2013/6/29 土曜日

JogShuttle Controller ver4.1

1年半くらい前に作成したCanopus製ジョグシャトル『JD-1』用の仮想ドライバ。

【お年玉企画?】Canopus JD-1用ドライバを自作してみた
http://haizin.serveblog.net/?p=9320

ジョグダイアルを回転させた際に生成できるのがキーコードのみのため、Webブラウザ等のスクロールには上下矢印キーを割り当てていました。これがマウスのホイールとは若干違う動作をしていたために、若干使い勝手が悪かった。

そこで、キーコード以外に、マウスホイールイベントが生成できるように書き換えてみました。

参考にしたのはこちらのページ

VB.netでマウスクリックなどの操作を行う – Yahoo!知恵袋
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n31274

この変更によってマウスホイールイベントが生成できるようになりましたが、前バージョンからアップデートする場合は設定ファイルに追記が必要になります。

マウスホイールイベントを用いることでキーコードよりもはるかにスムーズなスクロール動作が可能になりました。EDIUSやPremiereでのフレーム移動が大分し易くなったかと。

実行ファイル (コンパイル済)
JogShuttle Controller v4.1.zip

VisualBasic 2012 プロジェクト (ソースコード)
JogShuttle_Controller_VBProjectv41.zip

お約束

お約束なので書いておきますが、使用して何らかの損害を被っても私は知りません(`・ω・´)キリッ 自己責任でお使いくださいな。ただ、おかしな挙動を示した場合には報告をいただければ今後の改善に役立つかと思いますので、この記事のコメントにでもお願いします。

あと、完全に趣味で作っているものなのでCanopus(現グラスバレー)さんへ問い合わせるとかはおやめ下さいな。

2012/7/20 金曜日

Win8CPにOffice2013プレビューをインストールする方法

7月16日にMicrosoftが公開した『Office 2013』のカスタマープレビュー。

対応OSはWindows 7とWindows8のみとなっていて、Windows 8 Consumer Previewにインストールを試みた方もいるのではないでしょうか?

実は、Consumer Previewだとインストーラを開くとこんなメッセージが…

Consumer Preview版だとダメなんですねぇ。

せっかくのメトロっぽいUIがWindows 8で使えないなんて…

となったので、色々試したらインストールできました\( ̄▽ ̄;)/

その方法を紹介!

Win8 CPへのインストール方法

インストーラexeファイルの上で右クリックし、[プロパティ]を選ぶ。

表示された[プロパティ]画面で[互換性]タブを選び…

[互換モード]で「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、モードを[Windows 7]に設定し[OK]を押す。

この状態でインストーラを起動すると、あら不思議!普通にインストールできてしまいました。

スタート画面を見るとバッチリ Office 2013のアプリケーションが登録されました。

インストールしたけど使えない?!

とまぁ、インストールには成功しましたが、試しにExcel 2013を起動してみると…

いきなりエラーが…

とりあえず[OK]を押すと普通に動作するので無視してみると…

今度はこんなのが…

[今すぐ修復]をクリックすると…

こんなダイアログが表示されて修復可能に。

完了後、再びExcelを起動すると…

こちらのエラーは解消されませんでしたが、二つ目のエラーは出なくなりました。

エラーはでるもののとりあえず動作しますが、Windows 8 CPが悪いのか、自分のPCのスペックが推奨環境を満たしていないのか、やたらレスポンスが遅いです。

まとめ

Windows 8 CPでとりあえず試してみたいという方にとっては使える裏技かもしれませんが、Office自体が「使える」かどうかは正直微妙ですね。お約束ですが、試す場合は自己責任でお願いしますよ~。

