2010/10/11 月曜日

HGSTから『Ultrastar C10K600』シリーズが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:24:26

Hitachi debuts the Ultrastar C10K600 10K RPM enterprise hard drive – TechConect Magazine
http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/30959/hitachi-debuts-ultrastar-c10k600-10k-rpm-enterprise-hard-drive

HGSTから最大容量600GBの2.5インチ 10krpm HDD『Ultrastar C10K600』が発表されました。

記憶容量600/450/300GBで接続インターフェースはSAS 6Gbps、キャッシュ容量は64MBとなっている。

(プレスリリースPDF)業界最速*で消費電力効率の高い毎分1 万回転の
サーバ向けハードディスク装置の出荷を開始 – HGST
http://www.hitachigst.com/portal/
binary/com.epicentric.contentmanagement.servlet.ContentDeliveryServlet/
JP_Public/aboutus/press_rsc/2010101201.pdf

型番一覧

通常モデル

HUC106060CSS600 : 600GB
HUC106045CSS600 : 450GB
HUC106030CSS600 : 300GB

自己暗号化モデル

HUC106060CSS601 : 600GB
HUC106045CSS601 : 450GB
HUC106030CSS601 : 300GB

2010/2/20 土曜日

待ってました!Seagate 『Constellation』シリーズが発売。

エンタープライズ向けのSeagate製HDD「Constellation」シリーズ – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/500/500891/

Seagateから製品発表があって、ちょうど1年。『Constellation』シリーズがようやく発売になったようです。

ASCII.jpによると2.5インチHDDの『Constellation』と3.5インチHDD『Constellation ES』の両方の発売が確認されたようです。ただし、発売になったのはSATA 3Gbpsを採用するモデルのみ。

『Constellation』はニアライン向けの2.5インチHDDで回転数は7,200rpm、ドライブの厚みは一般的なノート向け2.5インチHDDよりも厚めの14.8mmとなっている。キャッシュ容量はモデルにより異なり、32MBと16MBのモデルがある。インターフェースはSATA 3Gbpsまたは6Gb/s SASで、SAS採用モデルには自己暗号化機能を搭載したものもある。

『ST9500430SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST9500431SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化

『ST9500530NS』 : 容量500GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps
『ST9160511NS』: 容量160GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps

『Constellation ES』はニアライン向けの3.5インチHDD。回転数は7,200rpmでキャッシュ容量はモデルにより16MB、32MB、64MBとなっている。インターフェースについては『Constellation』と同様。なお、Western Digitalのエンタープライズ向け『RE4』シリーズと同様にデュアルプロセッサとなっている。

『ST32000444SS』 : 容量2TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST32000445SS』 : 容量2TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化
『ST31000424SS』 : 容量1TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST31000425SS』 : 容量1TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化
『ST3500414SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST3500415SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化

『ST32000644NS』 : 容量2TB / キャッシュ64MB / SATA 3Gbps
『ST31000524NS』 : 容量1TB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps
『ST3500514NS』 : 容量500GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps

ちなみに、いずれも4KiBセクタは採用せず、これまでのHDDと同様512バイト(程度)となっている。

ようやく出たかって感じですが、Barracudaシリーズの反省を生かして十分練りこんできたんでしょうかね?気になるのは『Barracuda ES』シリーズの行方。明らかにターゲットがかぶっていると思うんですが、リネームと思っていいのでしょうかね?

はいじん☆ちゃんねる >> Seagateニアライン用2TB HDD
http://haizin.serveblog.net/?p=1743

2009/12/15 火曜日

高速回転SAS 2.5インチHDD比較ベンチマーク

Filed under: コンピュータ関連,ベンチマーク・レビュー — ハイジんブルー @ 23:22:56

2.5-Inch SAS Hard Disk Drives Roundup – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/25inch-sas-hdds.html

Xbit labsに1krpm以上のSAS接続2.5インチHDD比較ベンチマークが掲載されていました。比較対象は…

  • Fujitsu MBB2 RC: MBB2147RC – 147GB
  • Hitachi Ultrastar C10K147: HUC101473CSS300 – 147GB
  • Hitachi Ultrastar C10K300: HUC103030CSS600 – 300GB
  • Seagate Savvio 10K.1: ST973401SS – 73GB
  • Seagate Savvio 10K.2: ST973402SS – 73GB
  • Seagate Savvio 15K.1: ST973451SS – 73GB

