようです。

TechConnect MagazineにMicronがYouTubeに投稿した紹介動画が掲載されていますが、それによると、リード性能は350MB/sとSATA 3Gbpsの実効最大転送レート300MB/sを超えており、確かにSATA 6Gbpsによる性能向上が見られる。

ちなみに、記事の方ではキャッシュ容量について触れられていませんが、写真を見た限り、Micron製のDDR3チップが見えますので、高速なキャッシュは搭載されているようですね。

2009/11/18 水曜日

Fusion-ioのPCIe接続SSD 『ioXtreme』

Fusion-io ioXtreme PCI Express SSD Review – HotHardware.com
http://hothardware.com/Articles/Fusionio-ioXtreme-PCI-Express-SSD-Review/

今年の6月に発表されたFusion-ioのPCI Express 1.1 x4接続のSSD 『ioXtreme』。その『ioXtreme』のベンチマークがありました。

『ioXtreme』は単体で公称700MB/sでのリードが可能とのことですが、別なボード『ioXtreme Pro』を複数枚組み合わせることでPCI ExpressをまたぐRAID0の構築が可能で、「ioXtreme + ioXtreme Pro」の構成では1.4GB/s、「ioXtreme + ioXtreme Pro×2枚」の構成では2.1GB/sでのリードが可能とか。

実際のベンチマークでは『ioXtreme』、『ioXtreme Pro』ともに単体で700MB/s超え。「ioXtreme + ioXtreme Pro」構成では1348MB/s。ただでさえ高いPCI Express接続SSDを複数枚という発想はありませんでしたが、こういうことも可能なんですね。

高速な読み取りが可能で外部電源が不要な『ioXtreme』ですが、欠点はOSのブートに対応していないことと容量が80GBと小さいこと。OSブートができないのは残念ですねぇ。

2009/10/1 木曜日

店員泣かせなPCIe接続SSDがOCZからも発売に

OCZの拡張カード型SSDが発売に、256GBで16万円 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091003/etc_ocz.html

超速いけど、超高いPCI Express接続型のSSD。すでに、PhotoFastの「G-Monster PROMISE PCIe SSD」などが発売になってますが、新たにOCZから「Z-Drive p84」が発売になったようです。

お値段が256GBモデルが158,000円、512GBモデルが256,000円、1TBモデルが456,000円とのこと。こりゃ、店員さん泣かせな品ですね(^^;)

↓ポチっとやってくれる勇者募集中!

2009/6/7 日曜日

Fusion-ioからPCIe x4接続SSD登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 17:59:53

Fusion-io Reveals PCIe-Based ioXtreme Solid-State Drive with “Fatal1ty”. – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/news/storage/display/20090605043941_(中略).html

Fusion-io and Fatal1ty team to bring ioXtreme PCIe SSD – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=26999&catid=2

すでに、PhotoFastからPCI Express ×8接続のSSDが発売されていますが、Fusion-ioから新たにPCI Express ×4接続のSSDが発表されました。

容量は80GBとなっており、MLC(Multi-Level Cell)を採用している。転送レートは平均で520MB/s、バースト転送時で617MB/sとなるとか。注意が必要なのが、対応OSが64bit版のWindowsまたはLinuxのみとなっていること。

TechConnect Magazineに写真も掲載されていますが、これまでのPCI Express接続SSDとはことなり、シングルスロットで利用可能となっている。これならSLIかCrossFire構成のGPUでも利用できそうですね。さすが、プロゲーマーと共同開発(^^)

ちなみに、CeBIT 2009でOCZが展示していたPCI Express ×8接続のSSD「Z Drive」ですが、SLIの利用時に不便だろうということで、製品化中止になったようです。

[COMPUTEX]OCZ,Z Driveをキャンセルし,3.5インチ&1TBモデルのSSDを投入へ – 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/017/G001762/20090605001/

2009/3/14 土曜日

Fusion-ioから世界最速のSSD発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:18:52

Fusion-io、読み取り1.5GB/secの世界最速SSD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0313/fusionio.htm