2011/11/5 土曜日

【レビュー的な何か】ThinkPad用 互換バッテリーを買ってみた

ジャンク品で入手したため、長いことバッテリーなしで過ごしてきたThinkPad T60。

せっかくのノートPCなのに、使うたびにコンセントを探して作業していたのでは効率が悪いので、バッテリーを買うことにしました。

IBM(Lenovo)の純正品バッテリーが若松通商で安く変えることは以前から知っていたんですが、Amazonをウロウロしていたら気になるものを発見。

1020【IBM】【ThinkPad】 【T60】【R60】【T60P】【R60E】【Z60m】【バッテリー】【充電池】 - IBM Thinkpad

1020【IBM】【ThinkPad】 【T60】【R60】【T60P】【R60E】【Z60m】【バッテリー】【充電池】

IBM Thinkpad

発売日:- | 定価:¥ 3,490 (掲載時現在)| amazonで購入する

『価格破壊研究所』という怪しげな店名のショップが出品しているのだが、3,490円と激安。他にデジカメ用の互換バッテリーを出しているロワジャパンからもT60用互換バッテリーは出ているんですが、こちらは5,980円で安いなぁと思ってましたが、それよりも安い。

同製品のレビューを探してみるも、わりと新しいお店のようでレビューはあまり見つからず。

安い+怪しげな店名=残念バッテリー

と言う式が頭の中で表示されたが、まぁ、安いし失敗してもイイやと思い、注文してみたところ、注文から2日で届きました。北海道だから4日以上は覚悟していたのだが、意外に早かった…

届いたバッテリーはこんな梱包。いかにもバルク!って感じです。

中も、過剰包装されているわけではなく、必要十分な緩衝剤のみでした。

バッテリーはこんな感じ。もともと純正バッテリーを持っていないので比較はできませんが、パッと見、純正バッテリーと見分けがつかないんじゃないか?と言った感じですね。

表記では11.1V 6600mAh。純正バッテリーは10.8V 7800mAhらしいので、容量少なめで電圧は高め。多少不安だが、動けば良いんだ!

注意書きは日本語もありました。

でもって、ThinkPad T60につけてみました。

良く怪しげな互換バッテリーである「筐体の色が若干異なる」や「寸法が若干違って抜き差しがしにくい」と言ったことはなく、これまた純正バッテリーと見分けがつかない。

ThinkPad T60にはWindows 8 Developer Previewが入っているので、その状態で起動すると…

残量は67%表示。リチウムイオンバッテリーは満充電や過放電にしておくとろくなことが無いので、出荷されるまで丁度いい残量で保管されている感じですね。

ThinkPad Power Managerを開くとこんな感じ。

ThinkPadは互換バッテリーを使うと「純正バッテリーを使え!」って表示が出ると聞いていましたが、今回は出ませんでした。当たりのバッテリーなのか、それともWindows 8のせいなのかはわかりません。

で、しばらく充電したあと、BBenchで持続時間のテストをしてみました。

条件は[キーストローク出力 : 10秒おき][Web巡回 : 60秒おき]で、Windowsの電源プランはThinkPadの[パワー源最適化]に設定。インターネットへの接続は内臓Wi-Fi(802.11g)として実使用に近い条件で行いました。

で、測定結果がこんな感じ。

正直、こんなに持つとは思ってませんでした…

100%からWindowsが自動終了する5%まで4時間17分。これまでバッテリーに依存していない使い方をしていたので十分すぎる持続時間です(^^;)

とまぁ、「安かろう悪かろう?!」というつもりで購入した激安互換バッテリーですが、意外に活躍してくれそうです。耐久性とかは使ってみないとわからないので、何かあったら報告していこうかと思います。

2009/10/11 日曜日

次期Windowsでは128bit版が?

Windows 8 & 9 operating system will support 128-bit – INPAI.COM.CN
http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=7141

なにやら、Microsoftの研究開発部門の方のプロフィールに一時、128bitアーキテクチャの研究を行っているとの書き込みがあったらしいです。現在は削除されているようで、Googleのキャッシュ画像が出回ってますね。

64bitではメモリ空間が広がったことが一番の利点だとおもいますが、128bitに対応したところで、どのような利点があるんでしょうかね?一般向けには出さないでエンタープライズ向け製品に搭載される可能性なら… あるのか?

HTML convert time: 0.745 sec. Powered by WordPress