2012/6/18 月曜日

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【目次】

ついにプラッタ容量が1TBに達した3.5インチHDD。線記録密度向上に伴い転送レートが大幅に向上していることが期待できる。

そこで、現在500GBプラッタHDD『ST3500418AS』3台のRAID0にしている構成を性能を落とさずに1TプラッタHDD 2台構成に更新できないかと考え、テストしてみました。

1TBプラッタを採用したHDDはHGSTとWestern Digitalからも登場していますが、今回はSeagateのBarracudaシリーズ1TBモデル『ST1000DM003』を購入。気づけば、このブログが始まって以来3.5インチHDDはSeagateしか買ってない(^^;)

~目次~

  1. フォトレビュー編
  2. 準備編
  3. 単体ベンチマーク編
  4. Raid0ベンチマーク編
  5. まとめ編

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【フォトレビュー編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

まずは、フォトレビューから。

バルク品で購入したので帯電防止保護袋に包まれただけの簡単な包装。

袋自体は、いつものSeagateのものと変わりませんが、製品保証シールが新しくなってますね。

去年購入したST2000DL003では「シーゲイト製品保証」と表記されていましたが、「シーゲイト正規代理店保証」に変更されていました。保証について変更があったとSeagateからアナウンスがあった記憶はないので、表記が変更されただけでしょうかね?

袋から取り出したST1000DM003。

ぱっと見、Barracuda 7200.12シリーズと変更はないように見えますが、実は写真下側の形状が左右逆になってたり。部品配置はBarracuda LPシリーズに近くなったようですね。

ラベルは久々にがらっと変わりましたね。これまで複数シリーズあったBarracudaですが、『Barracuda』に統一されたことでラベルも変えたんでしょうね。

これまでシリーズ名と容量の表記が世代ごとに左寄せ・中央揃え・右寄せと変わっていくのを見てきましたが、今回は左寄せってことで!

ちなみに、これまでのBarracudaシリーズではSATAケーブルの接続の仕方がラベルに丁寧に表記されていましたが、ST1000DM003では特に表記はなく、割と簡素な表記になりましたね。

裏面はこんな感じ。基板サイズ・形状はBarracuda 7200.12やBarracuda LPシリーズと変わらず。

基板を引っぺがして表面をみてみると、キャッシュメモリが『Samsung K4T511630I-HCE7』になっていました。

Barracuda LPやBarracuda 7200.12シリーズではTSOPパッケージのDDR SDRAMを搭載していましたが、ST1000DM003ではFBGAパッケージのDDR2 SDRAMに。以前の基板ではギッチリ詰まっている感じがしましたが、メモリのパッケージが小さくなったことでメモリ周辺の配線が余裕ありそうな感じに。次の世代ではさらに基板が小さくなるかもしれませんね。

コントローラのほうはLSI製であることがわかりますが、放熱シートがバッチリくっついていて詳細は確認できませんでした。

(左:ST1000DM003(1プラッタ) 右:ST2000DL003(3プラッタ) )

Seagate製1プラッタHDDの特徴でもあるのですが、ST1000DM003は通常の3.5インチHDDよりも薄型となっている。多数のHDDを搭載するRAIDではHDD同士の距離が離れるほうが排熱上うれしいので、個人的には重要なファクターだと思っている。

【準備編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【準備編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

それでは、実際に使用する準備に取り掛かっていきます!

はじめに、CrystalDiskInfo 4.3.0でSMART値のチェック。

ST2000DL003のとき同様バッファサイズは表示されませんでした。フォトレビュー編で見たDDR2 SDRAMは512Mbitなので仕様通り64MBであると思われますが、CrystalDiskMarkの結果がちょっと楽しみですね。

フォーマット前にHDTune2.55でチェックしてみると…

おおっ!Max 199.1MB/s!残念ながら200MB/sには達しませんでしたが、これはすごい!Access TimeもBarracuda 7200.12とほとんど変わらず。

完全フォーマットには1時間46分25秒要しました。

500GBのST3500418ASのときは1時間22分でしたので、転送速度差(ST3500418AS:125MB/s  ST1000DM003:200MB/s)を考慮すると妥当な感じですね。

フォーマット後のプロパティは上に示した通りでWindows上での実容量は1,000,202,039,296byte (931GB)となってます。

【単体ベンチマーク編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【単体ベンチ編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

お次にCrystalDiskMarkでベンチマーク。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST2000DL003
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×3(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[SATA 3Gbps]Intel ICH10R (Intel Rapid Storage 10.1.0.1008)

