2010/4/21 水曜日

X-bitのHDD比較ベンチマーク 今回は1TBと2TB

Roundup: New Hard Disk Drives with 1 TB and 2 TB Storage Capacities – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/1tb-2tb-roundup-2.html

X-bit labsに新たなHDD比較ベンチマークが掲載されていました。今回の対象は1TBと2TBの3.5インチHDD。比較対象は…

HGST

Deskstar 7K1000.C: HDS721010CLA332, 1 TB(500GB/platter)

Samsung

EcoGreen F3: HD203WI, 2 TB(500GB/platter)

Seagate

Barracuda LP: ST32000542AS, 2 TB(500GB/platter)
Barracuda XT: ST32000641AS, 2 TB(500GB/platter)
Constellation ES: ST31000524NS, 1 TB(500GB/platter)

Western Digital

Caviar Black: WD1002FAEX-00Z3A0, 1 TB(500GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00J7B0, 1 TB (334GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00E8B0, 1 TB(334GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00E3A0, 1 TB(500GB/platter?)
Caviar Green: WD20EARS-00S8B1, 2 TB(500GB/platter)

前回の1TB比較ではSeagateが比較されておらず、(´・ω・`)ショボーンとなっていましたが、今回はSeagateのニアライン向けConstellation ESまで登場。Constellation ESシリーズのベンチマークは初では?Western DigitalのWD1001FALSはプラッタ容量違いなどのサブシリーズ3モデルまで比較しています。

結果で一つ謎なのが、Western DigitalのWD20EARSのアイドル消費電力がやたらと高いこと。WD1001FALS-00E3A0もそうですが、5Vラインでの消費が高いんですよね。コントローラ等に何か秘密があるのか?

2010/2/20 土曜日

待ってました!Seagate 『Constellation』シリーズが発売。

エンタープライズ向けのSeagate製HDD「Constellation」シリーズ – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/500/500891/

Seagateから製品発表があって、ちょうど1年。『Constellation』シリーズがようやく発売になったようです。

ASCII.jpによると2.5インチHDDの『Constellation』と3.5インチHDD『Constellation ES』の両方の発売が確認されたようです。ただし、発売になったのはSATA 3Gbpsを採用するモデルのみ。

『Constellation』はニアライン向けの2.5インチHDDで回転数は7,200rpm、ドライブの厚みは一般的なノート向け2.5インチHDDよりも厚めの14.8mmとなっている。キャッシュ容量はモデルにより異なり、32MBと16MBのモデルがある。インターフェースはSATA 3Gbpsまたは6Gb/s SASで、SAS採用モデルには自己暗号化機能を搭載したものもある。

『ST9500430SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST9500431SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化

『ST9500530NS』 : 容量500GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps
『ST9160511NS』: 容量160GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps

『Constellation ES』はニアライン向けの3.5インチHDD。回転数は7,200rpmでキャッシュ容量はモデルにより16MB、32MB、64MBとなっている。インターフェースについては『Constellation』と同様。なお、Western Digitalのエンタープライズ向け『RE4』シリーズと同様にデュアルプロセッサとなっている。

『ST32000444SS』 : 容量2TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST32000445SS』 : 容量2TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化
『ST31000424SS』 : 容量1TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST31000425SS』 : 容量1TB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化
『ST3500414SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0
『ST3500415SS』 : 容量500GB / キャッシュ16MB / SAS 2.0 / 自己暗号化

『ST32000644NS』 : 容量2TB / キャッシュ64MB / SATA 3Gbps
『ST31000524NS』 : 容量1TB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps
『ST3500514NS』 : 容量500GB / キャッシュ32MB / SATA 3Gbps

ちなみに、いずれも4KiBセクタは採用せず、これまでのHDDと同様512バイト(程度)となっている。

ようやく出たかって感じですが、Barracudaシリーズの反省を生かして十分練りこんできたんでしょうかね?気になるのは『Barracuda ES』シリーズの行方。明らかにターゲットがかぶっていると思うんですが、リネームと思っていいのでしょうかね?

はいじん☆ちゃんねる >> Seagateニアライン用2TB HDD
http://haizin.serveblog.net/?p=1743

HTML convert time: 0.542 sec. Powered by WordPress