2010/1/2 土曜日

2560×1440のIPSパネル液晶がCES 2010で発表される

First Dell U2711 pictures – official on CES 2010 – FLATPANELS HD
http://www.flatpanelshd.com/news.php?subaction=showfull&id=1262001212

先月から噂は流れていましたが、2560×1440の解像度に対応したIPS方式液晶パネルを採用するディスプレイ『U2711』がCES 2010で発表されるようです。上のサイトにはすでにDellのものですが画像も掲載されています。

すでに、このパネルを採用するiMac 27インチが発売されていますが、それ以外では未発売。

New IPS PA-series from NEC – FLATPANELS HD
http://www.flatpanelshd.com/news.php?subaction=showfull&id=1260108113

NECからPAシリーズとしてこのパネルを採用するPA271Wが発表されるようです。

最近の1920×1080パネルだと縦が少ないなぁと思ってましたが、2560×1440なら贅沢なくらいですね。これなら16:9でもそそられる…

今年は一層16:9の液晶が増えていきそうですねぇ。

2009/12/24 木曜日

USB Attached SCSIでWDとNECエレが協力

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:19:56

WD And NEC Electronics Collaborate To Promote SuperSpeed USB 3.0 Standard With New Storage Interface Technology – Nordic Hardware
http://www.nordichardware.com/news,10459.html

USB 3.0コントローラを出荷しているNECエレクトロニクスとWestern DigitalがHDDの接続インターフェースとしてUSB 3.0を用いることで協力することになったようです。

その第一段階として高速な転送が可能なUSB Attached SCSIプロトコル(UASP)の開発を行うようです。SCSIプロトコルといえば転送時のCPU占有率が低く安定性が高いという特徴があり、Serial Attached SCSIやTCP/IPネットワーク上でSCSIプロトコルを利用するiSCSIがありますが、同じようなものなんでしょうかねぇ?

追記:2010/01/05 22:35

NECエレ、USB 3.0の新プロトコルドライバをWDと共同開発 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100105_340490.html

正式発表されました。通常のBulk Only Transfer(BOT)規格と比べると30%程度転送レートが向上するようですね。

2009/11/17 火曜日

世界一の計算機ランキング『TOP500』 2009年11月発表

世界最速スーパーコンピュータ、CrayがIBM抜く 中国が5位に – ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/16/news071.html

2009年11月の計算機性能ランキング『TOP500』が発表されました。前回までの3期にわたり1位だった米国ロスアラモス国立研究所のRoadrunnerは今回は2位になり、世界最速は前回2位だった米国オークリッジ国立研究所のJaguar – Cray XT5-HE (1.759PFLOPS)に。

システム名からわかるように開発元はCray。CrayといえばCray-1。スーパーコンピュータと言えば円筒形のものを想像してしまう自分は古臭いのだろう(^^;)

ちなみに、Roadrunnerは前回ベンチマークスコアが1.105PFLOPSでしたが今回は1.042PFLOPS。どのように計測しているのかは詳しくしりませんが、その時その時でスコアが変動してしまうんでしょうかね?

他に気になるのは中国の天津国立スーパーコンピュータセンターのTianhe-1が5位に入っていることですね。こちらはIntelのXEONとAMDのGPUのハイブリッド構成とのこと。東工大のTSUBAMEにNVIDIAのTESLAが搭載されたときにも注目されましたが、これからはGPGPUを利用するシステムが増えてきそうですね。

国内の計算機では今年3月に更新された新「地球シミュレータ」が31位。プロセッサ別ではTOP500のうち1つNECが入っているのみ。そんな日本の計算機に関連してこんな情報が…

世界一のスパコン本当に不要? 文科省、仕分け結果の意見募集 – ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/17/news023.html

何年も前から世界一奪還を目指して計画されていた「汎用京速計算機」。現在の計算機の10倍もの性能を目指して2012年完成と言われてますが、不景気になったりNECと日立が撤退したりで雲行きがあやしくなったなぁと思いきや、お国もこの国家プロジェクトに微妙な反応を…

先日物性理論をやっている方から話を聞いたんですが、今理論計算をおこなっていて一番大変なのが計算機の性能が足りないこと言っていました。国家プロジェクトで作りあげられた計算機以外にも、開発で得られた成果から他の計算機の性能も向上するでし、何よりも技術立国と自賛している国が隣国に抜かれっぱなしって言うのが恥ずかしいですからねぇ。ぜひ頑張って頂きたい…

2009/11/14 土曜日

ASUS「U3S6」とBarracuda XTのレビュー記事

Serial ATA 6GbpsのHDDをASUSの「U3S6」で検証 – 日経PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20091114/1020457/