ST1000DM003自体はSATA 6Gbpsに対応していますが、現在使用中の環境でSATA 6Gbpsに対応するものが無いので、今回はすべてSATA 3Gbpsで測定しました。いずれの結果もフォーマット直後の状態で行いました。

CrystalDiskMark 3.0.1

まず、はじめにCrystalDiskMark 3.0.1の結果。

最大となったのがデータサイズ1000MBでシーケンシャルリード171.9MB/s。HDTuneでMax 199.1MB/s出ていたので200MB/s近くを期待していただけにちょっぴりガッカリ…

CrystalDiskMark 2.2

これまでの世代のSeagate Barracudaシリーズと比較するためにCrystalDiskMark 2.2の値を見てみます。

~比較対象~

  • ST1000DM003 (1TB [1TBプラッタ] 7200rpm) Barracuda
  • ST2000DL003 (2TB [667GBプラッタ] 5900rpm) Barracuda Green
  • ST31000520AS (1TB [500GBプラッタ] 5900rpm) Barracuda LP
  • ST3500413AS (500GB [500GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.12
  • ST3500418AS (500GB [500GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.12
  • ST31500341AS (1.5TB [375GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.11
  • ST3320613AS (320GB [320GBプラッタ] 7200rpm) Barracuda 7200.10

200MB/sにはまだまだ達しなくてガッカリしましたが、それでも、これまでに使用してきたHDDの中で最速の値になっていて1TBプラッタの高記録密度が発揮されていることが分かる。

最後にデータサイズを変化させた際の結果を…

リードに関してはST2000DL003(キャッシュ容量64MB)の時と同様に512Kがデータサイズ16MBから下がり始める傾向となっているが、急に下がるわけではなく、128MBまでジワジワと下がる結果になっており、64MBキャッシュが効いていることが分かる。

ライトはST2000DL003の時はリードと同様に16MBから急に下がる傾向になってましたが、ST1000DM003では64MBまでは維持されていることが分かる。ちょっとおもしろかったのが、Seqの値。64MBまでギザギザした形になってますが、これが何回測定しなおしてもこの傾向は変わらず。不思議です…

【Raid0ベンチマーク編】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【RAIDベンチ編】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】←今ココ
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】

今回、ST1000DM003を購入した目的は現行のRAID0環境を置き換えることにありました。

そこで、ST1000DM003を2台用いたRAID0が現行のST3500418ASを3台用いたRAID0の性能に及ぶかを見ていきます。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST2000DL003
[Data HDD]ST31500341AS + ST3500418AS×3(RAID0)
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[RAID0] LSI MegaRAID SAS 8708EM2

RAID構築には『LSI MegaRAID SAS 8708EM2』を用いました。

現行の『MegaRAID SAS 9240』ではSATA 6Gbps対応となってますが、今回用いる『8708EM2』はSATA 3Gbpsまでの対応となる。SSDのRAID構成では重要なファクタかもしれませんが、現行のHDDのRAIDならSATA 3Gbpsで十分!

さっそく、RAID0構成時のCrystalDiskMark 3.0.1の結果を。

シーケンシャルの値は期待通り、ほぼ倍になりました。

これまでのST3500418AS 3台でのRAID0構成の結果はどうだったかというと…

シーケンシャルリードの値が多少下がってしまいましたが、ライトは向上。ランダムアクセスは台数が減ってるので仕方ないでしょうねぇ。これならRAID環境を置き換えても問題なさそう!

【まとめ】

【レビュー的な何か】Seagate ST1000DM003【まとめ】

Seagate Barracuda 『ST1000DM003』 目次

【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【フォトレビュー】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【準備編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【単体ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【Raid0ベンチ編】
【レビュー的な何か】BarracudaLP『ST2000DL003』【まとめ】←今ココ

新しくBarracudaシリーズとして生まれ変わったSeagateの3.5インチHDDの1TBモデル『ST1000DM003』。

プラッタ容量がついに1TBに達し、転送レートも前世代から向上していることを確認しました。本当なら消費電力についても掲載したかったんですが、あり得ないほど低い値が出てしまって、測定環境に問題があるかもしれませんので、今回は掲載を見送りました。再検証を行ったら載せます!

現行のST3500418AS 3台を用いたRAID0の置き換えを狙ってみましたが、ST1000DM003 2台でホボ同等の性能が得られました。2台になったことで消費電力が削減されただけでなく、RAID合計容量も1.5TBから2.0TBに向上。台数が減れば、故障率も下がるのでいいことばっかり!置き換え作戦は大成功ということで!

