2010/5/25 火曜日

SeagateがハイブリッドHDD『Momentus XT』を発表

先週から登場の噂が流れてましたが、Seagateから久々のハイブリッドHDDが発表されました。

Seagate debuts the Momentus XT hybrid drives TechConnect Magazine
http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/28262/seagate-debuts-momentus-xt-hybrid-drives

正式発表されたハイブリッドHDD『Momentus XT』はSeagateのリリースによるとHDDではなく、『solid state hybrid drive (SSHD)』と記述されており、HDDとSSDを合体させることで互いの欠点を補いあっている製品である。

ハードディスク部に注目すると、プラッタ径は一般的な2.5インチHDDと同じく、回転数は7,200rpm、容量は500GB、320GB、250GBとなる。SSD部は4GBのSLC NAND フラッシュEEPROMを採用している。接続インターフェースはSATA 3Gbpsで、32MBのDRAMキャッシュを搭載している。

通常のデータはハードディスクからやり取りされるが、新たに搭載された『Adaptive Memory technology』によりデータの使用頻度が解析され、頻度の高いデータはSSDからやり取りすることで高速かつ低消費電力での動作が可能となっている。Seagateの発表によると通常の5,400rpm 2.5インチHDDの倍のパフォーマンスが得られるとか。

ちなみに、すでにレビュー記事も上がってました。

Seagate Momentus XT 500GB ST95005620AS Review – Overclockers Club
http://www.overclockersclub.com/reviews/seagate_momentus_xt_500gb/

Seagate Momentus XT Solid State Hybrid Preview – HotHardware
http://hothardware.com/Articles/Seagate-Momentus-XT-Solid-State-Hybrid-Preview/

Seagate Momentus-XT Solid State Hybrid Drive -Benchmark Reviews.com
http://benchmarkreviews.com/index.php?option=com_content&task=view&id=525&Itemid=60

外見はパッと見、通常の2.5インチHDDと見分けが付きませんねぇ。ベンチマーク結果を見ると、通常のHDDとSSDの中間くらいのパフォーマンスといったところでしょうか。

面白いのが、HotHardwareで行っているベンチマークなんですが、1回目の試行よりも3回目のほうがパフォーマンスが向上していること。確かに、頻繁にしようされるデータはSSDに移動して効果を発揮しているようですね。

Overclockers ClubではWindowsの起動・終了に要する時間を測定していますが、3.5インチのBarracuda 7200.11よりも高速になっており、デスクトップ向けとしても使えそうな予感が。これは発売が楽しみですねぇ~。

型番一覧

  • ST95005620AS : 500GB
  • ST93205620AS : 320GB
  • ST92505610AS : 250GB

2010/5/19 水曜日

SeagateのハイブリッドHDDが復活へ

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 21:51:56

Seagate readies next generation hybrid drives – Fudzilla
http://www.fudzilla.com/content/view/18863/38/

HDDとフラッシュEEPROMを合体させた『ハイブリッドHDD』。

Seagateからは『Momentus 5400 PSD』、Samsungからは『Spinpoint MH80』として登場して、Windows Vistaの『Windows ReadyDrive』を用いることでパフォーマンス向上とバッテリの消費を抑えることが可能とされていました。

2~3年前にひょこっと現れて、いつの間にか見かけなりましたが、Seagateが次世代のハイブリッドHDDを準備中という噂が。

『Momentus XT』は2.5インチHDD形状でフラッシュEEPROMとし4GBのSLC NANDを搭載する。回転数は7,200rpmでキャッシュ容量は32MBとなっており、『XT』とつくだけあって2.5インチとしてはかなり高いパフォーマンスが期待できそう。容量は250GB、320GB、500GBとなるようです。

久々のハイブリッドHDDなのでちょっと楽しみですが、大容量なSSDが出回っている今、どれくらい需要があるんでしょうかねぇ?価格次第?

2009/12/9 水曜日

Seagateがエンタープライズ向けSSD『Pulsar』を発表

Seagate Enters the Enterprise SSD Market with Pulsar – AnandTech
http://www.anandtech.com/storage/showdoc.aspx?i=3688

SeagateといえばHDDですが、そのSeagateがエンタープライズ向けのSSD『Pulsar』シリーズを発表しました。

フラッシュEEPROMにはSamsungのSLC NANDを使用しており、容量は200GB、100GB、50GBの3モデル。

SSDの新製品が出るとしっかりチェックしている方ならお気づきかと思いますが、現在販売されているSSDではあまり見かけない容量ですよね。実は、チップ自体はそれぞれ、256GB、128GB、64GB搭載しているんですが、信頼性向上のため冗長性を持たせているため、実際に使用できる容量がSSDらしからぬ容量になっている。