先日、OCZがCeBITでPCI express ×8接続のSSDを用いてリード700MB/sオーバーのデモを行いましたが、今度はFusion-ioからそれを大幅に上回る1.5GB/sのSSD「ioDrive Duo」が登場しました。最大容量は1.28TBですが、これは640GBのMLCを2枚用いた場合で、最大速度が出るのは320GBのSLCを用いた場合となる。

(PDF)ioDrive Duo – Fusion-io
http://www.fusionio.com/PDFs/Fusion_ioDriveDuo_datasheet_v1.pdf

ちょっと気になるのが、データシートによると対応OSがWindowsだと64bit版だけとなっている。64bit版にしかない機能を使っているのでしょうか?

はいじん☆ちゃんねる >> OCZがPCIe接続SSDのデモを実施
http://haizin.serveblog.net/?p=2112

はいじん☆ちゃんねる >> PCIe接続のSSD
http://haizin.serveblog.net/?p=638

2009/3/4 水曜日

OCZがPCIe接続SSDのデモを実施

OCZ demos 1TB PCIe x8 solid state drive at CeBIT – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=24971&catid=2

OCZがドイツのハノーバーで開催中のCeBITでPCI express ×8接続のSSDのデモを行ったそうです。256GBのMLC SSD4台のRAID0構成となっており、全容量は1TB。公称読み出し速度は600MB/sだそうですが、デモにおいては最大で712MB/sも出ています!

以前、似たようなことを書いたことがあるな~、と思って、調べてみると…

はいじん☆ちゃんねる >> PCIe接続のSSD
http://haizin.serveblog.net/?p=638

去年の10月にありました。このときは80GBで1000ドル以下とのことでしが、今回発表されたものは1TBで1500ドル程度になるとか。本当にFlash EEPROMは安くなりましたねぇ(^^;)

2008/12/27 土曜日

来年はSSDが普及するか?!

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 15:45:29

Netbookでは普通に搭載されてますし、だいぶSSDが広まってきましたねぇ。ただ、容量の大きいものや、読み書きが速いものは相変わらず高いですからねぇ… それでも、2.5インチの記録媒体としてはHDDよりも高速なことが多いため、ノートでも採用が増えてますね。デスクトップではまだまだって感じですが、こんなものが発売されてました。

2.5インチHDDを2台収納するケースにRAID対応モデル登場 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/200/200441/

トレイ不要! 3.5インチに2.5HDDを2台格納デバイス – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/200/200372/

SSD×2台用のRAIDボックス発売、7千円弱 MLC-SSD×2台でライト141MB/sも実現可 – AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081227/etc_dirac.html

3.5インチベイに2.5インチHDDやSSDを2台、リムーバブルドライブとして使用するものだ。5インチベイに3.5インチHDDを搭載するためのものはかなり前から出てましたが、2.5インチ用でトレー不要のものは初めてでは?さらに、RAIDが搭載されているものも発売されているので、別途RAIDコントローラを準備しなくてもOKとのこと。AKIBA PC Hotline!の記事よると高速なSSDを2台のRAID0だとそれほど性能向上は望めないが、低速なSSDを組み合わせると面白そうですね。

ちなみに、リードで200MB/sを超える高速なSSDと言えば、これまでIntelのX25-Mでしたが、新たに2メーカー登場したようです。

高速かつ大容量SSD続々発売! PhotoFastから2モデル登場 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/201/201039/

読込240MB/s、書込160MB/sの256GB SSDがデビュー! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/201/201028/

リード200MB/s超、ライト160MB/sのMLC-SSDが2社から発売 – AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081227/etc_pfast.html

さすがに高いですね… 一度RAID0組んでみたいんだけど、こんなに容量いらないんだよなぁ。OS領域用に32GBぐらいあればいいから同じ転送速度で8GBのとか出ないかなぁ~。5000円くらいで(^^;)そしたら4台買っちゃうんだけどなぁ。

タグ: , , , , ,

HTML convert time: 0.677 sec. Powered by WordPress