日経PC onlineに初のSATA 6Gbps接続HDDであるSeagate Barracuda XT 『ST32000641AS』をASUSのSATA 6Gbps + USB 3.0インターフェースボード『U3S6』に接続して使用するレビューが掲載されていました。

やはり、現行のHDDだとそれほどSATA 6Gbpsの性能は活用できないようで、SATA 3Gbpsでの接続とほとんど差がありませんねぇ。Western DigitalのWD RE4の2TBモデル『WD2003FYYS』との比較ではシーケンシャル読み書きはWD RE4が優勢ですが、ランダム読み書きはBarracuda XTの方が速いようです。

他にU3S6でのUSB 3.0の性能もベンチマークしていました。ラトックのUSB 3.0ボードと違い、PCI Express 1.1でも性能が発揮できるのは良いですねぇ。まぁ、PCI Express x4以上のスロットが余っているかが問題ですけどね(^^;)

USB3.0 / SATA 6Gbps対応機器続々発売

まるでタイミングを合わせたかのようにUSB 3.0とSATA 6Gbpsに対応した製品が一斉に発売されましたねぇ。

Gigabyte、USB3.0とSATA3.0対応の「P55」マザーが5モデル – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/475/475356/

ASUSTeKからもUSB3.0+SATA3.0対応の「P55」マザーが登場 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/475/475712/

GigabyteとASUSからは両規格のコントローラを新たに搭載したマザーボードが発売。いずれも、以前から発売になっているIntel P55モデルに新たにUSB 3.0とSATA 6Gbpsのコントローラチップを搭載した以外は基本的には前モデルと同じようです。(PCIスロットの数が変わったりと微妙な違いもあるようですが)

GigabyteもASUSのどちらもUSB 3.0コントローラチップにはNECの「μPD720200」、SATA 6GbpsにはMarvell 「88SE9123」を使用。

GigabyteのマザーボードにはUSB PowerBoostという機能が搭載されており、USB 2.0では1500mA、USB 3.0では2700mAの電源供給が可能になっている。USB 2.0の規格上は500mA、USB 3.0では900mAとなっているため、それぞれ3倍近い出力が可能となっている。個人的には低品質なUSBケーブルに1.5Aもの電流を流して発火しないかが心配ですが…

ブリッジチップで高速化する6Gbps SATAカードなどが発売 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091114/etc_asus.html

ASUSからはUSB 3.0とSATA 6Gbpsの両方に対応するPCI Express x4接続のインターフェースボード『U3S6』とSATA 6Gbpsだけの『PCIE GEN2 SATA6G』が発売。先日紹介しましたが、このボードはPCI Express 1.1の帯域不足によるボトルネックを解消するためPLX Technology Inc.のPCI Expressブリッジチップ『PLX PEX8613』を搭載している。

USB 3.0とSerial ATA 6Gb/sに対応するマザーボードおよびインターフェースカードを発表 – ASUS
http://www.asus.co.jp/news_show.aspx?id=16975

ブリッジチップについてはASUSのニュースリリースにわかりやすく説明が書かれていました。

ASUSの発表では動作確認マザーボードはASUSTek製のみでしたが、ASUS以外のマザーボード使用可能かが気になりますねぇ。

初のUSB3.0対応外付けHDDがバッファローから登場! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/475/475580/

周辺機器としてはバッファローからはUSB 3.0に対応した外付けHDDが発売。同時にUSB 3.0に対応したPCI Express 2.0 x1接続のインタフェースボード『IFC-PCIE2U3』も発売。玄人思考ブランドからもおそらく同じもの(?)と思われる『USB3.0N-PCIe』が発売。

先日ラトックからも同様の製品が発売されていますが、今回発売されたバッファロー(玄人思考)のものもPCI Express 2.0じゃないと性能を発揮できないのは要注意!

ちなみに、USB 3.0へのバスパワー電源用に電源供給用端子が搭載されていますが、ラトックのものはシリアルATA電源コネクタ (15ピン)したが、バッファローはFDD電源コネクタ (小4ピン)を採用。余っている端子でどちらにするかを選ぶと良いかもしれませんね。(注:追記参照)

6Gbpsに対応したSeagate製2TB HDDの販売がスタート! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/475/475510/

Seagateからは初のSATA 6Gbps対応HDDとなるBarracuda XTの2TBモデル『ST32000641AS』が発売。先日ベンチマーク記事がありましたが、正直なところHDDではまだSATA 6Gbpsの性能を発揮できませんからねぇ。Western DigitalのCaviar Black『WD2001FASS』にするか悩むところでしょうねぇ…

追記 : 2009/11/14 16:20

【USB3.0】IFC-PCIE2U3カードファーストインプレのようなものです。 – 伝道師日記
http://ameblo.jp/dendoshi/entry-10388113251.html

