2010/5/5 水曜日

X-bitの500GB HDD比較ベンチマーク

500 GB Hard Disk Drives Roundup – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/500gb-hdd-roundup.html

X-bit labsに恒例?のHDD比較ベンチマークが掲載されていました。(←もはや定型文)今回の対象は500GB 3.5インチHDD。

HGST

Deskstar 7K1000.C: HDS721050CLA362 (500GB/platter)

Samsung

EcoGreen F2: HD502HI (500GB/platter)
SpinPoint F3 : HD502HJ (500GB/platter)

Seagate

Barracuda LP: ST3500412AS (500GB/platter)
Barracuda 7200.11 : ST3500320AS (250GB/platter)
Barracuda 7200.12 : ST3500418AS (500GB/platter)

Western Digital

Caviar Black : WD5001AALS-00L3B2 (334GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00A7B2 (334GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00M9A0 (500GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00V1A0 (500GB/platter)
Caviar Green : WD5000AACS-00ZUB0 (250GB/platter)
Caviar Green : WD5000AADS-00S9B0 (500GB/platter)

今更500GB?と最初は思いましたが、異なる世代・回転数・プラッタでの比較には最適な容量ですね。

それにしても、SpinPoint F3はやはり速いですねぇ… 消費電力は… あれっ?意外にも回転数が高いBarracuda LPが低い?!

2009/6/20 土曜日

BarracudaLP 500GBモデル「ST3500412AS」が登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 17:37:50

ST31500541ASの謎を探るべく色々と調査していると、Barracuda LPの取り扱い説明書が更新されていて、Seagateの製品情報でもまだ未掲載な500GBモデルの「ST3500412AS」が登場することがわかりました。

100564361b01

表紙は変わらず、2TBモデルの「ST32000542AS」、1.5TBモデルの「ST31500541AS」、1TBモデルの「ST31000520AS」が記載されている。

ところが、7ページ目を見ると…

100564361b07

「ST3500412AS」の名前が!

先月までの説明書では…

100564361a07

ありませんでしたねぇ~。

詳細を確認してみると…

100564361b12

どうやら、1プラッタでキャッシュ容量は16MBとなり、他モデルの32MBと比べると半分になるようです。

100564361b30

さらに24ページには図面も掲載されており、これによるとBarracuda 7200.12のST3500418ASなどの1プラッタ品と同様に薄型モデルのようです。

これはそそられる(^^;)

HTML convert time: 0.510 sec. Powered by WordPress