2011/4/28 木曜日

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】

『Intel Rapid Storage Technology』というタイトルにしましたが、ぶっちゃけ今回はRAID0の構成変更(マイグレーション)がメインで、他の説明は何もありませんよ~。

ST3500413(8)AS×3 RAID0構築

先日『ST3500413AS』を購入した際に、RAID0の増設用として単体での【レビュー的な何か】を掲載しましたが、今回はそのRAID編です。

RAIDについてはここで説明しませんので、ご存じない方は他のサイトの解説をご覧あれ。

RAID – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/RAID

すでにST3500418ASを2台用いたRAID0アレイを構築済みですので、そのRAIDアレイにST3500413ASを追加します。ここでは、その追加方法と追加後のベンチマークを紹介していきます。

~目次~

  1. ディスク追加編
  2. 容量拡張編
  3. CrystalDiskMark編
  4. まとめ

関連記事

【レビュー的な何か】7200.12 ST3500413AS【目次】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【目次】
【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS【目次】
【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS 2台目【目次】
動画編集PCのスペックアップ計画
オレのHDD活用術『あり合わせ部品ファイルサーバー』

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】←今ココ
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

まず、初めに何がしたいかを確認!

これまで『ST3500418AS』(500GB)を2台用いた状態でRAID0(ストライピング)を構築していました。この状態だと合計容量は1TBになるんですが、容量がいっぱいになってしまった上により高速転送できる環境が欲しくなったのでHDDを追加して容量増加・高速化をすることにしました。

一般的にはRAID構成時に用いるHDDは同じメーカーの同じ型番を用いることが推奨されていますので、すでにRAID構成に用いている『ST3500418AS』を追加するのが最もいいのですが、今回は『ST3500418AS』の後継モデル『ST3500413AS』を追加してみました。『ST3500413AS』はインターフェースがSATA 6Gbpsに進化した以外はキャッシュ容量や回転数、プラッタ容量等が『ST3500418AS』と全く同じなのでおそらく問題ないだろうと判断しました。

『ST3500418AS』については…
http://haizin.serveblog.net/?p=8153

『ST3500413AS』については…
http://haizin.serveblog.net/?p=3870

をご覧あれ。

RAIDを構築するコントローラはマザーボード上の『Intel ICH10R』を使用。

はいじん☆ちゃんねる >> 【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【構築編】
http://haizin.serveblog.net/?p=4128

構築については以前書きましたので、今回はドライブ増設について書きます。なお、構築時のIntelのソフトウェアは『Intel Matrix Storage Console』という名称でしたが、現在は『Intel Rapid Storage Technology』に変わりました。操作方法も若干変わってますが、どちらもウィザード形式でわかりやすいと思います。

Intel Rapid Storage Technologyでのディスク追加

まず、新たに追加するHDDを接続した状態で『Intel Rapid Storage Technology』を起動します。

起動はタスクトレーの『Intel Rapid Storage Technology』のアイコンから[アプリケーションを開く]を選ぶことで可能です。

起動するとこんな画面が出て右側に各SATAポートの状態が表示されます。

今回は現在のRAID0アレイ『Array_0000』に『内部ディスク 466GB』を追加する。

画面上部の[管理(M)]をクリックして管理画面へ

右の『ストレージ システム ビュー』からHDDをつかするアレイを選択すると、左の『ボリュームの管理』にディスクの追加]が表示されるので、それをクリックする。

すると、追加可能なディスクの一覧が表示されるので追加するものを選択します。今回はPort3に接続されているHDDを選択。選択後、[ディスクの追加]をクリックする。

ちなみに、ここで選択したHDDの中身は[ディスクの追加]をクリックするとすべて削除されて復元が不可能になります。[ディスクの追加]をクリックする前によく確認するようにしてください。

[ディスクの追加]をクリックするとすぐにデータ移行作業が開始され、タスクトレーにバルーンが表示される。

データ移行作業の進行具合は『ボリュームの管理』に表示される。

驚きだったのが、データ移行中でもRAIDアレイには普通にアクセス可能だったこと。アクセス可能とはいえ、移行に失敗したりすると怖いのであまりアクセスしない方が良さそうですけどね。

あとは、ひたすら待つだけ…

今回の構成ではデータ移行作業には3時間52分要しました。移行は寝てる間に行うとかした方が良さそうですね。

移行作業完了は開始時と同じく、タスクトレーのバルーンで知らされて…

バッチリ、3台構成の1.5GB RAID0アレイになりました。

【容量拡張編】

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】←今ココ
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

【ディスク追加編】で『Intel Rapid Storage Technology』上でデータ移行を行って物理的にはディスク容量は3台の合計である1.5TBになりました。