2011/4/28 木曜日

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】

『Intel Rapid Storage Technology』というタイトルにしましたが、ぶっちゃけ今回はRAID0の構成変更(マイグレーション)がメインで、他の説明は何もありませんよ~。

ST3500413(8)AS×3 RAID0構築

先日『ST3500413AS』を購入した際に、RAID0の増設用として単体での【レビュー的な何か】を掲載しましたが、今回はそのRAID編です。

RAIDについてはここで説明しませんので、ご存じない方は他のサイトの解説をご覧あれ。

RAID – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/RAID

すでにST3500418ASを2台用いたRAID0アレイを構築済みですので、そのRAIDアレイにST3500413ASを追加します。ここでは、その追加方法と追加後のベンチマークを紹介していきます。

~目次~

  1. ディスク追加編
  2. 容量拡張編
  3. CrystalDiskMark編
  4. まとめ

関連記事

【レビュー的な何か】7200.12 ST3500413AS【目次】
【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【目次】
【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS【目次】
【レビュー的な何か】7200.12 ST3500418AS 2台目【目次】
動画編集PCのスペックアップ計画
オレのHDD活用術『あり合わせ部品ファイルサーバー』

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】←今ココ
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

まず、初めに何がしたいかを確認!

これまで『ST3500418AS』(500GB)を2台用いた状態でRAID0(ストライピング)を構築していました。この状態だと合計容量は1TBになるんですが、容量がいっぱいになってしまった上により高速転送できる環境が欲しくなったのでHDDを追加して容量増加・高速化をすることにしました。

一般的にはRAID構成時に用いるHDDは同じメーカーの同じ型番を用いることが推奨されていますので、すでにRAID構成に用いている『ST3500418AS』を追加するのが最もいいのですが、今回は『ST3500418AS』の後継モデル『ST3500413AS』を追加してみました。『ST3500413AS』はインターフェースがSATA 6Gbpsに進化した以外はキャッシュ容量や回転数、プラッタ容量等が『ST3500418AS』と全く同じなのでおそらく問題ないだろうと判断しました。

『ST3500418AS』については…
http://haizin.serveblog.net/?p=8153

『ST3500413AS』については…
http://haizin.serveblog.net/?p=3870

をご覧あれ。

RAIDを構築するコントローラはマザーボード上の『Intel ICH10R』を使用。

はいじん☆ちゃんねる >> 【レビュー的な何か】ST3500418ASでRAID0【構築編】
http://haizin.serveblog.net/?p=4128

構築については以前書きましたので、今回はドライブ増設について書きます。なお、構築時のIntelのソフトウェアは『Intel Matrix Storage Console』という名称でしたが、現在は『Intel Rapid Storage Technology』に変わりました。操作方法も若干変わってますが、どちらもウィザード形式でわかりやすいと思います。

Intel Rapid Storage Technologyでのディスク追加

まず、新たに追加するHDDを接続した状態で『Intel Rapid Storage Technology』を起動します。

起動はタスクトレーの『Intel Rapid Storage Technology』のアイコンから[アプリケーションを開く]を選ぶことで可能です。

起動するとこんな画面が出て右側に各SATAポートの状態が表示されます。

今回は現在のRAID0アレイ『Array_0000』に『内部ディスク 466GB』を追加する。

画面上部の[管理(M)]をクリックして管理画面へ

右の『ストレージ システム ビュー』からHDDをつかするアレイを選択すると、左の『ボリュームの管理』にディスクの追加]が表示されるので、それをクリックする。

すると、追加可能なディスクの一覧が表示されるので追加するものを選択します。今回はPort3に接続されているHDDを選択。選択後、[ディスクの追加]をクリックする。

ちなみに、ここで選択したHDDの中身は[ディスクの追加]をクリックするとすべて削除されて復元が不可能になります。[ディスクの追加]をクリックする前によく確認するようにしてください。

[ディスクの追加]をクリックするとすぐにデータ移行作業が開始され、タスクトレーにバルーンが表示される。

データ移行作業の進行具合は『ボリュームの管理』に表示される。

驚きだったのが、データ移行中でもRAIDアレイには普通にアクセス可能だったこと。アクセス可能とはいえ、移行に失敗したりすると怖いのであまりアクセスしない方が良さそうですけどね。

あとは、ひたすら待つだけ…

今回の構成ではデータ移行作業には3時間52分要しました。移行は寝てる間に行うとかした方が良さそうですね。

移行作業完了は開始時と同じく、タスクトレーのバルーンで知らされて…

バッチリ、3台構成の1.5GB RAID0アレイになりました。

【容量拡張編】

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】←今ココ
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

