2010/7/11 日曜日

Seagateの外付け3TBの中身はBarracuda XT

Hands-On: The Seagate FreeAgent GoFlex Desk 3TB external hard drive – CrunchGear
http://www.crunchgear.com/2010/07/01/hands-on-the-seagate-freeagent-goflex-desk-3tb-external-hard-drive/

先日、Seagateから発表された3TBの外付けHDD『FreeAgent GoFlex Desk (STAC1000100)』。3.5インチHDD単体としては世界初の3TBを実現したHDDを内蔵とのことでしたが、その『STAC1000100』を分解して内蔵しているHDDを確認した記事がありました。

記事によると、内蔵しているHDDはSeagate 『Barracuda XT』シリーズの3TBモデル『ST33000651AS』。

Look out for 3TB enterprise hard drives from Seagate – THE TECH REPORT
http://techreport.com/discussions.x/18865

Seagateは年内に『Constellation ES』の3TBモデルを出荷すると発表していましたが、一足先に『Barracuda XT』から登場したようですね。

CrunchGearの記事では『ST33000651AS』をSATAインターフェースに直接接続してHD Tune Pro 4.01でベンチマークを行っていますが、それによると…

  • Average read: 129.7 MB/s
  • Average write: 127.7 MB/s
  • Access time: 11 ms

といった結果となっている。

ちなみに、750GBプラッタ採用との情報が流れているようですが、型番(ST33000651AS)からは5プラッタモデルとなっていることがわかる。HD Tuneの結果から750GBプラッタ採用にしては性能が低い感じがしますので、おそらくは640GB前後のプラッタを採用しているのではないでしょうか?

HTML convert time: 0.477 sec. Powered by WordPress