しかし、この状態で[ディスクの管理]を見ると…

容量は変わってない…

『Intel Rapid Storage Technology』で増設するディスクを選択する画面でチョロッと注意事項が書かれていたんですが、一度再起動する必要があるのだ。

再起動すると、今度は正しく1.5TBすべてを認識しました。データ移行前のRAID0アレイ上にあったNTFSパーティションは容量が変わらず、新しいRAID0アレイの先頭にあり、その後ろの500GBは未割当になっている。

よって、RAIDアレイ上の全領域を用いるにはパーティションを拡張してあげる必要がある。

拡張するパーティション上で[右クリック]し、[ボリュームの拡張]を選択。

すると、『ボリュームの拡張ウィザード』が表示される。

[次へ]をクリック

『利用可能なディスク』の一覧に未割当領域が存在するディスクが表示されるので、対象となるものを選択し、[追加]を押すと、『選択されたディスク』に移動する。この状態で[次へ]をクリック。

間違いがないか確認して[完了]をクリックすると…

パーティションが拡張されて、RAIDアレイの全領域が利用できるようになりました。

プロパティーを確認すると…

バッチリ容量が増えました。

【CrystalDiskMark編】

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】←今ココ
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

ここまででディスクの追加からパーティション拡張方法を紹介してきました。最後に、構築したRAIDアレイでのベンチマーク結果を。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST3320613AS
[Data HDD]ST31500341AS
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[SATA 3Gbps]Intel ICH10R (Intel Rapid Storage 10.1.0.1008)

ベンチマーク環境は上記のようになってます。なお、【ディスク追加編】~【容量拡張編】では既にRAIDアレイ内のあったデータを移行する形で進めましたが、データが入ったアレイ上でそのままベンチマークを行うと正しく測定できないので、いったんデータを別HDDに退避し、RAIDアレイを再フォーマットし、測定しました。

CrystalDiskMark3.0.1 x64

まずは、CrystalDiskMarkの最新版3.0.1での結果。

さすがはRAID0の3台構成!シーケンシャルリード・ライトの両方で350MB/sを超えました。さすがにランダム系では劣りますが、シーケンシャルだけを見ると、リードではSATA 6Gbps対応SSD『RealSSD C300』並み、ライトでは上回る値となっている。

自分が高速転送を要求しているのはHD動画のキャプチャ時がメインなので、十分に求めるスペックを満たしていて、SSDよりもコストパフォーマンスも高い。

CrystalDiskMark 2.2

2台構成でのRAID0ベンチマークを取ったときはCrystalDiskMarkのバージョンが2.2だったので、比較のためバージョンを統一して測定しました。現在のOSはWindows7ですが、当時はWindows Vistaでした。また、今回は『Intel Rapid Storage Technology』を使用してますが、以前は『Intel Matrix Storage Console』。あまり細かいことは気にせずに比較してますが、正確な比較とは言えないことは予めご了承ください。

さすがに、RAID0にすると3台の合計と同じなるということはありませんが、シーケンシャルリード・ライトでは3台目追加での増加分は2台目追加での増加分とほとんど同じですね。ランダム系は書き込みは早くなってますが、読み出しでは微減。Intelのドライバのバージョンの違いとかが効いてるんでしょうかね?

データサイズを1MB~2048MBまで変化させた結果は下の2つのグラフのようになった。

読み出し16MB以下ですごいことに!4GB/s近く出て、RAMディスク並みの値となっている。以前、2台でのベンチマークの際はMAXで400MB/s程度でしたので、Intelのドライバアップデートでキャッシュが強化されたのでしょうかね?

3台になるとST3500418ASと413ASに搭載されているキャッシュメモリ16MBの効果が合計分48MBまで効くのかが見たかったですが、この結果だとHDDのキャッシュなのかRAIDコントローラ側のキャッシュなのかがわかりませんね(^^;)

【まとめ】

(続きを読むなの…)

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】←今ココ

以上、RAID0アレイへのHDD追加の方法とその性能をみてみました。

『Intel Rapid Storage Technology』上でのRAID0アレイへのHDD追加は追加するHDDを選択するだけで簡単。データ移行作業には数時間要しますが、既存RAIDアレイ上のデータは保持された状態となる。とはいえ、RAIDアレイのデータ移行中に電源が落ちたりするとデータ復旧が困難になる可能性もあるので開始前にバックアップはしておいた方がよいかと。

CrystalDiskMarkで『ST3500418(3)AS』 3台構成RAID0のベンチマークを取りましたが、シーケンシャルリードとライトで350MB/s程度に。ランダム系ではSSDには及びませんが、自分が利用目的としているのはHD動画のキャプチャなのでシーケンシャル重視。実際に無圧縮AVIファイルでテストしてみましたが、1920×1080のフルHDで30fpsはコマ落ちせずにキャプチャできました。さすがに60fpsは無理(^^;) でも、満足満足!