【ディスク追加編】で『Intel Rapid Storage Technology』上でデータ移行を行って物理的にはディスク容量は3台の合計である1.5TBになりました。

しかし、この状態で[ディスクの管理]を見ると…

容量は変わってない…

『Intel Rapid Storage Technology』で増設するディスクを選択する画面でチョロッと注意事項が書かれていたんですが、一度再起動する必要があるのだ。

再起動すると、今度は正しく1.5TBすべてを認識しました。データ移行前のRAID0アレイ上にあったNTFSパーティションは容量が変わらず、新しいRAID0アレイの先頭にあり、その後ろの500GBは未割当になっている。

よって、RAIDアレイ上の全領域を用いるにはパーティションを拡張してあげる必要がある。

拡張するパーティション上で[右クリック]し、[ボリュームの拡張]を選択。

すると、『ボリュームの拡張ウィザード』が表示される。

[次へ]をクリック

『利用可能なディスク』の一覧に未割当領域が存在するディスクが表示されるので、対象となるものを選択し、[追加]を押すと、『選択されたディスク』に移動する。この状態で[次へ]をクリック。

間違いがないか確認して[完了]をクリックすると…

パーティションが拡張されて、RAIDアレイの全領域が利用できるようになりました。

プロパティーを確認すると…

バッチリ容量が増えました。

【CrystalDiskMark編】

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】

~目次~

【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【目次】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【ディスク追加編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【容量拡張編】
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【CrystalDiskMark編】←今ココ
【レビュー的な何か】Intel Rapid Storage Technology【まとめ】

ここまででディスクの追加からパーティション拡張方法を紹介してきました。最後に、構築したRAIDアレイでのベンチマーク結果を。

ベンチマーク環境:『自作PC 3号』
[CPU]Core2Quad Q9650@定格
[Memory]DDR2 800 2G×4@定格
[M/B]Gigabyte GA-EP45-DS5
[System HDD]Seagate ST3320613AS
[Data HDD]ST31500341AS
[VGA]HIS Radeon HD3870 IceQ3
[OS]Windows7 Home Premium 64bit
[SATA 3Gbps]Intel ICH10R (Intel Rapid Storage 10.1.0.1008)

ベンチマーク環境は上記のようになってます。なお、【ディスク追加編】~【容量拡張編】では既にRAIDアレイ内のあったデータを移行する形で進めましたが、データが入ったアレイ上でそのままベンチマークを行うと正しく測定できないので、いったんデータを別HDDに退避し、RAIDアレイを再フォーマットし、測定しました。

CrystalDiskMark3.0.1 x64

まずは、CrystalDiskMarkの最新版3.0.1での結果。

さすがはRAID0の3台構成!シーケンシャルリード・ライトの両方で350MB/sを超えました。さすがにランダム系では劣りますが、シーケンシャルだけを見ると、リードではSATA 6Gbps対応SSD『RealSSD C300』並み、ライトでは上回る値となっている。

自分が高速転送を要求しているのはHD動画のキャプチャ時がメインなので、十分に求めるスペックを満たしていて、SSDよりもコストパフォーマンスも高い。

CrystalDiskMark 2.2

2台構成でのRAID0ベンチマークを取ったときはCrystalDiskMarkのバージョンが2.2だったので、比較のためバージョンを統一して測定しました。現在のOSはWindows7ですが、当時はWindows Vistaでした。また、今回は『Intel Rapid Storage Technology』を使用してますが、以前は『Intel Matrix Storage Console』。あまり細かいことは気にせずに比較してますが、正確な比較とは言えないことは予めご了承ください。

さすがに、RAID0にすると3台の合計と同じなるということはありませんが、シーケンシャルリード・ライトでは3台目追加での増加分は2台目追加での増加分とほとんど同じですね。ランダム系は書き込みは早くなってますが、読み出しでは微減。Intelのドライバのバージョンの違いとかが効いてるんでしょうかね?

データサイズを1MB~2048MBまで変化させた結果は下の2つのグラフのようになった。

読み出し16MB以下ですごいことに!4GB/s近く出て、RAMディスク並みの値となっている。以前、2台でのベンチマークの際はMAXで400MB/s程度でしたので、Intelのドライバアップデートでキャッシュが強化されたのでしょうかね?

3台になるとST3500418ASと413ASに搭載されているキャッシュメモリ16MBの効果が合計分48MBまで効くのかが見たかったですが、この結果だとHDDのキャッシュなのかRAIDコントローラ側のキャッシュなのかがわかりませんね(^^;)

【まとめ】

(続きを読むなの…)

次ページへ »

HTML convert time: 1.110 sec. Powered by WordPress