2010/11/18 木曜日

HGSTから4KiBセクタ非採用の3TB HDDが登場

なかなか正式なプレスリリースが出ませんが、PC Watchに掲載されていたので書いちゃいます。

HGST、最大容量3TB/7,200rpmのHDD「Deskstar 7K3000」 – PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101118_407501.html

先日Western Digitalから3.5インチHDDとしては最大容量となる3TBの『WD30EZRS』が発表・発売されましたが、新たにHGSTからも3TBモデルが登場しました。

今のところ、正式なプレスリリースが出された様子もなく、11月13日に英語の公式製品情報に登場後、11月16日には秋葉原の店頭で販売が開始、そして、今日確認したところ、日本の公式製品情報に追加されていました。

Deskstar 7K3000 – HGST製品情報
http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/products/deskstar/7K3000/
Deskstar 5K3000 – HGST製品情報
http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/products/deskstar/5K3000/

登場したのはデスクトップPC向けの『Deskstar』シリーズで7,200rpmの『Deskstar 7K3000』と可変回転数CoolSpin採用の『Deskstar 5K3000』。どちらも1.5TB、2TB、3TBの3モデル構成となっている。キャッシュ容量は7K3000で64MB、5K3000で32MBとなっている。

正式な発表が無いため、正しいプラッタ容量については不明ですが、販売しているショップの情報では600GBプラッタを採用しているとか。先に登場した『WD30EZRS』は750GBプラッタを4枚搭載しているましたが、今回登場したHGSTの3TBでは600GBプラッタを5枚採用している。

このほか『WD30EZRS』と異なる特徴として、インターフェースはSATA 6Gbpsを採用している点と4KiBセクタ非採用があげられる。

これまでのHDDはセクタサイズが512Byteでしたが、このセクタサイズでは32ビットLBAによる『2TBの壁』が発生するため2.2TB以上の容量を実現することが難しい。また、セクタサイズを大きくしたほうがプラッタの記録効率が高くなるため、最近の大容量HDDでは4KiB(4096Byte)のラージセクタを採用するものが増えている。

はいじん☆ちゃんねる >> 【注意!】WD10EARSは特殊な物理フォーマットを採用
http://haizin.serveblog.net/?p=5953

はいじん☆ちゃんねる >> Advanced Format Architectureの意義
http://haizin.serveblog.net/?p=6098

ところが、今回発表されたDeskstar 7K3000および5K3000は仕様書によるとラージセクタは採用せず、セクタサイズが512Byteとなっている。このためラージセクタ採用HDDをWindowsXP等で使用したさいに指摘されているパフォーマンス低下の心配はない。ただし3TBモデルはXPでは使用不可等の制限がありますので、HGSTが公開している対応情報を参照してください。

(英語PDF)High Capacity (≥2.2TB) Technology Brief
http://www.hitachigst.com/tech/techlib.nsf/techdocs/D213A024C090CE9F862577D5002600FC/$file/FinalHiCap_2.2TB_TechBrief.pdf

型番一覧

Deskstar 7K3000 (SATA 6Gbps/64MB/7200rpm)

HDS723030ALA640 : 3TBモデル
HDS723020BLA642 : 2TBモデル
HDS723015BLA642 : 1.5TBモデル

Deskstar 5K3000 (SATA 6Gbps/32MB/CoolSpin technology)

HDS5C3030ALA630 : 3TBモデル
HDS5C3020ALA632 : 2TBモデル
HDS5C3015ALA632 : 1.5TBモデル

2010/10/20 水曜日

WesternDigitalから3TB/2.5TB HDDが正式発表

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 12:52:23

[新製品] Western Digital、容量3TBの「Caviar Green」(WD30EZRSDTL)出荷開始 – エルミタージュ秋葉原
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/201010/20_02.html

Western Digitalから単体3.5インチHDDとしては最大容量となる3TBの『WD30EZRSDTL』(WD30EZRS)および2.5TBの『WD25EZRSDTL』(WD25EZRS)が正式発表されました。

どちらも省電力志向の『WD Caviar Green』シリーズに属するモデルであり、回転数は『IntelliPower』に準拠する。3TBの大容量を実現するにあたり、750GBプラッタと4KiBのラージセクタ『Advanced Format Technology』を用いている。

Large Capacity Drives – Western Digital
http://www.wdc.com/jp/solutions/Greaterthan22.asp

実質、内臓向けHDDとしては初の2TB越えとなりますが、通称『2TBの壁』についてWestern Digitalが対応状況を掲載していました。現状としてはWindows XPでの使用は困難、Windows 7/Vista 32bit版ではセカンドドライブ限定、7/Vista 64bit版ではEFI環境ではブートドライブ可能、MacOSXでは問題なく使用可能といったところ。

(説明書PDF)2.5/3 TB Hard Drives SATA Host Bus Adapter Quick Install Guide
http://www.wdc.com/en/solutions/docs/2079-771087-802_screen.pdf

現在EFIに対応してるマザーボードはかなりレアな存在なので、Western DigitalはPCIe接続のSATAホストバスアダプタ(HBA)をセットにしている製品を用意している。レビューサイトによると付属HBAは『HighPoint Rocket 620』のようです。このHBAを用いず、たとえばIntel ICH10Rに直接つなぐと746.39GBまでしか認識しないこともあるようなので注意が動作環境は注意が必要になりそうですね。

HTML convert time: 0.506 sec. Powered by WordPress