RAID構築は大変そうなイメージがあるかもしれませんが、対応しているマザーボードを使用しているなら、ユーティリティも整ってますし、意外に簡単にストレージの高速化が可能なのでおすすめです。ただし、RAID0は構成しているHDDが1台でもお亡くなりになると、全データが消えるのでHDDが増えるほどリスクが高くなる。バックアップはしっかり取りましょう!

2010/2/18 木曜日

Cheetah NS.2 + 3ware 9750-4iのベンチマーク記事

Seagate Cheetah NS.2 HDs & LSI 3ware SAS 9750-4i RAID Card – Bjorn3d.com
http://www.bjorn3d.com/read.php?cID=1790

先日発売になったLSI Logic製6Gb/s SAS RAIDボード『3ware SAS 9750-4i』とSeagateの6Gb/s SATA対応HDD『Cheetah NS.2』を用いたベンチマークがBjorn3d.comに掲載されていました。

あえて、高速なSSDを用いていないのはコストが高すぎて大容量かつ高速ストレージとしては実用的とは言えないため。記事では4台の600GB 『ST3600002SS』を単体の他、RAID0、RAID5にて比較。

CrystalDiskMark 2.2(100MB)では3ware SAS 9750-4iのキャッシュ容量(DDR2 512MB)範囲内に収まっているため、読み出しは1GB/s以上。できればデータサイズ1000MBの結果も欲しいところですね。

ちなみに、ベンチマークだけではなく、『3ware SAS 9750-4i』でのRAIDの設定方法やRAIDとは何かまで詳しく解説されていますので、色々と参考になると思います。

2009/12/9 水曜日

Seagateがエンタープライズ向けSSD『Pulsar』を発表

Seagate Enters the Enterprise SSD Market with Pulsar – AnandTech
http://www.anandtech.com/storage/showdoc.aspx?i=3688

SeagateといえばHDDですが、そのSeagateがエンタープライズ向けのSSD『Pulsar』シリーズを発表しました。

フラッシュEEPROMにはSamsungのSLC NANDを使用しており、容量は200GB、100GB、50GBの3モデル。

SSDの新製品が出るとしっかりチェックしている方ならお気づきかと思いますが、現在販売されているSSDではあまり見かけない容量ですよね。実は、チップ自体はそれぞれ、256GB、128GB、64GB搭載しているんですが、信頼性向上のため冗長性を持たせているため、実際に使用できる容量がSSDらしからぬ容量になっている。

接続インターフェースはSATA 3Gbpsとなっている。(またしてもSATA 6Gbps接続との情報が流れてますが、デマです… SATA 3.0表記は止めよう…)

高速で高信頼なストレージが必要な場面では15,000rpmのSAS接続HDDを使用することが多いですが、HDD1台あたりの消費電力は少なくとも7W程度。これを高速なSSDに置き換えることで1台あたり3W程度に抑えることができ、システム全体の消費電力を大幅に減らすことができるとのこと。通常のフラッシュSSDよりも冗長性も確保してありますので、下手なHDD RAID組むよりも故障率は低くなるのかもしれませんね。

2009/11/15 日曜日

CrystalDiskMark 3.0 Beta1公開

CrystalDiskMark 3.0 Beta1 – Crystal Dew R&D Labs
http://crystaldew.info/2009/11/14/crystaldiskmark-3-0-beta1/

いつもHDDなどのストレージのベンチマークにおいてお世話になっているCrystalDiskMarkですが、次期バージョン「CrystalDiskMark 3.0」のベータ版が公開されました。

自分の環境での動作検証を兼ねて、さっそく試してみました。(動作検証ですのでベンチマーク条件は適当です。値は参考程度に)

検証環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]ST3320613AS
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×2(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit

(※注:ベータ版ですので正式版では変更があるかもしれませんよ~)

通常の状態での動作画面はこんな感じ。

CrystalDiskMark 3.0 Beta1

新たに『4K QD32』の項目が増えました。まだ、マニュアルが無いため詳しいことはわかりませんが、CrystalDiskMark 3.0からは「NCQ(ネイティブ・コマンド・キューイング)に対応」とのことでしたので、QDはNCQが同時に受け付ける命令数(キュー・デプス)のことでしょうか?

