2009/9/4 金曜日

ノートPCでもSpursEngineが利用可能に

リードテック、SpursEngine搭載の「HPVC1100」を発売 – AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090902_312573.html

すでにLeadtekカノープスからPCI Express x1接続のSpursEngine搭載カードは発売されていますが、今回新たにLeadtekがExpressCard接続の外付けユニット『WinFast HPVC1100』を発表しました。

ユニットはPCI Express x1版の「WinFast PxVC1100」を内臓しているだけなので、機能は同じのようです。SpursEngineはPS3に搭載されている『Cell』を元にしており、H.264/AVC、MPEG-2、MPEG-4のエンコード・デコードを行うことができる。

ノートPCだとGPUなどによるハードウェア支援機能の増設が難しいだけに、うれしい製品ですね。

2009/6/26 金曜日

価格改定でCodecSys CE-10の期間ライセンス制が廃止に

フィックスターズ、PS3利用のAVC変換ソフトが買い切りに – AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090626_297094.html

Playstation 3を用いることで動画コーデック「H.264」のエンコードを高速化するフィックスターズのソフトウェア「CodecSys CE-10」の価格改定が行われました。

これまで、1年間のライセンス制だった料金体系がなんと廃止に!

Personal版は年間19,800円、Professional版が年間198,000円(1ヵ月 24,800円)でしたが、値段は変わらず買い切り制に変わりました。つまり、購入すればずっと使える。これに伴い、Professional版の1ヵ月ライセンスは販売休止になりました。(休止?復活する可能性あり?)

ただし、注意が必要なのが2年目以降は『年間バージョンアップ保守料』がかかること。とはいえ、保守料自体はこれまでの年間ライセンスよりもやすく、Personal版が年間9,800円、Professional版が年間98,000円となっている。

以前の価格制度だと導入を躊躇してしまいそうでしたが、これなら気軽に手が出せそうですね。気になるのはこれまでに購入した方。自動的に新価格制度に移行なんですかね?

はいじん☆ちゃんねる >> 「CodecSys CE-10」のレビュー記事
http://haizin.serveblog.net/?p=3905

はいじん☆ちゃんねる >> PS3を利用するH.264エンコードソフト正式発表
http://haizin.serveblog.net/?p=3256

2009/6/23 火曜日

「CodecSys CE-10」のレビュー記事

CPU以外のハードウェアを活用した動画トランスコードを試す【CodecSys CE-10 & PS3編】 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20090623_295628.html

PC Watchにフィックスターズの「CodecSys CE-10」のレビューが掲載されていました。CodecSys CE-10はPCからPlayStation 3にH.264のエンコードをさせることができるソフトウェア。PlayStation 3に搭載されているCPU「Cell Broadband Engine」が高度な並列演算において性能を発揮することができ、PCのCPUよりも高速にH.264のエンコードが可能なことをCodecSys CE-10は利用している。

このCodecSys CE-10のレビュー自体は初めてではなかったと思いますが、PC Watchのレビューで面白かったのが、PCとPS3の接続方法による違いを検証しているところ。CodecSys CE-10はPCとPS3をLANケーブルで接続することでデータをやり取りするのだが、HUBを経由したり、クロスケーブルで直接つないだ際に違いが出るのかを検証している。

PS3のCellを元にして東芝が開発した「SpursEngine」というLSIを搭載したPCI Express接続アクセラレータカードが去年、Thomson CanopusとLeadtekから発売されていますが、これとの大きな違いはCodecSys CE-10がMPEG-2等のデコーダを搭載しておらず、ハードウェア処理されないこと。せっかくエンコードが速くなっても、デコードが遅いために性能が発揮できないなんてこともありそうですので、ある程度のCPUは必要になりようですね。

2009/6/2 火曜日

PS3を利用するH.264エンコードソフト正式発表

はいじん☆ちゃんねる >> PS3でH.264のエンコードが可能に?!
http://haizin.serveblog.net/?p=2736

以前、PS3を用いることでH.264へのエンコードを高速化するソフトウェアが登場すると書きましたが、どうやら正式に発表されたようです。

ついにPS3を使った高速で高画質なH.264エンコードソフト「CodecSys CE-10」が正式発売、個人向けも – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090601_ce_10/

発表された「CodecSys CE-10」にはホームユーザ向けとプロフェショナル向けの二つのバージョンがあり、ホームユーザ向けはビットレートが15Mbpsまでで作成した動画の商用利用は禁止されている。プロフェショナル向けではビットレートは150Mbpsまで利用でき、商用利用が可能となっている。

いずれも販売はダウンロード販売で、1年間ライセンスとなっている。プロフェショナル向けは1か月ライセンスもあるようです。

ホームユーザ向けは19,800円となっているが、6月中に購入すれば20%引きになり、次年度の更新時もずっと20%引きになるとか。購入するなら今月中ですね(^^;)

CodecSys CE-10
http://codecsys.fixstars.com/ja/ce10/

公式サイトではプロフェショナル向けの全機能が14日間試せる評価版が公開中ですね。PS3をおもちのかたは試してみてはいかがでしょうか。

2009/4/17 金曜日

PS3でH.264のエンコードが可能に?!

PS3で動画をエンコードできるH.264エンコードソフト「CodecSys CE-10」 – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090417_ps3_h264/

映像処理が非常に強力なマイクロプロセッサ「Cell」を搭載しているSONYのPlaystation 3 ですが、4月20日からラスベガスで開催される「NAB Show 2009」にて、PS3向けのH.264エンコーダ『CodecSys CE-10』が登場するようです。

この「CodecSys CE-10」はPS3単体での動作はできず、どうやら、PCでのエンコード処理をPS3に渡すことでPS3がアクセラレータとなり、高速エンコードが出来るようです。イメージとしては、PS3をSpursEngineボードのように使えるって感じですかね。

SpursEngineは発熱と消費電力を抑えるためにCellよりもプロセッサコア「SPE」が8 → 4基すくなってますが、SpursEngineはCellには搭載されていないハードウェアコーデックが搭載されている。PS3とSpursEngineどっちがエンコード性能が高いかが楽しみですね。

ちなみに、CodecSys CEシリーズ自体はCell用のH.264リアルタイムエンコーダとしてワークステーション用とブレードサーバ用がすでに2月24日に発売済みでしたが、PS3用となると一般向けを狙った製品となるんでしょうかね?

追記:2009/05/02 00:35

正式発表されました。

はいじん☆ちゃんねる >> PS3を利用するH.264エンコードソフト正式発表
http://haizin.serveblog.net/?p=3256

2009/2/25 水曜日

明日発売の『龍が如く3』だが…

Filed under: ニコニコ動画,日記 — ハイジんブルー @ 21:23:41

L4U?(笑)

PS3のHDDをSSDに換装すると…

PS3のHDDをIntelの超高速SSDに換装するとパフォーマンスはどれだけ向上するのか – GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090223_ps3_ssd/

GIGAZINEでPS3のHDDをIntelの「X25-M Mainstream SATA SSD」に換装する実験がおこなわれてました。その発想はなかった(笑)

まぁ、SSDだけでPS3が買えちゃいますからねぇ(^^;)

HTML convert time: 0.712 sec. Powered by WordPress