残念ながら、最新機種はHGSTのC10K300だけですねぇ。そのためか、いずれもシーケンシャル性能は最近の7200rpm HDDよりも低め。

面白いのが、消費電力。一般的なSATA接続HDDでは12Vラインの電力が5Vラインの電力よりも多いですが、SAS接続の高回転HDDではほとんどで5Vラインの電力が12Vラインの電力を上回っている。高回転HDDは通常のHDDと違って5Vラインの出力に注意して電源を選んだほうが良いのかもしれませんねぇ。

2009/11/15 日曜日

今度は最速RAIDボード+RAMディスクでのレビュー

6Gbps対応RAIDカードにRAMディスクを繋いでみた – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091114/sp_ilsi2.html

先日、AKIBA PC Hotline!にSATA(SAS) 6Gbpsに対応する現行最速のRAIDボード『LSI MegaRAID SAS 9260-8i』とIntelのSSD『X25-M(G2)』を用いてみるレビューがありましたが、それの続きで今度はSSDの代わりにACARDのRAMディスク『ANS-9010』を用いるレビューが掲載されていました。

SATA接続ストレージとしては最強のRAMディスクなら恐ろしいことになるのでは?!と思いきや…

(続きはAKIBA PC Hotline!にて)

2009/11/12 木曜日

現行最速RAIDボードのレビュー

実測1GB/sオーバー、6Gbps対応の最速RAIDカードを試す – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091114/sp_ilsi0.html

SATA 6Gbpsに対応するSeagateのBarracuda XTが今週中に発売されると言われてますが、そのSATA(SAS) 6Gbpsの性能をフルに活用できる現行最速のRAIDボード『LSI MegaRAID SAS 9260-8i』のベンチマークがAKIBA PC Hotline!に掲載されていました。

接続インターフェースはPCI Express 2.0 x8となっており、最大転送速度は読み出しで2,875MB/s、書き込みで1,850MB/sとか。実転送レートはDDR2-800を用いるキャッシュ範囲(512MB)内では読み書きともに2,000MB/sを超えている!

記事ではIntelのSSD『X25-M(G2)』を用いることでさまざまな条件でベンチマークを行ってますが、正直、一番驚きだったのが、これだけの性能があってもWindows 7のエクスペリエンスインデックスにおいて、ストレージスコアが満点ではなく、7.8点であること!Windows 7で満点、どんだけハードル高いんだよ(^^;)

2009/11/4 水曜日

Western Digitalが初のSAS接続HDDを発表

(プレスリリース)WD(R) Enters Traditional Enterprise HDD Market With First SAS Product
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=61500&p=RssLanding&cat=news&id=1350002

Western Digitalから初のSerial Attached SCSI(SAS)接続のHDD『WD S25』シリーズが発表されました。

言われてみれば、Western Digitalってエンタープライズ向け製品のデータシートに「SAS接続製品は出ません」という記述はあったけど、実際の製品は出てませんでしたねぇ。

この『WD S25』は10,000rpmの2.5インチHDDとなっており、容量は最大で300GB。VelociRaptorをエンタープライズ向けにしたものって感じがしますねぇ。インターフェースはSAS 2.0(6Gbps)に対応しており、Sustain Data Rateは128 MB/secとのこと。

さすがに500GBプラッタを採用する7,200rpmドライブと比べると見劣りしてしまいますが、10,000rpmの特徴はランダムアクセスですからねぇ。VelociRaptorの新製品は出ないのだろうか…

2009/7/15 水曜日

世界最速のHDDがSeagateから登場

Seagate Delivers World’s Fastest Enterprise Drives – Expreview
http://en.expreview.com/2009/07/14/seagate-delivers-worlds-fastest-enterprise-drives.html

Seagate、15,000rpmで最大容量600GBの「Cheetah 15K.7」を出荷 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090714_302091.html