[編集]-[コピー]で得られる詳細なデータも…

—————————————————————
CrystalDiskMark 3.0 x64 Beta1 (C) 2007-2009 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
—————————————————————

Sequential Read :  182.599 MB/s
Sequential Write :  165.469 MB/s
Random Read 512KB :   29.474 MB/s
Random Write 512KB :   55.303 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :    0.330 MB/s [    80.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :    1.650 MB/s [   402.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :    1.294 MB/s [   316.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :    1.673 MB/s [   408.4 IOPS]

Test : 1000 MB [G: Used 75.4% (702.4/931.5 GB)]
Date : 2009/11/15 20:48:05
OS : Windows 7 Home Premium Edition [6.1 Build 7600] (x64)

『QD=32』の項目が追加されました。さらに『IOPS』値が追加。これまたマニュアルが無いので確かなことは言えませんが、Input Output Per Second(1秒間に可能なI/O回数)のことでしょうね。

微妙にありがたいのが測定に使用したOSも記録されることですね。普段はノートに手書きで記録しているんですが、良く記録し忘れるもので(^^;)

データサイズに2000MBが追加

CrystalDiskMark 2.2まではデータサイズの初期値が50MB、100MB、500MB、1000MBでしたが、CrystalDiskMark 3.0 Beta1では…

cdm30b_testsize

新たに2000MBが追加に!

【レビュー的な何か】BarracudaLP ST31000520AS【CrystalDiskMark編】
http://haizin.serveblog.net/?p=4785

自分もCrystalDiskMark 2.2でベンチマークを行う際に1000MBを超えるデータサイズの設定を作成して測定を行ってきましたが、データサイズが大きいほどデバイスのキャッシュ(バッファ)容量による影響が減りますからねぇ。最近は大容量キャッシュを搭載するSSD、HDDやRAIDボードがありますので、キャッシュ効果による無効にするには使えそうですね。

テストドライブ表記の変更

cdm30b_testdrive

テストドライブの一覧はCrystalDiskMark 2.2では

『ドライブ文字:ドライブ種別 [フォーマット]』(例:G:Hard Disk [NTFS])

表記でしたが、CrystalDiskMark Beta1では

『ドライブ文字:使用率(使用容量/総容量)』

の表記に。

個人的にはベンチマークの際には何も書き込まれてない状態で使用している以前の方が良かったですが、まぁ、使い方は人それぞれでしょうからねぇ(^^;)

高DPI対応

ちなみに、CrystalDiskMark 3.0の特徴は「NCQ 対応」の他に「高DPI対応」がありますが、実際に試してみると…

CrystalDiskMark 3.0 Beta1

デカッ!

1650×1050ですが、これで300%表示。

注意が必要なのが、拡大率を切り替えると、測定結果がリセットされてしまうことですね。スクリーンショットを取るつもりなら先に拡大率を設定してから測定しましょう!あと、IE8が入っていないと高DPI機能は使用できないようです。

復活したflower

CrystalDiskMark 3.0 Beta1

ドスパラ札幌店の店頭デモで使用されているとのことで復活したテーマ「flower」。確かにドスパラ札幌店(3階かな)で見た記憶がありますねぇ(^^)

CrystalDiskMark 2.2との値の比較

ベータ版ですし、バージョンが異なりますので本来は比較すべきでは無いと思いますが、参考程度に同じ環境にて比較していみると…

CrystalDiskMark 3.0 Beta1

CrystalDiskMark 2.2

ほとんど誤差のような感じで、大まかな比較ならできそうですね。

最後に

CrystalDiskMarkの開発を行っているひよひよ氏へ。いつも使用させて頂いてます。そして、同じ札幌市民として応援しています!これからも頑張ってください!

2009/10/1 木曜日

店員泣かせなPCIe接続SSDがOCZからも発売に

OCZの拡張カード型SSDが発売に、256GBで16万円 – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091003/etc_ocz.html

超速いけど、超高いPCI Express接続型のSSD。すでに、PhotoFastの「G-Monster PROMISE PCIe SSD」などが発売になってますが、新たにOCZから「Z-Drive p84」が発売になったようです。

お値段が256GBモデルが158,000円、512GBモデルが256,000円、1TBモデルが456,000円とのこと。こりゃ、店員さん泣かせな品ですね(^^;)

↓ポチっとやってくれる勇者募集中!

2009/7/26 日曜日

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【目次】

ST3500418AS x2

先日2台目のST3500418ASを入手したということを書きました。同じHDDが2台あるならやることはRAIDしかない!

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【目次】

【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【構築編】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【StripeSize編】

もともとRAID0アレイを構築しようと考えた理由DxRec2を用いて1280×720 60fps(高画質モード)のキャプチャを行う際にSeagate Barracuda 7200.11 ST31500341ASでは書き込みが間に合わずコマ落ちが激しかったためRAMディスクを用いてました。しかし、この方法では容量に制限があり、一度 に数十秒程度しか記録できませんでした。

そこで、安くて速いST3500418ASでRAID0を構築すれば大容量かつ高速な環境が得られて安定したキャプチャができるのではと考えたわけです。

関連記事一覧

【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS【目次】
【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS 2台目【目次】
動画編集PCのスペックアップ計画
オレのHDD活用術『あり合わせ部品ファイルサーバー』

次ページへ »

HTML convert time: 0.986 sec. Powered by WordPress