2010/5/5 水曜日

X-bitの500GB HDD比較ベンチマーク

500 GB Hard Disk Drives Roundup – Xbit laboratories
http://www.xbitlabs.com/articles/storage/display/500gb-hdd-roundup.html

X-bit labsに恒例?のHDD比較ベンチマークが掲載されていました。(←もはや定型文)今回の対象は500GB 3.5インチHDD。

HGST

Deskstar 7K1000.C: HDS721050CLA362 (500GB/platter)

Samsung

EcoGreen F2: HD502HI (500GB/platter)
SpinPoint F3 : HD502HJ (500GB/platter)

Seagate

Barracuda LP: ST3500412AS (500GB/platter)
Barracuda 7200.11 : ST3500320AS (250GB/platter)
Barracuda 7200.12 : ST3500418AS (500GB/platter)

Western Digital

Caviar Black : WD5001AALS-00L3B2 (334GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00A7B2 (334GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00M9A0 (500GB/platter)
Caviar Blue : WD5000AAKS-00V1A0 (500GB/platter)
Caviar Green : WD5000AACS-00ZUB0 (250GB/platter)
Caviar Green : WD5000AADS-00S9B0 (500GB/platter)

今更500GB?と最初は思いましたが、異なる世代・回転数・プラッタでの比較には最適な容量ですね。

それにしても、SpinPoint F3はやはり速いですねぇ… 消費電力は… あれっ?意外にも回転数が高いBarracuda LPが低い?!

2009/10/30 金曜日

同じ500GBプラッタでもやっぱり違うのか?!

Samsung製ハードディスク「HD103SJ」の速さに驚き! – ドスパラ パーツの犬
http://partsdog.dospara.co.jp/archives/51954616.html

以前もベンチマーク記事を紹介しましたが、SamasungのSpinpoint F3シリーズのベンチマークがドスパラの『パーツの犬』で公開されていました。

同じ500GBプラッタを採用したSeagate Barracuda 7200.12シリーズではサステイン転送レートが実測で130MB/s程度ですが、Samsung Spinpoint F3の1TBモデル『HD103SJ』は150MB/s程度出てますねぇ。

はいじん☆ちゃんねる >> Spinpoint F3のベンチマーク記事
http://haizin.serveblog.net/?p=4682

以前紹介したベンチマークでもやたら性能が高くて、謎でしたが、確かに速いようですねぇ。

実は、Western Digital Caviar Blueの500GBプラッタ採用のWD5000AAKS-00V1A0も150MB/s前後出るようなんですよねぇ。

昨日、Western Digital Caviar Black WD2001FASSのベンチマーク記事でSeagateの500GBプラッタは記録密度が341.5Gb/inch²とWestern Digitalの400Gb/inch²よりも低いことを書きましたが、ここで違いがあるんですかねぇ。もしかして、Seagate以外の500GBプラッタ7200rpmの登場が遅かったのはココが影響していたのか?

2009/8/17 月曜日

500GBプラッタのCaviar Blueが発売

Filed under: コンピュータ関連,ハードウェア関連,日記,電気電子・情報関連 — ハイジんブルー @ 14:20:34

「1プラッター500GB」のWD製500GB HDDが発売開始 – ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/450/450052/

これまで500GBプラッタを採用した7200rpmの製品はSeagateのBarracuda 7200.12シリーズのみでしたが、Western Digitalからも発売になったようです。

7200rpmのCaviar Blueシリーズの500GBモデル「WD5000AAKS-A7B」は320GBプラッタ採用でしたが、新たに発売された「WD5000AAKS-M9A」は500GBプラッタを採用しているとか。プラッタ容量以外の仕様は変わっていないとのこと。

よりパフォーマンスの高いHDDを求めるなら型番に注意しましょう!

HTML convert time: 0.537 sec. Powered by WordPress