伝道師日記さんにバッファローのUSB 3.0インターフェースカード『IFC-PCIE2U3』のレビューが掲載されていますが、どうやら、(シリアルATA電源コネクタ)→(FDD電源コネクタ)の変換ケーブルが付属しているようです。

2009/10/31 土曜日

ASUSのUSB3.0+SATA 6Gbps増設ボード

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 19:45:57

An Early Look at Asus USB 3.0 and SATA 6.0 Expansion Card – Expreview
http://en.expreview.com/2009/10/31/an-early-look-at-asus-usb-30-and-sata-60-expansion-card.html

ASUSからUSB 3.0とSATA 6Gbpsの両方を1枚で増設できるPCI-Express×4ボード『U3S6』が登場するようですね。

使用されているコントローラが、USB 3.0が『NEC μPD720200』、SATA 6Gbpsが『Marvell 88SE9123』でPCI-Expressブリッジが『PLX PEX8613』になっているところをみると、昨日紹介したASUSのSATA 6Gbps対応マザーボード『P7P55D Premium』の新機能部分を1枚のPCI-Expressボードにまとめたって感じですねぇ。

ASUS、USB 3.0/ SATA 6Gbps対応の「P55」マザーと拡張カード – マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/10/30/028/index.html

ちなみに、マイコミジャーナルにこの『U3S6』がちょこっと紹介されていますが、こちらではSATA 6Gbps機能が搭載されていないP7P55Dシリーズ向けの製品となってますねぇ。他のマザーボードでも使用できるかが気になりますなぁ。

2009/10/18 日曜日

Gigabyte SATA 6Gbps対応マザーが間もなく登場?

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:26:54

Gigabyte readies GA-P55A-UD4 board with SATA 6.0 Gbps, USB 3.0 – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=30294

現在SATA 6Gbpsに対応しているマザーボードはASRock P55 Deluxeのみですが、Gigabyteからも登場するようです。TechConnect Magazineの情報ではGA-P55-UD4の改良版『GA-P55A-UD4』として今年中に登場するとのこと。

Marvell製コントローラによるSATA 6Gbpsのほかに、NEC製コントローラ搭載によりUSB 3.0に対応し、電源フェーズ数がGA-P55-UD4の10フェーズから14フェーズに増えるとか。

現行GA-P55-UD4よりもちょっとお高くなるかもしれませんが、購入を検討していた方はもうちょっと様子をみるのもありかもしれませんね。

2009/9/19 土曜日

更新再開 ~気になったものまとめ~

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 16:43:01

お久です!2週間ほどサボりお休みしてましたが、今日から更新を再開します。この2週間、修羅場があったり、富山へ行ったりしました。しばらくネットが使えず、いかに自分がネット依存症かを感じました(^^;)

さて、この2週間の間にいろいろ新製品が出たりしたようですが、まぁ、気になったところをまとめてみました。

HDD関連

HGSTもついに2TBへ! 回転数は7200rpm! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/458/458446/

HGST初の2TB HDD 『Deskstar 7K2000(HDS722020ALA330)』が店頭に登場しましたねぇ。札幌駅前のPCショップでも発見しました。お値段は2万3千円くらいですね。

【2TBディスク比較テスト】さて、その結果は・・・・・ – 伝道師日記
http://ameblo.jp/dendoshi/entry-10341745292.html

伝道師日記さんが現行2TB HDDの比較を行ってますが、400GBプラッタとは言え、初の7200rpmですので、速いようですね。

Hitachi announces two new CinemaStar HDD series – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=29460&catid=2

同じくHGSTからHDDレコーダ用途のCinemaStarシリーズに新モデルが登場しました。『CinemaStar 7K1000.C』と『CinemaStar 5K1000』。名称からわかるように7K1000.CはDeskStarとUltraStarシリーズの同名品に対応しているようですね。

WD(R) Ships 640 GB Notebook Hard Drives – Western Digital
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=61500&p=RssLanding&cat=news&id=1329472

Samsung, Toshiba have 640GB mobile drives, too – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/17566

先週は2.5インチHDDの発表ラッシュだったようですね。すでに、東芝から発表されていた、9.5mm厚品として最大容量となる640GBですが、あらたにWestern DigitalのWD Scorpio Blue(WD6400BEVT)とSamsungのSpinpoint M7シリーズに登場。いずれも5400rpmでキャッシュ容量は8MBとなっている。320GBプラッタを2枚用いているとのこと。

昭和電工、容量334GBの2.5インチハードディスクプラッタ – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090909_314421.html

その2.5インチHDD用プラッタに関連して、昭和電工からも発表が。同社が垂直磁気記録方式第5世代としている2.5インチHDD用334GBプラッタの量産が開始されたとのことです。また、3.5インチHDD用の750GBプラッタも量産準備中とか。3.5インチもあっという間に3TBに達してしまいそうですね。

業界最大記憶容量160GBを実現した1枚構成の1.8型HDDの商品化について – Akihabara News
http://www.akihabaranews.com/jp/news_details.php?id=18869

モバイル用途のHDDでは1.8インチHDDの1プラッタ品として最大容量となる160GB HDD『MK1634GAL』が東芝から登場。先日発表された新iPod Classicの中身はこれなんですかね?

