2010/4/21 水曜日

X-bitのHDD比較ベンチマーク 今回は1TBと2TB

Roundup: New Hard Disk Drives with 1 TB and 2 TB Storage Capacities – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/1tb-2tb-roundup-2.html

X-bit labsに新たなHDD比較ベンチマークが掲載されていました。今回の対象は1TBと2TBの3.5インチHDD。比較対象は…

HGST

Deskstar 7K1000.C: HDS721010CLA332, 1 TB(500GB/platter)

Samsung

EcoGreen F3: HD203WI, 2 TB(500GB/platter)

Seagate

Barracuda LP: ST32000542AS, 2 TB(500GB/platter)
Barracuda XT: ST32000641AS, 2 TB(500GB/platter)
Constellation ES: ST31000524NS, 1 TB(500GB/platter)

Western Digital

Caviar Black: WD1002FAEX-00Z3A0, 1 TB(500GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00J7B0, 1 TB (334GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00E8B0, 1 TB(334GB/platter)
Caviar Black: WD1001FALS-00E3A0, 1 TB(500GB/platter?)
Caviar Green: WD20EARS-00S8B1, 2 TB(500GB/platter)

前回の1TB比較ではSeagateが比較されておらず、(´・ω・`)ショボーンとなっていましたが、今回はSeagateのニアライン向けConstellation ESまで登場。Constellation ESシリーズのベンチマークは初では?Western DigitalのWD1001FALSはプラッタ容量違いなどのサブシリーズ3モデルまで比較しています。

結果で一つ謎なのが、Western DigitalのWD20EARSのアイドル消費電力がやたらと高いこと。WD1001FALS-00E3A0もそうですが、5Vラインでの消費が高いんですよね。コントローラ等に何か秘密があるのか?

2010/2/10 水曜日

Western Digital初のSATA 6Gbps HDDが本日発売

「安いんで買ってみようかな」 – エルミタージュ秋葉原
http://www.gdm.or.jp/voices_html/201002/0901.html

エルミタージュ秋葉原に掲載された某ショップ店員さんの声によると、Western Digital初のSATA 6Gbps対応HDD『WD1002FAEX』が今日発売になるとか。仕様は昨日書いた記事を参照してください。

はいじん☆ちゃんねる >> WD Caviar Blackの6Gbps対応モデルが登場
http://haizin.serveblog.net/?p=6486

安いので瞬殺の予感…

追記 : 2010/02/11 01:27

WesternDigital「WD1002FAEX」発売! SATA 6Gbps対応の1TB、1万円強 – アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/pc/1002/10/194500.php

発売開始を確認。

2010/2/8 月曜日

WD Caviar Blackの6Gbps対応モデルが登場

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 10:48:10

WD1001FAES, WD1002FAEX and WD10EALS appear – XtremeSystems
http://www.xtremesystems.org/forums/showthread.php?p=4230831

よっちゃんのチラ裏さん経緯知りましたが、Western DigitalのCaviar Blackの新モデルが出たようで、すでに公式製品情報にも掲載されています。

(製品情報)WD Caviar Black – Western Digital
http://wdc.com/en/products/products.asp?DriveID=792

製品情報によると新たに追加になったのは1TBモデルの『WD1002FAEX』。キャッシュ容量が64MBに倍増しており、インターフェースはWestern Digital初のSATA 6Gbpsに対応。デュアルプロセッサなどの特徴はこれまでのCaviar Blackと同様。

また、この他にCaviar Blueの新モデルも追加されているのを確認しました。

(製品情報)WD Caviar Blue – Western Digital
http://wdc.com/en/products/Products.asp?DriveID=793

こっちで追加されたのは1TBモデル『WD10EALS』。これまで640GBが最大容量だったメインストリームのCaviar Blueの容量更新ですね。キャッシュ容量は倍増し32MBに。

この他、公式製品情報にはまだ掲載されていませんが、XtremeSystemsに掲載されている写真では『WD1001FAES』なるモデルの存在も確認できる。どうやら、Western Digitalの外付けHDD『MyBook 3.0』を分解したところ、出てきたとか。正式な情報ではないので、はっきりとはわかりませんが、『WD1002FAEX』との違いはインターフェースがSATA 3Gbpsになっていることのようです。

HTML convert time: 0.564 sec. Powered by WordPress