接続インターフェースはSATA 3Gbpsとなっている。(またしてもSATA 6Gbps接続との情報が流れてますが、デマです… SATA 3.0表記は止めよう…)

高速で高信頼なストレージが必要な場面では15,000rpmのSAS接続HDDを使用することが多いですが、HDD1台あたりの消費電力は少なくとも7W程度。これを高速なSSDに置き換えることで1台あたり3W程度に抑えることができ、システム全体の消費電力を大幅に減らすことができるとのこと。通常のフラッシュSSDよりも冗長性も確保してありますので、下手なHDD RAID組むよりも故障率は低くなるのかもしれませんね。

2009/8/17 月曜日

100TBのSSDストレージ「RamSan 6200」が発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 15:13:32

SSDだけで100TBの容量を実現するストレージが発売 – Computer World
http://www.computerworld.jp/topics/storage/157650.html

SSDの大容量化が急速に進んでますが、桁違いな大容量を実現したストレージ製品がTexas Memory Systemsから発売になりました。

「RamSan 6200」は今年の5月に発表された2Uラックマウント型5TB SSD「RamSan-620」を20台用いて100TBを実現。最大スループットは60Gbps、500万IOPSとなっている。HDDで同等の性能を発揮するとなると15,000rpmのFiber Channel接続HDDが数千台必要になるとか。

ちなみに、単体の「RamSan-620」は約2200万円でしたので、20台だと…

サマージャンボ当たっても買えないや(^^;)

でも、超高速ストレージを必要としているような分野においては需要がありそうな感じがしますねぇ。

2009/3/14 土曜日

Fusion-ioから世界最速のSSD発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 23:18:52

Fusion-io、読み取り1.5GB/secの世界最速SSD – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0313/fusionio.htm

先日、OCZがCeBITでPCI express ×8接続のSSDを用いてリード700MB/sオーバーのデモを行いましたが、今度はFusion-ioからそれを大幅に上回る1.5GB/sのSSD「ioDrive Duo」が登場しました。最大容量は1.28TBですが、これは640GBのMLCを2枚用いた場合で、最大速度が出るのは320GBのSLCを用いた場合となる。

(PDF)ioDrive Duo – Fusion-io
http://www.fusionio.com/PDFs/Fusion_ioDriveDuo_datasheet_v1.pdf

ちょっと気になるのが、データシートによると対応OSがWindowsだと64bit版だけとなっている。64bit版にしかない機能を使っているのでしょうか?

はいじん☆ちゃんねる >> OCZがPCIe接続SSDのデモを実施
http://haizin.serveblog.net/?p=2112

はいじん☆ちゃんねる >> PCIe接続のSSD
http://haizin.serveblog.net/?p=638

2008/12/27 土曜日

来年はSSDが普及するか?!

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 15:45:29

Netbookでは普通に搭載されてますし、だいぶSSDが広まってきましたねぇ。ただ、容量の大きいものや、読み書きが速いものは相変わらず高いですからねぇ… それでも、2.5インチの記録媒体としてはHDDよりも高速なことが多いため、ノートでも採用が増えてますね。デスクトップではまだまだって感じですが、こんなものが発売されてました。

2.5インチHDDを2台収納するケースにRAID対応モデル登場 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/200/200441/

トレイ不要! 3.5インチに2.5HDDを2台格納デバイス – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/200/200372/

SSD×2台用のRAIDボックス発売、7千円弱 MLC-SSD×2台でライト141MB/sも実現可 – AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081227/etc_dirac.html

3.5インチベイに2.5インチHDDやSSDを2台、リムーバブルドライブとして使用するものだ。5インチベイに3.5インチHDDを搭載するためのものはかなり前から出てましたが、2.5インチ用でトレー不要のものは初めてでは?さらに、RAIDが搭載されているものも発売されているので、別途RAIDコントローラを準備しなくてもOKとのこと。AKIBA PC Hotline!の記事よると高速なSSDを2台のRAID0だとそれほど性能向上は望めないが、低速なSSDを組み合わせると面白そうですね。

ちなみに、リードで200MB/sを超える高速なSSDと言えば、これまでIntelのX25-Mでしたが、新たに2メーカー登場したようです。

高速かつ大容量SSD続々発売! PhotoFastから2モデル登場 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/201/201039/

読込240MB/s、書込160MB/sの256GB SSDがデビュー! – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/201/201028/

リード200MB/s超、ライト160MB/sのMLC-SSDが2社から発売 – AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20081227/etc_pfast.html

さすがに高いですね… 一度RAID0組んでみたいんだけど、こんなに容量いらないんだよなぁ。OS領域用に32GBぐらいあればいいから同じ転送速度で8GBのとか出ないかなぁ~。5000円くらいで(^^;)そしたら4台買っちゃうんだけどなぁ。

タグ: , , , , ,

HTML convert time: 0.694 sec. Powered by WordPress