CPU関連

“Lynnfield”こと「Core i7-870/860」「Core i5-750」の販売開始!
http://ascii.jp/elem/000/000/457/457875/

ついに発売されましたねぇ!LGA 1156製品。正直Core i7紛らわしいです…

今までのCore i7とは似て非なる新CPU「Core i5」の性能は?
http://ascii.jp/elem/000/000/457/457768/

Core2世代のノースブリッジに相当する部分がCPUに統合されながらもTDPが低めなので消費電力を少なくしたいなら良さそうですね。それにしても、GigabyteのP55マザー『GA-P55-UD6』の24フェーズって多すぎ(^^;)

Server Xeon L3426 to come with 45W TDP – INPAI.com
http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=6979

Lynnfield世代のXeonが発表されましたねぇ。やっぱり驚くべきは1.86GHz動作のXeon L3426ですね。TDPが45W!ターボブースト時に3.20GHzまであがるとなってますが、ここまでTDPが低くても上がるんですかね?

Arrandale Ultra Low Voltage has 18W TDP – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/15448/1/

Mobile Core i7 launches at IDF, priced – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/15445/1/

さらに、モバイル用のCore i7も登場するようですが、こちらは現在のCore 2 Duoの超低電圧モデル『SU9600』を置き換える『Core i7 640UM』がTDP 18Wになるとか!SU9600はTDP 10Wでしたので、高い?気がしますが、SU9600と異なり、グラフィック機能が統合されています。ただし、CPUの動作周波数は1.2GHzと低めになるようです。ターボブーストで2.26GHzまで上がるようですが、バッテリー使用時には効果がないようですからねぇ。

Athlon初のクアッドモデルが発売、L3無しで約1万円 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090912/etc_amd.html

ついにAthlonシリーズにクアッドコアモデルが登場しましたね。安い(^^;)以前、Athlon II X2のクアッドコア化が可能という都市伝説(?)がありましたが、これが登場したとなると、これから登場するモデルでは本当に可能になるかもしれませんねぇ。

ディスプレイ関連

NEC readies the white LED backlit EA222WMe monitor – TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=29453&catid=2

消費電力が少なく高コントラスト比が得られるLEDバックライトを採用した液晶ディスプレイですが、新たにNECからも新製品が登場するとか。LEDバックライト品を狙っているだけに選択肢が増えるのはうれしい(^^)

(続きを読むなの…)

2009/7/17 金曜日

USB 3.0対応インターフェースカード 年内発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 14:29:38

ラトック、USB 3.0対応インターフェースカード年内発売予定 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/436/436481/

ラトックの内覧会で“ほんの少し先の未来”をのぞいてきた – ITmedia
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0907/16/news099.html

ラトック、PCIe対応USB 3.0インターフェイスを年内発売 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090716_302760.html

ラトックの新製品内覧会にてUSB 3.0に対応したインタフェースカードが公開されたようですね。発売は年内を予定しているとのこと。

公開されたのはPCI Express 2.0 ×1のものと、ExpressCard/34のカード。いずれも、NECエレクトロニクスが先日発表した「μPD720200」をホストコントローラチップに採用しているようです。USB 3.0からはバスパワーの出力が強化され1ポート当たり900mAとなったため、外部電源供給が必要となってますが、供給しなくて、消費電力が小さいUSBメモリ等は動作するようです。

思ったよりも早く登場するようですが、まだ対応するデバイスがありませんから、普及は先になりそうですね。

はいじん☆ちゃんねる >> USB 3.0 ホストコントローラーチップが製品化へ
http://haizin.serveblog.net/?p=3089

2009/2/12 木曜日

NECと富士通もSeagate HDD用ファームウェア提供

NECと富士通、不具合が発生するSeagate HDD搭載PCにファームウェア提供 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0212/seagate.htm?ref=rss

一昨日、日本シーゲイトから正式にコメントが発表され、SONYとEPSONダイレクトも対象HDDを搭載したPCへの対応を発表していましたが、今日はNECと富士通からファームウェア提供についての発表がありました。

去年の夏以降にPCを購入した人はメーカーの情報に注目した方が良さそうですね。

次ページへ »

HTML convert time: 0.943 sec. Powered by WordPress