Seagateから世界最速を謳う15000rpmのHDD「Cheetah 15K.7」シリーズが発表されました。先日発売になった「Savvio 10K.3」と「Savvio 15K.2」は2.5インチでしたが、「Cheetah 15K.7」は3.5インチとなります。3.5インチとしては初のSAS 2.0対応製品ですね。SAS 2.0のほかに4Gb/s のファイバーチャンネル接続のモデルもあるようです。

容量はこれまでの15000rpmとしては最高の600GB。プラッタの記録密度が向上したため、これまでの「Cheetah 15K.6」では最大171MB/sだったSustained Transfer Rateが204MB/sまで向上しました。さすが世界最速と謳うだけありますね。

あまり話題に上がっていないようですが、何気に消費電力も減っているようですね。

(PDF)Cheetah® 15K.7 Datasheet
http://www.seagate.com/docs/pdf/datasheet/disc/ds_cheetah_15k_7.pdf

はいじん☆ちゃんねる >> SAS 2.0対応のSavvio 15K.2が発売
http://haizin.serveblog.net/?p=3978

2009/7/7 火曜日

SAS 2.0対応のSavvio 15K.2が発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:35:32

SAS 2.0対応、15000回転の2.5インチHDD! Seagate「Savvio 15K.2」発売 – アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/pc/0907/07/214500.php

6月20日にSAS 2.0に対応した10000rpmの2.5インチHDD「Savvio 10K.3」が発売になってましたが、今度はその15000rpm版の「Savvio 15K.2」が発売になったようです。

はいじん☆ちゃんねる >> 6Gb/s SASに対応したSavvio 10k.3シリーズが発売
http://haizin.serveblog.net/?p=3657

転送速度はプラッタ外周部で160MB/sとなっている。さすが、15krpmって感じですね。

ちなみに、アキバ総研で発売が確認されたのは147GBモデル「ST9146852SS」。Seagateのデータシートによると、このほかに登場すのは73GBモデル「ST973452SS」と自己暗号化機能搭載の147GBモデル「ST9146752SS」と73GBモデル「ST973352SS」となっている。

(PDF)Savvio 15K.2データ・シート – Seagate
http://www.seagate.com/docs/pdf/ja-JP/datasheet/disc/ds_savvio_15k_2.pdf

2009/6/20 土曜日

6Gb/s SASに対応したSavvio 10k.3シリーズが発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 22:01:11

6Gbps転送に対応したSAS-HDDが初登場 – AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090620/etc_seagate.html

先日、6Gb/s転送が可能なSerial ATA Revision 3.0が発表され、COMPUTEX 2009では対応製品が展示されて話題になってましたが、一足先にSerial Attached SCSI対応製品で6Gb/s転送に対応した製品が登場しました。

Seagate 社、エンタープライズ向け 2.5 インチ HDD、「Savvio 10K.3」 を発表 – Seagate
http://www.seagate.com/ww/v/index.jsp?locale=ja-JP&name=savvio10k3-pr&vgnextoid=aeebc068a159a110VgnVCM100000f5ee0a0aRCRD

Seagateのエンタープライズ向け「Savvio 10k.3」シリーズは6Gb/sの転送が可能なSAS 2.0に対応。2.5インチHDDで10,000rpmとなっており、今回発売されたのは146GBモデル「ST9146803SS」と300GBモデル「ST9300603SS」。いずれもキャッシュ容量は16MBとなっている。

なお、この「Savvio 10k.3」には自己暗号化機能を搭載した146GBモデル「ST9146703SS」と300GBモデル「ST9300503SS」も登場するようです。

6gb-sasinitials

ちなみに、Serial ATAのほうは「SATA 3.0」や「SATA III」表記は禁則事項になってましたが、Serial Attached SCSIでは「SAS 2.0」が使われてますね。といっても、SATAと同様に「SAS 2.0」=6Gb/sというわけではなく、6Gb/sのSASとして「SAS 2.1」の登場も決まっているようですので、6Gb/sの規格を示す場合はSATAと同様に正式表記「6Gb/s SAS」または「SAS-2」を用いたほうがよさそうですね。

(White Paper)An Evolutionary Step for SAS Technology – SCSI Trade Association
http://www.scsita.org/aboutscsi/sas/6GbpsSAS_WP_3Q08.pdf

HTML convert time: 0.753 sec. Powered by WordPress